北朝鮮のミサイル等関連情報

令和4年3月24日
防衛省

  1. 北朝鮮は、本日14時33分頃、朝鮮半島西岸付近から、1発の弾道ミサイルを東方向に発射しました。現時点における分析では、発射された弾道ミサイルは、約71分飛翔し、15時44分頃、北海道の渡島(おしま)半島の西方約150kmの日本海(我が国の排他的経済水域(EEZ)内)に落下したものと推定されます。飛翔距離は約1,100km、また最高高度は6,000kmを超えると推定されます。
  2. 今回の弾道ミサイルが2017年11月のICBM級弾道ミサイル「火星15」の発射時を大きく超える、約6,000km以上の高度で飛翔したことを踏まえれば、今回発射されたものは新型のICBM級弾道ミサイルであると考えられますが、詳細については引き続き分析中です。
  3. 防衛省から、政府内及び関係機関に対して、速やかに情報共有を行いました。現在までのところ、航空機や船舶からの被害報告等の情報は確認されていません。
  4. 総理には、本件について直ちに報告を行い、
    ① 情報収集・分析に全力を挙げ、国民に対して、迅速・的確な情報提供を行うこと
    ② 航空機、船舶等の安全確認を徹底すること
    ③ 不測の事態に備え、万全の態勢をとること
    の3点について指示がありました。
  5. これを受け、防衛大臣は
    ①米国等と緊密に連携しつつ、情報収集・分析に全力を挙げること
    ②不測の事態の発生に備え、引き続き警戒監視に万全を期すことの2点について指示を出しました。
    その後、関係幹部会議を開催するなど、対応に万全を期しているところです。
  6. 今般のような、事態を更に緊迫化させる弾道ミサイル発射を含め、一連の北朝鮮の行動は、我が国、地域及び国際社会の平和と安全を脅かすものです。また、このような弾道ミサイル発射は、関連する安保理決議に違反するものであり、我が国としては、北朝鮮に対して厳重に抗議し、強く非難しました。
  7. 防衛省・自衛隊としては、引き続き、米国等とも緊密に連携し、大臣指示に基づき情報の収集・分析及び警戒監視に全力をあげるとともに、今後追加して公表すべき情報を入手した場合には、速やかに発表することとします。

北朝鮮のミサイル等関連情報(続報)