シナイ半島国際平和協力業務(国際連携平和安全活動)

英語版/English

多国籍部隊・監視団(MFO)

国旗

司令部要員

派遣地 エジプト
派遣期間 平成31年4月~
延べ人数 2人
主な業務内容 エジプト及びイスラエルの政府等とMFOとの間の連絡調整
主要装備品 けん銃、小銃

執行額

内閣府予算にて措置

 

概要

MFOは、エジプト・イスラエル平和条約(1979年)及び議定書(1981年)に基づき、1982年よりエジプト・シナイ半島で、国連PKOに代わるものとして平和維持活動を実施してきている国際機関であり、エジプトとイスラエルとの間の停戦監視活動や両国間の信頼醸成の促進を支援することにより、MFOは我が国の「平和と繁栄の土台」である中東の平和と安定に貢献してきた。
 こうした中、MFOから我が国に対し、要員の派遣について要請があり、我が国としても、中東地域の平和と安定への貢献を通じたMFOによる国際平和のための努力に対し、人的な協力を積極的に果たしていくため、司令部要員として自衛官2名の派遣を行うこととした。

※このページのリンクは WARP(国立国会図書館データベース)のアーカイブに移動します。