第11回日ASEAN防衛当局次官級会合(結果概要)

(英語版/English


◯ 10月9日(水)、東京において、防衛省の主催により「第11回日ASEAN防衛当局次官級会合」が開催された。

◯ 我が国からは、西田安範防衛審議官が参加して議長を務め、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム及びASEAN事務局の次官級等が参加した。

◯ 本会合では、(1)「地域の安全保障情勢」、(2)「インド太平洋を巡る構想:自由で開かれた地域秩序に向けて」及び(3)「地域の防衛協力に向けたASEANの取組」の3つのテーマについて、出席者の間で意見交換を行った。

◯ 本会合の概要は、以下のとおり。

  • ● ASEAN域外国による東南アジアへの関与が活発化する中で、地域の平和と繁栄の基礎となる自由で開かれた地域秩序を維持するためには、地域協力の要であるASEANの中心性・一体性を確保することが重要であるとの認識で一致。
  • ● 開放性・透明性・包摂性・ルールの尊重等の諸原則に基づく地域秩序を構想する点で、我が国の「自由で開かれたインド太平洋」というビジョンと、ASEANが本年6月に発表した「ASEANインド太平洋アウトルック」は基本的な考えを共有しているとの認識で一致。
  • ● 「ビエンチャン・ビジョン」に基づく日ASEAN防衛協力や、ASEAN自身による域内の防衛協力に向けた取組の進展を歓迎するとともに、これらの取組はASEANの中心性・一体性の確保に資する重要な役割を果たしているとの認識で一致。



◯  日ASEAN防衛当局次官級会合では、プログラムの1つとして、ASEAN域内国の国防大臣級(1名)を招へいすることとしているところ、今般の会合では、ラオスのオンシー・セーンスック国防副大臣を招へいした。

◯ オンシー・セーンスック国防副大臣は「日ASEAN防衛協力に対する期待:ラオスの安全保障政策の観点から」をテーマに特別講演を行い、これまでの日ASEAN防衛協力の進展を高く評価し、その更なる発展に期待を表明するとともに、地域の強靭性を高めるためにADMMプラス等のASEAN主導の枠組みを通じて安全保障協力を強化することの重要性を訴えた。


◯ オンシー・セーンスック国防副大臣並びにASEAN加盟国及びASEAN事務局の次官級は、特別講演終了後、河野太郎防衛大臣に対する表敬を行った。河野太郎防衛大臣は、当該表敬の中で、参加者の訪日を歓迎するとともに、「自由で開かれたインド太平洋」というビジョンを踏まえ、地域協力の要であるASEANの中心性・一体性の確保を引き続き力強く支援する考えを表明した。また、「ビエンチャン・ビジョン」に基づく日ASEAN防衛協力の更なる発展に向け、今後とも取り組んでいきたい旨述べた。