岩屋防衛大臣によるフック越首相表敬(概要)

2019年5月4日
防衛省

 2019年5月4日(土)、午前11時10分から11時40分(現地時間)、ベトナムを訪問中の岩屋防衛大臣は、ベトナム首相府において、フック首相を表敬したところ、概要以下のとおり。

1 冒頭

 冒頭、フック首相から、岩屋大臣の訪越への歓迎が述べられるとともに、昨日(3日)実施されたアイン元国家主席の国葬への参列への謝意が示された。また、フック首相から、令和の時代においても日本の発展を期待する旨の発言があった。これに対して、岩屋大臣から御礼を申し上げるとともに、アイン元国家主席の逝去に対して、改めてお悔やみ申し上げた。

2 日越防衛協力

 岩屋大臣から、今回の日越防衛相会談の成果を踏まえ、艦艇・航空機の寄港(寄航)、能力構築支援、防衛装備・技術協力等の幅広い分野において日越防衛協力を進めていきたい旨述べ、これに対して、フック首相から、協力関係を一層強化していきたい旨応答があった。

3 地域情勢

北朝鮮に関して、岩屋大臣から、国連安保理決議の履行の重要性に関して改めて強調し、両者は、北朝鮮の非核化に向けて引き続き連携していくことで一致した。また、両者は南シナ海情勢に関しても議論し、情勢認識を共有した。

(了)