神風防衛大臣政務官のイスラエル・スウェーデン・ノルウェー訪問(結果概要)

平成24年5月9日
防衛省

 4月30日から5月4日までの間、神風防衛大臣政務官は、イスラエル、スウェーデン及びノルウェーを訪問し、国防省関係者、国連関係者との意見交換やUNDOF日本隊視察等を実施したところ、概要以下の通り。

1.イスラエル訪問

 バラク副首相兼国防大臣を表敬し、日イスラエル防衛交流、地域の安全保障情勢等について意見交換を実施し、二国間の活発な意見交換の継続で一致。また、UNDOF日本隊の活動視察及び隊員の激励を行うとともに、UNDOF参謀長等との意見交換を実施。当方より、自衛隊の活動に対する支援に対する謝意を表明。先方は、自衛隊の活動を高く評価し、我が国の活動に対する謝意を表明。

2.スウェーデン訪問

 国防装備庁、国防輸出庁、不拡散・武器輸出管理庁を訪問し、武器輸出政策等について意見交換を実施。ヤヴレル国防副大臣との会談を実施し、国際平和協力活動においても積極的な役割を果たす両国が対話の機会を活用し、地域の安全保障及び国際問題に対する見解を共有することは有益との点で一致。また、アーベルガー外務省国防輸出・民間警備大使主催の夕食会が行われた。さらに、第7航空団及びサーブ社を訪問。

3.ノルウェー訪問

 アイデ国防大臣を表敬し、両国が防衛政策をはじめ互いに関心のある分野で意見交換を積み重ねる形で、協力を深めていくという点で一致。インゲブリットセン国防副大臣との会談を実施し、両国を取り巻く安全保障環境、南スーダンでの国連平和維持活動及びF-35プログラム等について、意見交換を実施。さらに、コングスベル社を訪問。