武田防衛副大臣のスペイン訪問

8月17日(日)~19日(火)、武田防衛副大臣はスペインを訪問し、国防省関係者との意見交換や部隊訪問等を行いました。

緊急即応部隊長と
緊急即応部隊装備品展示視察
アルグエジェス防衛長官との会談

武田防衛副大臣のスペイン訪問(概要)

平成26年8月29日
防衛省

 8月17日から19日までの間、武田防衛副大臣はスペインを訪問し、国防省関係者との意見交換や部隊訪問等を実施したところ、概要以下のとおり。

1.緊急即応部隊視察(18日午前)

 国家的な災害や事故等に速やかに対応することを目的とし、2005年に創設された緊急即応部隊を視察。部隊の成り立ちやこれまで対応した大規模自然災害、国際緊急援助活動等の概況説明を受けた後、移動可能な通信装備や山林火災に対応するための消防車両、CBRN対応の装備品等を視察した。

2.アルグエジェス防衛長官との会談(19日午後)

 日スペイン間の防衛協力・交流について意見交換を実施し、さらに交流を深化・発展させていくことで一致した。特に防衛装備・技術分野での協力・交流について、先方から、スペインにおける防衛装備品の調達に係る政策の説明があり、当該分野での協力・交流に対し高い関心が示されたのに対し、当方からは防衛装備移転三原則について説明、今後、どのような分野での協力が可能か意見交換していくことで一致した。また、当方から、国際協調主義に基づく積極的平和主義を含むわが国の安全保障政策について説明を実施し、先方から日本の取組に対し歓迎の意が示されると同時に、今後の日本が果たすべき役割に対する高い期待感が示された。