日オランダ防衛相会談(概要)

平成28年12月13日
防衛省

 2016年12月13日、稲田防衛大臣は、東京において、ヘニス・プラサハート国防大臣と会談を行い、日オランダ防衛協力・交流及び地域情勢について意見交換を行なったところ、概要以下のとおり。今回の訪日は、オランダ国防大臣としては約12年ぶりとなるもの。
 なお、会談に先立ち、両大臣の間で、日本国防衛省とオランダ国防省との防衛協力・交流に関する覚書への署名が行なわれた。本覚書には、防衛当局間の実務レベルの交流や教育・研究交流等の実施を通じ、両国の防衛協力・交流を発展させる旨が記載されている。

1.冒頭

 稲田大臣から、ヘニス・プラサハート大臣の防衛省来訪を歓迎するとともに、日オランダ防衛協力・交流に関する覚書の署名は今後の両国間の防衛協力・交流の基盤となるものであり、本覚書に基づき、各レベルにおける交流を推進していきたい旨述べた。
 これに対し、ヘニス・プラサハート大臣から、今回の会談及び覚書への署名を契機に、日オランダ間の防衛交流を更に活発化させていきたい旨発言した。

2.両国の防衛政策

 両大臣から、それぞれの防衛政策について説明し、今日の安全保障環境においては、いかなる国も自国のみで安全を確保することは不可能であり、各国との協力関係を拡大していくことが重要との点で一致した。また、稲田大臣から、日本の平和安全法制について説明したのに対し、ヘニス・プラサハート大臣から、国際社会の平和と安定に係る日本の取組みを歓迎する旨発言した。

3.日オランダ防衛協力・交流

 両大臣は、地域・国際情勢や防衛装備・技術協力を含む双方の関心事項について意見交換を行っていくことを確認した。
 また、両大臣は、海上自衛隊海賊対処部隊とオランダ海軍が参加するEUの海賊対処部隊がアデン湾での海賊対処活動において緊密に連携していることを歓迎するとともに、海賊対処を含む海洋安全保障や平和維持活動といったグローバルな安全保障・防衛分野において連携していくことで一致した。
 さらに、稲田大臣から、NATOとの間でも協力を推進していきたい旨述べ、ヘニス・プラサハート大臣から、日本のNATOとの協力強化を歓迎する旨発言した。

4.地域情勢

 両大臣は東アジア情勢をはじめとする地域・国際情勢について意見交換を行い、国際法に基づいた紛争の平和的解決の重要性について認識を共有した。

(了)