海上幕僚長及び海上自衛隊艦艇の訪中について

平成31年4月11日
防衛省

 

 3月8日、防衛省から公表した、海上自衛隊護衛艦(DD)1隻の中華人民共和国(青島)への派遣に関連し、下記のとおり予定されているところ、お知らせします。

  • 1.防衛省としては、海上自衛隊護衛艦「すずつき」※を、中国に派遣し、「中国人民解放軍海軍成立70周年多国間海軍活動」における国際観艦式に参加させることとしました。
     ※ 平成30年度外洋練習航海(飛行)(3月16日~4月29日)参加艦艇であり、中国のほか、タイ王国(サタヒップ)を訪問予定
  • 2.また、海上自衛隊護衛艦のほか、海上幕僚長を4月22日(月)から25日(木)の間、同国に派遣し、中国人民解放軍海軍成立70周年の関連活動に参加させることとしました。
  • 3.海上幕僚長の訪中については、2014年4月以来、約5年ぶりとなるほか、海上自衛隊艦艇による訪中は、2011年12月以来、約7年半ぶりとなります。
  • 4.今回の海上自衛隊艦艇の訪中は、昨年10月の日中首脳会談において、艦艇相互訪問に向けた検討の開始について一致したことを踏まえ、実施されるものであり、防衛当局間においては、引き続 き、多層的な対話や交流を促進し、相互理解・信頼醸成を進める考えです。