防衛大臣記者会見

日時
令和元年10月11日(金)18:46~19:05
場所
防衛記者会会見室
備考
河野防衛大臣閣議後会見

1 発表事項

 冒頭2件ございます。本日の閣議におきまして防衛省の職員の給与等に関する法律の一部を改正する法律案」の国会提出が閣議決定されております。一般職の国家公務員の給与改定に準じて給与改定を行うとともに、自衛官候補生及び一般曹候補生の初任給を引き上げる内容になっております。台風19号が非常に強い勢力を保ったまま、12日夕方から夜にかけて、東日本に接近し、上陸するおそれがありますので、今朝、私の方から、迅速かつ的確な初動対応のための態勢を構築すること、先行的かつ積極的に情報収集を実施するとともに、被害が確認された場合には、迅速かつ的確な救援活動を実施すること、という指示を出したところでございます。現時点で1万7千人の即応態勢をとると同時に、東京都庁、千葉県庁並びに千葉県内全市及び町に連絡員を派遣いたしました。今後、神奈川県庁等、関係する自治体に連絡員を出す予定でございます。私が防災大臣をやっていた時に、この気候変動に関して、おそらく風水害が日本でもこれから強まっていく中で、首都圏での大洪水、例えば荒川が決壊をするというようなことが、今後想定され得るという議論がございました。防災4.0という有識者会議ですが。今回そのおそれが無きにしも非ずということで、先ほどの関係幹部会議の中で、首都圏の洪水に、万が一そうした事態が発生した時にきちんと備えができるよう、資器材などの確認をするように要請をしたところでございます。失礼、千葉の県庁には出しましたが、千葉の市と町は今、これからリエゾンを出すところでございます。

2 質疑応答

Q:先ほどまでこちらの市ヶ谷のグラウンドに、PAC-3が展開されていたのですが、いつから展開して、何の目的で展開していたのかを教えて下さい。

A:部隊の運用については、公に申し上げるのは差し控えたいと思います。

Q:PAC-3に関連しまして、大臣は一昨日9日に、東京有明で行われたPAC-3の展開訓練をご覧になられたかと思いますが、一般施設での訓練は、2013年以来6年ぶりのことですが、ご自身の目でご覧になった感想をお願いします。

A:いざというときに、自衛隊の駐屯地・基地の中だけでなく、必要な場所に展開をしなければならないということは想定されますので、自衛隊の基地・駐屯地以外でのこうした機動展開訓練は非常に重要だと思います。隊員は非常に士気高く訓練し、高い技量の維持に努めてくれています。それが確認できたということは非常に良かったと思います。

Q:自衛隊の駐屯地や米軍施設以外でのPAC-3の展開訓練については、今後どういった地域で、どういったペースで実施したいとお考えでしょうか。

A:そうした訓練は、今後とも、できれば自治体と協議が整えばやらせていただきたいと思っておりますが、今のところ、決まっているものはございません。

Q:台風19号関連で伺います。台風19号は、13日朝には東北沖に抜けるという現段階の予報ですが、翌日14日には観艦式が予定されています。台風による被害が発生し、自衛隊による災害派遣活動が行われる場合だったとしても、観艦式を行うおつもりか、お聞かせください。

A:観艦式の予行演習となります、12日、13日は、中止とさせていただきました。観艦式並びに一般の方に乗船をしていただくかどうかは、13日の時点で決めたいと思っております。

Q:台風19号への対応ですが、連絡員の派遣は、自治体からの要請があったのかどうかを確認させていただきたいのと、千葉県は市、町が非常に多いと思いますが、市、町にも連絡員を派遣するというのは、これまでの中で珍しいことなのか教えていただきたい。

A:珍しいかは確認させてください。やはり、前回の停電の対応などのように、自衛隊単独でできないものもありますし、ブルーシートの展張などのように、自治体から優先順位を付けて、御高齢の世帯、あるいは、障害をお持ちの方の世帯といったような、優先順位があろうかと思いますので、そこは自治体と連携をしっかりやりたいと思います。そういうこともあって、必要なところに先行的に、連絡員を出していきたいと思っております。

Q:要請というか、防衛省から自主的に。

A:数年前に防災担当大臣もやっておりましたので、そこはきちっと対応したいと思います。

Q:先ほどの幹部会議の場で、ツイッターを開設して、というお話だと思いますが、どういったツイッターで、どのように発信していくおつもりでしょうか。

A:どういうタイトルにするかは、担当に任せたいと思いますが、自衛隊の災害関係、給水、入浴支援といったこと、あるいは、その他災害の関係情報を一元的に出すようなアカウントにしていきたいと思っています。これまでも東部方面隊、あるいは、様々な部隊が入浴支援ですとか、給水ですとか、そういう情報を流してくれましたが、どこか一ヵ所を見れば全部わかるというようなものがあった方がいいということでございます。これは副大臣からのご提案もありましたので、そこはきっちりやっていきたいと思います。

Q:PAC―3の関連ですが、今日、市ヶ谷では確認できましたが、他の自衛隊施設での展開はされているのでしょうか。

A:部隊の運用、態勢については、公に申し上げるのは差し控えたいと思います。

Q:夜に市ヶ谷の方でも発射機が撤収されていましたが、今日で展開が終わったのかどうか。

A:運用については、お答えしかねます。

Q:北朝鮮の外務省が談話で、ICBMの発射の中断見直しもあり得ると談話を出しましたが、それと展開の関連性はどうでしょうか。

A:お答えは差し控えたいと思います。

Q:大臣が外務大臣でいらっしゃったときに、INF破棄ということに関しまして、中国も含めた新条約、そういう制度を作るように努力するとおっしゃっておりましたが、今もそのお考えに変わりはないのでしょうか。

