IDRC 2019

集え!世界の勇者たち。

IDRC 2019

国際防衛ラグビー競技会 日本開催!!

International Defence Rugby Competition 2019

SEP 9(MON)~SEP 23(MON)

世界各国軍のNo.1ラグビーチームが決まる!!

※日本は自衛隊が参加

Which team will be the No.1 Military Rugby team?

国際防衛ラグビー競技会 スコア速報 by Player!

参加チーム TEAM

IDRC2019パンフレット brochure➔ download

自衛隊代表
Japan Self Defense Force
"Defense Blossoms"

自衛隊選抜チームとして前回大会から出場。今回ホスト国として世界の強豪国を相手に「まずは1勝、そしてその先の優勝」を目標とし、前回大会プール戦敗退だった雪辱に燃える。ヘッドコーチは元日本代表SOの松尾勝博氏。

オーストラリア軍
Australian Defence Force Rugby Union

第1回大会準優勝のニュージーランドと並ぶ南半球の雄。順当に勝ち進めば、ニュージーランドと準々決勝で対戦する。前回大会、リーグ戦で涙を飲んだ雪辱を果たせるか。

フィジー共和国軍
Republic of Fiji Military Forces Rugby

前回のイギリス大会では優勝をおさめた強豪チーム。ナショナルチームにも匹敵する選手が揃う。今回も優勝候補の筆頭。戦いの儀式「シビ」も披露予定。

フランス軍
The French National Military Rugby Team

陸海空軍と憲兵から最高の選手を選抜しチームを編成。徴兵制の時代に国際的プレーヤーを集めて作られた伝説的チームの流れをくむ伝統あるチーム。前回大会3位、今回の優勝へ闘志を燃やす。

ジョージア軍
Georgian Defence Forces

格闘技大国のジョージア。高いポテンシャルと強力なスクラムで優勝を目指す。

ニュージーランド軍
New Zealand Defence Force
"Defence Blacks"

その名も「ディフェンス・ブラックス」。ナショナルチームのオールブラックスを彷彿とさせる攻撃的ラグビーで優勝を目指す。戦いの儀式「ハカ」も健在。

パプアニューギニア独立国軍
Papua New Guinea Defence Force Rugby Team

事実上の国技であり、最も人気のあるスポーツの1つがラグビーのパプアニューギニア。第1回大会以来、2回目の出場。

韓国軍
Korea Armed Forces Athletic Corps
"Sangmu Phoenix"

今回IDRC初参加。各種スポーツ競技大会に多数の出場者を送り出している体育部隊からメンバーを選出。ラグビー王国オセアニアの牙城の一角を崩せるか。

トンガ王国軍
Tonga's His Majesty's Armed Forces Rugby Team
"NGAHAU KOULA"

多数のナショナルチームレベルの選手が軍に所属するラグビー強豪国。戦いの儀式「シピ・タウ」は今回も披露予定。

英国軍
The United Kingdom Armed Forces Rugby Team

これまでは陸海空軍の3チームが参加していたが、今回は初めて統合チームとして1チームで出場。各軍から選抜されたより強力な布陣で優勝を目指す。