米軍再編に係るグアム等への航空機訓練移転について

令和6年6月6日
防衛省

印刷用

米軍再編に係るグアム等への航空機訓練移転(単独訓練)を、下記のとおり実施しますので、お知らせします。

今般の訓練移転は、平成18年度以降、144回目となります。

グアム等への訓練移転は、米軍飛行場における訓練活動の地元への影響軽減のために実施されるものです。

嘉手納飛行場及び三沢飛行場からグアム等への航空機訓練移転

訓練期間 令和6年6月7日(金)~6月18日(火)
参加部隊 第18航空団(嘉手納)及び第138電子攻撃飛行隊(三沢)
参加規模
  • F-22×10機程度、人員160名程度(嘉手納)
  • EA-18G×5機程度、人員130名程度(三沢)
  • 1 訓練期間の前後に、訓練参加機及び人員・物資の輸送機の展開・撤収が行われる予定です。
  • 2 本内容については、今後、変更される場合があります。