日ミャンマー防衛相会談(概要)

英語版/English
2019年11月17日
防衛省

 令和元年11月17日(日)16時25分(現地時間)から約25分間、第6回拡大ASEAN国防相会議(ADMMプラス)出席のためタイを訪問中の河野防衛大臣は、セイン・ウィン・ミャンマー国防大臣と会談を行ったところ、概要以下のとおり。

1.冒頭

 河野大臣から、ピンウールインで発生した国軍施設等の襲撃により死傷者が出たことについてお悔やみ申し上げるとともに、両国の防衛協力を促進していきたい旨述べ、これに対して、セイン・ウィン大臣から、賛同を得た。

2.日ミャンマー防衛協力

  1. (1)河野大臣から、「ビエンチャン・ビジョン2.0」に基づき、人的交流をはじめとする協力を進めていきたい旨述べ、セイン・ウィン大臣から、これらを歓迎する旨述べた。
  2. (2)両大臣はこれらの協力含め、防衛協力を幅広い分野で一層強化していくことで一致した。

3.地域情勢

  1. (1)北朝鮮に関して、河野大臣から、国連安保理決議の履行の重要性に関して強調し、両大臣はこのため引き続き協力していくことで一致した。
  2. (2)両大臣は南シナ海情勢に関しても意見交換を行い、航行の自由の重要性について認識を共有した。

(了)