A:INFというのは、軍縮の分野で非常に重要な条約であったと思います。ただ、残念ながら、これは米ソ、あるいは、米ロの条約でありましたので、急速に軍事の拡大をしている中国がその対象とならず制約を受けないまま、中国のミサイルが急速に拡大をしてきている事実もあります。次のこうしたラウンドにはぜひ、中国も加えるべきという考えに変わりはございません。

Q:今月に入って、米国が日本へ中距離ミサイルを配備するという報道がありましたが、それに関して菅官房長官が3日に、そういうことはないとアメリカ政府から説明を受けた、とおっしゃっていましたが、もし、そういうことがないということが事実であれば、話が混乱しておりまして、防衛省として米国に対して、その件に関して、今まで確認されるとか、抗議するというお考えはなかったでしょうか。

A:日米間では常に情報のやり取りはしております。そうしたことは全くございません。

Q:台風19号の関係ですが、連絡員はどれくらいの規模で派遣をするのかということと、千葉の方に多めに出すというお考えは、台風15号の影響があったからということなのでしょうか。

A:千葉県は、15号でブルーシートの展張なり、あるいは、倒木なり影響を受けているところに、またこの19号がくる訳ですから、そうしたことも踏まえて、千葉県については特に、市、町レベルにも早めに展開をしていきたいと思っておりますが、東京、千葉に限らず、必要と思われるところには連絡員を出す調整をしていきたいと思います。現時点で8県、69ヵ所、152名を、予定を含み出すことにしたいと思います。

Q:大臣が防衛大臣に就任されて、今日でちょうど1ヵ月になるかと思います。この間、アメリカであったり、イラン、サウジアラビア、オーストラリア等の国防大臣と合計5回にわたって電話会談を積極的にされてきたと思います。これらの国々はいずれも同盟国で、連携を確認したかと思います。一方で、北朝鮮のミサイル対応で連携をした方が望ましい韓国の国防大臣との電話会談はまだなされていませんが、電話会談をこれまで行わなかった理由と、電話会談をする予定、おつもりがあるのかどうかを教えてください。

A:韓国の方とは、統幕長がアメリカのミリー新統参議長の就任の時に、日米韓会談を行っておりますし、私もバンコクのADMMプラスで日韓の防衛大臣の会談ができればと思っております。特に、やってこなかったというよりは、向こうから電話の申し出があったところ、それから、関係するところにまず電話をしていた、ということで、バンコクの前に電話をする可能性もあろうかと思います。

Q:観艦式について、まだ開催するかどうかは13日に最終判断とおっしゃっていますけれども、もし開催できた場合に、過去最大の国の数の船を派遣してもらうと思うのですが、どういうことを国内外に観艦式でアピールしていきたいとお考えでしょうか。

A:自衛隊の日頃の訓練の成果をしっかり見ていただきたいというのと、これから様々な国と防衛協力をやっていきますので、そうしたことを印象付ける場面になろうかと思います。ただ、これは観艦式をやる場合と、一般の方々に乗船をしていただくのと、2段階あると思っておりますので、今の段階で、観艦式はやるけれども、一般の方を乗せられないという事態、それは、波が高かったり、桟橋に影響があったり、その他の事態も想定をしなければいけないと。できればしっかりやっていきたいと思います。

Q:自衛官の初任給の件で、今回の狙いと今後の採用人数の増加などを教えてください。

A:こういう雇用環境の中で、採用が厳しくなっているということもありますし、今後の様々自衛隊がやらなければいけない分野において、やはり優秀な人材を確保し、しっかり育てるということが必要になってきますので、
優秀な人材をリクルートする、それは色々なルートで自衛隊にきてもらう、そういったルートを確保していきたいと思っておりますので、是非やらせていただきたいと思っております。

Q:ツイッターに関してですが、大臣は、108万くらいのフォロワーが付いていると思うのですが、改めて、なぜ、ツイッターというメディアを使おうと思われたのかということと、先程の「発信をしていきたい」と話をしておりましたが、メディア特性として、拾うこともできると思います。その辺りはどのようにしていこうとお考えでしょうか。

A:SNS全般の中で、様々な年齢層の方が御覧になっているのが、ツイッターということで、副大臣のご提案ですが、そういった判断があったのだろうと思いますし、情報を流すという意味で、即時性もありますから、まず、ツイッターでやっていく、他のことをどうするかということは、また、後程考えていきたいと思っております。情報の発信は、しっかりとやりたいと思っておりますが、ツイッターで情報を拾うというのは、難しいと言いますか、どんどんリツイートされたりすると、情報自体が古くて、熊本のときに、ツイッターの情報と現場が齟齬をきたしていたということがありました。それから、ツイッターで情報が寄せられ始めると、かなりの量になるので、これを収集・分析しているリソースが相当なものになるということで、あとは、情報が古くなったり、現実と合っていないということもありましたので、ツイッターでの情報収集というのは考えておりません。熊本のときの、私の功績の一つに、ツイッターの分析を止めろと言ってくれたということが、現場からあったくらいのものですから、こちらから、様々な情報をお知らせするということにしたいと思います。情報を吸い上げるのは、自治体経由なりで、そのルートから情報を頂戴して対応するということにしていきたいと思います。

Q:台風19号に関連して、追悼式の方ですが、計画運休の影響等も予想されますが、予定どおり開催されるお考えなのでしょうか。

A:追悼式及び感謝状贈呈式は、行わせていただこうと思っております。計画運休の時間等も事務的に調べていただいて、御遺族の御意向も伺った上で、追悼式については、室内で行うことにしております。感謝状贈呈式についてもその後ですから、行う方向でございます。ただ、台風19号の状況によって、鉄道や飛行機の運休で、御出席いただけない方が出てしまうかとは思っておりますが、現時点では、13日の行事は行う方向です。

以上