防衛大臣臨時記者会見

日時
令和元年9月15日(日)14:26~14:31
場所
千葉県富里市根木名
備考
河野防衛大臣の千葉訪問に係る臨時会見

1 発表事項

 今日、朝から館山市、君津市、八街市、富里市と視察をしてまいりました。入浴支援、給水支援、そして、ここのような倒木処理、隊員それぞれ頑張ってくれています。停電の復旧に時間がかかるということもありましたので、先ほど、防衛省の方から東電本社にリエゾンを出しまして、打合せをさせました。千葉県内、東電が6地区に分けて作業をしているということだったので、自衛隊もそれに合わせて6地区に編成をさせて、東電と打合せをしながら、優先順位の高いところから倒木処理をやれるようにいたします。空挺団だけでは足らない部分は、陸上自衛隊が全面的にバックアップして、しっかりやっていきたいと思います。また、停電している等の理由で、携帯電話が使えずに東電社内のコミュニケーションがとれていないところもあるようですので、それは自衛隊の無線なり何なりを使って、しっかり東電のコミュニケーションも支援をしていきたいと思っております。給水、入浴支援、まだまだニーズは残っていると思いますので、それについては、要請のあったところはしっかり拡大ができるように対応したいと思っておりますし、また、停電からの復旧のための倒木の除去・処理がこれから非常に重要になってくると思いますので、しっかりとこの6地区にそれぞれリエゾンを出して、優先順位を付けて、東電と一緒にしっかり停電からの復旧のための倒木除去の作業をやりたいと思います。また、雨の心配がございますので、今朝からブルーシートの屋根の設置も、要請のあるところに自衛隊が出ていってしっかりできるように作業を始めておりますので、次の雨の影響がでないように、なるべくきっちりと対応していきたいと思っております。

2 質疑応答

Q:ツイッターで、入浴支援、給水支援、倒木伐採の状況などを入れているかと思うのですが、これについて県民から「ありがたい」という好意の声があります。今後、このツイッターでの発信について、どのようにやっていくのかお伺いします。

A:これまでも、自衛隊のそれぞれの部隊が今回の支援、色々と情報を出してくれておりましたので、何をやったかということだけに留まらず、給水、入浴がいつどこでやりますという、これから先の情報をしっかり出してほしいというお願いをして、今、部隊がそれぞれ出してくれておりますので、是非そうした情報を参考にしていただいて、給水も入浴も自衛隊だけではなく、各自治体が独自にやられているところもたくさんありますので、そうした情報をそれぞれ住民の皆さんがしっかり把握をしていただいて、動いていただきたいと思っております。

Q:今夜遅くから、千葉県内に大雨のおそれがあるということで、どういった態勢で準備なさるのでしょうか。

A:ブルーシートの設置がなかなか高齢者世帯では難しいという話もありましたので、要請のあるところは自衛隊がどんどん出ていって、ブルーシートの設置をしっかりやろうということで、朝から動いております。要請をいただければ、きっちり対応していきたいと思っております。

Q:就任後初めての現場の視察だと思うのですが、一昨日の就任時の記者会見でも、国外よりも国内の現場を重視するという姿勢を打ち出されておりますが、このねらいについてお聞かせください。

A:自分が防災担当大臣だった熊本の地震のときに、自衛隊の隊員諸君に大変お世話になりました。今回、千葉は少し停電が長引くということで、隊員の活動もそれに併せて長くなると思いますが、しっかりやっていただきたいと思っております。そういう激励の意味も含めて、今日は千葉県内視察に参りました。

以上