日米韓3か国のミサイル警戒演習への参加について

令和4年8月16日
防衛省
(仮訳)
英語版/English

印刷用

 2022年8月8日から14日にかけて、海上自衛隊、米海軍及び韓国海軍は、ハワイの太平洋ミサイル試射場(PMRF)沖合で実施された多国間ミサイル警戒演習「パシフィック・ドラゴン」において、ミサイル警戒及び弾道ミサイル探知・追尾訓練を実施しました。

 日米韓の参加部隊は、日米韓防衛当局間情報共有取決めに基づき、戦術データリンク情報を共有しました。

 本年6月11日のシンガポールにおける日米韓防衛相会談を踏まえ、今回のミサイル警戒及び弾道ミサイル探知・追尾訓練は、北朝鮮の課題に対応するためのさらなる3か国協力を推進し、共通の安全保障と繁栄を保護するとともに、ルールに基づく国際秩序を強化していくという日米韓3か国のコミットメントを示しました。