北朝鮮船籍タンカー「SAEBYOL(セビョル)号」と船籍不明の小型船舶による洋上での物資の積替えの疑い

平成31年3月28日
防衛省

  1. 平成31年3月2日(土)未明、北朝鮮船籍タンカー「SAEBYOL(セビョル)号」(IMO番号:8916293)と船籍不明の小型船舶が東シナ海の公海上(上海の南約390㎞の沖合)で接舷(横付け)していることを海上自衛隊第1海上補給隊所属の補給艦「おうみ」(佐世保)が確認しました。
  2. 両船舶は、夜間において接舷(横付け)した上で照明を点灯し、蛇管(ホース)を接続していたことから、何らかの作業に従事していた可能性があり、政府として総合的に判断した結果、国連安保理決議で禁止されている「瀬取り」(注)を実施していたことが強く疑われます。
    なお、北朝鮮船籍タンカー「SAEBYOL(セビョル)号」は、平成28年3月に国連安全保障理事会により資産凍結の対象とされた船舶です。

     注:北朝鮮船籍の船舶に対する、又は、北朝鮮船籍の船舶からの洋上での船舶間の物資の積替え
  3. 本件事案についての政府の対応については、「我が国における国連安保理決議の実効性の確保のための取組」をご確認ください。
     (リンク先: https://www.mod.go.jp/j/approach/defense/sedori/index.html
写真①:接舷して蛇管を接続している北朝鮮船籍タンカー「SAEBYOL(セビョル)号」と船籍不明の小型船舶。3月2日0時40分頃撮影
写真②:「SAEBYOL(セビョル)号」。3月1日11時30分頃撮影