MAMOR(マモル)
2020年1月号

MAMOR(マモル)は、防衛省が編集協力をしている唯一の広報誌です。
防衛省の政策や自衛隊の活動を分かりやすく紹介し、国民とともに防衛を考える広報誌を目指しています。

FEATURE

特集

マンガdeクイズ
「答えて暮らしの自衛力アップ!」

お金de発見
「自衛隊の素顔」

令和最初の防衛力試し!

「自衛隊検定2020」

編集後記

編集長 高久 裕

高久 裕 プロフィール

 皆さんに問題です。次のうち、陸・海・空各自衛隊共同の部隊として編制されているのはどれですか?
   ①宇宙領域専門部隊
   ②サイバー防衛部隊
   ③機動運用部隊
 刻々と変化する世界の安全保障環境。私たち一般国民も、わが国の防衛に関して、ある程度の知識を持っていないと、いざというときに対処できません。正しい知識が身を守るのは、なにも自然災害発生時だけではないのです。そこで、少しでも皆さんに防衛に対して関心を持っていただき、知識を得ていただくために、マモルが誌上で毎年実施している「自衛隊検定試験」。2020年も、もちろんやります。 上記の問題の解答? それは、「令和元年版防衛白書」などで調べれば分かると思いますので、ぜひ、マモル1月号の綴じ込み応募はがきに解答を記入してご応募ください!

特集 取材後記

「お金de発見 自衛隊の素顔」

ライター 臼井 総理

臼井 総理 プロフィール

 以前「♪お金は大事だよ~」というCMソングがありましたね。妙に耳に残った、あれです。確かに、お金は大切です。自衛隊に限りませんが、多くの人を動かし、多くのモノを必要とする組織やプロジェクトにおいて、お金は人の血液同様、必要量ないと困るものです。
 今回の特集では、私自身あらためて「自衛隊とお金」について学べました。あるひとつの装備を取り上げて「これは高い、あれは安い」と言い立てることは簡単ですが、見える数字、金額の裏にどれだけ多くの人やモノが動いているか、それがなぜ必要なのか、どうしてこの金額になるのか、きちんと考えることが必要だと感じました。もちろん、一納税者として、厳しい目を向けることも大切ですね。
 「理解」「応援」そして「監視」。私個人としては、その三点を軸に、今後も「自衛隊と数字」を見つめていこうと思います。

MAMOR(マモル)のご購読について

株式会社 扶桑社 のサイトをご覧下さい。