安全保障に関する懸賞論文

平成21年度「安全保障に関する懸賞論文」表彰式

平成22年3月29日(月)、防衛大臣室において、平成21年度「安全保障に関する懸賞論文」の表彰式が執り行われた。
審査委員の出席のもと、北澤防衛大臣から受賞者に賞状と副賞が贈られた。

前列左から山川洋明氏、伊藤岳氏、北澤防衛大臣、山形大介氏、垣内翔太氏
後列左から高見澤防衛政策局長、渡邉昭夫先生(審査委員)、福島安紀子先生(審査委員)、上田愛彦先生(審査委員)

主題

核の脅威への我が国の対応

受賞作品

防衛大臣賞

伊藤岳氏

主題:核の脅威への我が国の対応

副題:「核のある世界」と「核のない世界」の狭間の抑止力

論文:伊藤岳氏

優秀賞

山形大介氏

主題:核の脅威への我が国の対応

副題:「核を持たない国々の見本」となる日本

論文:山形大介氏

山川洋明氏

主題:核の脅威への我が国の対応

副題:核テロリズムの抑止と核鑑識の可能性

論文:山川洋明氏

垣内翔太氏

主題:核の脅威への我が国の対応

副題:中国・ロシア・北朝鮮の核の脅威を直視する

論文:垣内翔太氏

アーカイブ

各年度の安全保障に関する懸賞論文の受賞者を紹介しています。

※このページのリンクは WARP(国立国会図書館データベース)のアーカイブに移動します。

2021年3月8日更新