石破防衛大臣とNATO事務総長との会談(概要)

石破防衛大臣は、訪日したデ・ホープ・スケッフェルNATO事務総長との間で会談を実施しました。(平成19年12月13日(木)於:国会内)

石破防衛大臣とNATO事務総長との会談(平成19年12月13日(木)於:防衛省)

石破防衛大臣とNATO事務総長との会談(結果概要)

平成19年12月13日

 平成19年12月13日(木)、石破防衛大臣は、訪日したデ・ホープ・スケッフェルNATO事務総長との間で会談を実施したところ、概要以下のとおり。

概要

1.日NATO交流

 石破大臣より、防衛大臣就任前に、2度NATO本部を訪問し、その際NATOの役割や日本との関係について説明を受け、NATOとの関係に関心を有している旨発言。また、今後変化するNATOとの間で価値を共有するパートナーとして協力を深化させていきたい旨発言。
 スケッフェル事務総長よりは、現在、日NATO関係は政治的、実務的な面で順調に発展しており、これをさらに成熟した、強いものにしていきたい旨発言。また、日本とNATOは、テロとの闘い、大量破壊兵器等の拡散、破綻国家、エネルギー安全保障、サイバーテロ防護、ミサイル防衛等の共通の脅威と課題に直面しており、日本とより広い範囲で対話・協力を行っていきたい旨発言。

2.テロとの闘い、アフガニスタン

 石破大臣より、インド洋における自衛隊の補給支援活動の継続を可能とする新法案を国会に提出し、議論を行っている状況について説明。また、政府としては、NATO諸国とともに、自由、民主主義、人権を否定するテロリズムと闘う強い決意を持っており、是非とも本法案を国民の理解を得て成立させ、国際社会における日本としての責任を果たしたい旨発言。
 スケッフェル事務総長よりは、インド洋における補給支援活動の継続については日本が決定すべき問題と考えていると述べつつ、不朽の自由作戦-海上阻止活動(OEF-MIO)は重要な作戦であり、NATOが参加する国際治安支援部隊(ISAF)と相俟って、アフガニスタンの安定に重要な役割を果たしている旨発言。さらに、日本に対し、次期G8議長国として、アフガニスタンの復興について指導的な役割を果たすことを期待する旨発言。

3.地域情勢

 石破大臣より、EUの対中武器禁輸措置解除問題についてEUと議論していること、日本と中国は重要な隣国であり、友好的な関係を構築していくことが重要であることを説明。また、中国が今後安定的に発展していくために、NATOとも協力して、中国の国際社会への関与を促していきたい旨発言。
 スケッフェル事務総長より、NATOは対中武器禁輸措置の政策には直接関与していないが、EUに対しても、今会談の内容を伝えたい旨発言。また、こうした幅広い分野について今後も議論していきたい旨発言。