小野寺防衛大臣とラスムセンNATO事務総長との会談

2013年4月15日(月)、小野寺防衛大臣は、ラスムセン NATO事務総長との間で会談を実施しました。

小野寺防衛大臣とNATO事務総長との会談の様子


小野寺防衛大臣とラスムセンNATO事務総長との会談(結果概要)

平成25年4月15日
防衛省

 2013年4月15日(月)、小野寺防衛大臣は、訪日中のラスムセンNATO事務総長と会談を行い、地域情勢及び日・NATO間の防衛協力について意見交換を行ったところ、概要以下のとおり。

1.冒頭

 小野寺大臣より、スケッフェル事務総長以来6年ぶりとなるNATO事務総長の訪日を歓迎する、基本的な価値を共有し、海賊対処活動や国際平和協力活動といったグローバルな安全保障上の共通課題に取り組んでいる日本とNATOが、引き続き協力を進展させていくことを希望する旨発言した。ラスムセンNATO事務総長より、北朝鮮の挑発的な言動は国際社会の平和と安定に対する大きな脅威であり、NATOはこれらの言動を強く非難する旨発言した。また、今般の訪日は日・NATO間の関係を深める上で重要であり、総理との間で発出する共同政治宣言は関係深化の枠組みとなる旨発言した。

2.地域情勢

 双方は、東アジアの地域情勢について意見交換を行い、引き続き状況を注視し、意見交換を継続していくことで一致した。

3.日・NATO防衛協力・交流

 小野寺大臣より、日・NATO間の防衛交流は全般として順調に進展している旨述べた。双方は、実務者交流及び教育・研究交流などの交流に加え、サイバー防衛や海賊対処活動などの分野における協力の進展に言及した。また、小野寺大臣より、人道支援・災害救援分野における協力のあり方についても、今後議論を進めたいとの希望を表明した。