若宮防衛副大臣のフランス・イタリア訪問(概要)

平成28年6月
防衛省

 6月12日から同月17日にかけて、若宮防衛副大臣は、フランス及びイタリアを訪問し、両国の国防省関係者との意見交換等を実施したところ、概要以下のとおり。

1.フランス訪問(12日~15日)

 ユーロサトリ2016(パリで隔年開催される世界最大規模の防衛・治安維持関連陸上装備展示会)に参加し、防衛省、日本企業を含め各国が出展する最新の装備品等を視察した。

 また、トデシニ仏国防大臣付退役軍人・回想担当大臣と意見交換を行い、日仏防衛協力・交流の進展を歓迎するとともに、防衛装備協力、共同訓練・部隊間交流等の協力を通じ、二国間の防衛協力関係をさらに深化させていくことで一致した。最近のテロの脅威やサイバーセキュリティの重要性について認識を共有し、二国間で協力していく必要性についても一致した。

 国防大臣主催レセプションの場では、ル・ドリアン仏国防大臣と言葉を交わし、今後の防衛装備・技術分野の協力をさらに推進するべく議論を継続していくことで一致した。

 さらに、ユーロサトリ2016の視察で訪問中であったアルパイ・トルコ国防副大臣と、防衛装備品分野を中心とする日トルコ防衛協力について意見交換を行い、今後も様々なレベルで連携・協力を行い、二国間関係をさらに強化していくことで一致した。

2.イタリア訪問(15日~17日)

 ロッシ国防政務次官と意見交換を行い、米国以外で日伊両国のみがF-35の最終組立・検査(FACO)を実施することとなったこと等を踏まえ、防衛装備協力を強化していく方針で一致した。また、海上安全保障、サイバーやテロの脅威等の世界共通の課題に対処するため、日伊外交関係樹立150周年の節目の年を捉え、部隊間交流をはじめとする両国間の防衛協力を促進していくことで一致した。

 また、イタリア空軍関連施設、防衛関連企業を訪問、視察を行った。

ユーロサトリ2016
アルパイ・トルコ国防副大臣との会談
トデシニ仏退役軍人・回想担当大臣との会談
ル・ドリアン仏国防大臣への挨拶
ロッシ・イタリア国防政務次官との会談
イタリア空軍関連施設

(以上)