時効について

公務執行中の行為により受けた損害
損害賠償の請求を行うことができるのは、損害の発生及び加害者を知ったときから3年以内です。(※)
※ 民法第724条に基づいています。
公務執行中以外の行為により受けた損害
損害賠償の請求を行うことができるのは、損害の発生した時から2年以内です。(※)
※ 外国人請求法(合衆国法典)第2734条に基づいています。

これらの期間が過ぎると損害賠償の請求しても受理できませんので御注意ください。

ページの先頭へ戻る