ボルド モンゴル国防大臣との会談

北澤防衛大臣は、ボルド モンゴル国防大臣との間で会談を実施しました。(平成22年11月19日(金)於:防衛省)


日モンゴル防衛相会談(結果概要)

2010年11月19日
防衛省

 11月19日(金)、北澤防衛大臣は、訪日中のボルド・モンゴル国防大臣と約15分間、日モンゴル防衛相会談を行ったところ、概要以下のとおり(日本側より、安住防衛副大臣、高見澤防衛政策局長、河野統幕副長他が、モンゴル側より、バヤルサイハン国防省戦略管理・計画局長他が陪席)。

1.総論

(1)  ボルド大臣より、今回の訪日は日モンゴル間にとって歴史的意味のあるものであり、これをきっかけに両国間の戦略的な関係を構築していきたい旨発言。
(2)  また、ボルド大臣より、北澤大臣のモンゴル訪問の招請があったところ、北澤大臣はそれに対する謝意を表明。

2.人材交流

(1)  北澤大臣より、これまで日モンゴル間で経済を中心に幅広い分野で人的交流等が活発に行われていることは欣快であり、特に、我が国では、防衛大学校等において延べ34名の優秀なモンゴル人留学生を受け入れてきた旨発言。
(2)  これに対し、ボルド大臣より、我が国によるモンゴル人留学生受け入れの謝意が述べられるとともに、将来的な留学生の受け入れ拡大の要望があったところ、北澤大臣より、前向きに検討したい旨回答。
(3)  双方は、人材交流を通じた防衛交流の発展の重要性で認識を共有。

3.国連PKO等における協力

(1)  ボルド大臣より、モンゴルは二つの大国に隣接しており、また、北朝鮮の問題もあることから、諸課題を抱える地域の一員として日本と協力していきたい、モンゴルはNATOとの関係も深めており、アフガニスタンにも部隊を派遣している旨発言。
(2)  これに対し、北澤大臣より、モンゴルによる積極的な国連PKO活動等への参画を高く評価する旨発言。
(3)  双方は、国連PKO等における協力関係強化の重要性で認識を共有。

(了)