沖縄県北谷町における米海軍兵事案について

平成31年4月13日
防衛省

1 概要

  • 平成31年4月13日(土)早朝、沖縄県北谷町(ちゃたんちょう)桑江(くわえ)のアパートの寝室において、在沖第三海兵師団所属の米海軍兵(32歳)が知人の日本人女性(44歳)を殺害した後、自殺したとみられる事案が発生。
  • 現在、捜査当局において事実関係等を捜査中。

2 防衛省の対応等

  • 地方協力局長から在日米軍司令官、地方協力局次長から在日米軍副司令官、沖縄防衛局長から在沖四軍調整官に対し、事件について遺憾の意を伝え、強く抗議するとともに、綱紀粛正、再発防止の徹底を図るよう申し入れ。
  • 米側からは、本件事件について、深い遺憾の意が表明されるとともに、捜査に全面的に協力し、再発防止のため米軍兵士の綱紀粛正を徹底する旨の説明。
  • 関係自治体に対して情報提供。

以上