岩屋防衛大臣とバドル・オマーン国防担当大臣による日オマーン防衛協力覚書署名式及び会談(結果概要)

平成31年3月25日
防衛省

 平成31年3月25日、岩屋防衛大臣は、訪日中のバドル・オマーン国防担当大臣と防衛省において日オマーン防衛協力覚書署名式及び会談を行なったところ、概要以下のとおり。

  1. 両大臣は、「自由で開かれたインド太平洋」というヴィジョンの下、港湾へのアクセスや海上交通の安全確保等、航行の自由を確保することの重要性を改めて確認するとともに、両国間の防衛交流・協力の進展を象徴する、防衛協力覚書の署名を評価した。
  2. 当方から、我が国の海賊対処部隊に対するオマーンの継続的な支援に謝意を表明し、先方から、引き続き協力を行っていきたい旨発言があった。また、両大臣は、本日署名した覚書に基づき、海軍種間交流を始めとした防衛協力を更に推進していくことで一致した。
  3. さらに、地域情勢に関して、岩屋防衛大臣から我が国を取り巻く安全保障環境について説明し、バドル国防担当大臣からはイランの動向等を含む中東情勢について説明があり、地域の平和と安定のため、関係国との信頼醸成が重要であるとの認識で一致した。
栄誉礼・儀仗
日オマーン防衛協力覚書署名式

(了)