ラオス(人道支援・災害救援)招へい

事業紹介

期間 令和2年2月17日~2月26日
場所 陸上自衛隊施設学校(勝田駐屯地)
支援対象 ラオス人民軍関係者 21名

 防衛省・自衛隊は、ラオスに対する人道支援・災害救援(HA/DR)施設分野の能力構築支援事業として、ラオス人民軍の指揮官要員及び操作要員(工兵)に対し、初めての招へいを実施しました。
 今回のプログラムでは、陸上自衛隊施設学校において、ラオス人民軍の指揮官要員に対して道路復旧等の工事管理(工程管理(作業工程表)・品質管理・安全管理)について指導するとともに、操作要員に対して施設機械の基本操作要領を教育しました。
 本事業はラオス人民軍の指揮官要員が、道路復旧等の工事計画を作成できるようになること、また、操作要員が施設機械(重機)の操作要領を習得することにより、ラオス人民軍の災害対処能力向上を企図しています。

事業の様子

道路復旧に係る基礎教育
工事計画作成の様子
工事計画作成の様子
操作要領に係る実技教育
操作要領に係る実技教育
操作要領に係る実技教育
集合写真