日米防衛相会談の概要

英語版/English

令和3年3月16日
防衛省

令和3年3月16日、12時50分から約90分間、岸防衛大臣とオースティン米国防長官が会談を行ったところ、概要次のとおり。

1 総論

 両閣僚は、急激に厳しさを増す安全保障環境の中、日米同盟が地域の平和と安定にとってこれまでになく重要であることを確認した。両閣僚は、自由で開かれたインド太平洋を維持・強化するため、日米が基軸となって取り組んでいくことを確認した。岸防衛大臣は、日本の防衛に対する断固たる決意を述べるとともに、地域の平和と安定のために日本が積極的に役割を果たしていく考えを述べた。オースティン国防長官は、これを歓迎するとともに、米国による日本の防衛に対するコミットメントが揺るぎないことを確認した。両閣僚は、日米同盟の抑止力・対処力の一層の強化に取り組むことで一致した。

2 地域情勢等

 両閣僚は、中国による、既存の国際秩序と整合的でない行動が、同盟及び国際社会に対して課題となっている中、防衛当局としてとるべき対応について協議していくことで一致した。これに関連し、岸防衛大臣は、国際法との整合性に問題のある規定を含む中国海警法により、東シナ海や南シナ海などの海域において緊張を高めることになることは断じて受け入れられない旨を述べ、両閣僚は深刻な懸念を表明した。また、両閣僚は、台湾海峡の平和と安定の重要性について認識を共有した。
 両閣僚は、北朝鮮の完全な非核化に向けたコミットメントを再確認するとともに、北朝鮮に対して国連安保理決議の下での義務に従うことを求めた。また、北朝鮮関連船舶による違法な「瀬取り」対策に関し、引き続き日米が有志国と連携して取り組むことで一致した。
 両閣僚は、自由で開かれたインド太平洋を維持・強化するため、地域内外の多様なパートナーとの協力を強化していくことの重要性を確認した。

3 日米防衛協力

 両閣僚は、双方の戦略を緊密な協議を通じて擦り合わせ、宇宙・サイバー領域を含む全ての領域において、協力を深めていくことで一致した。
 また、両閣僚は、同盟の抑止力・対処力を高めるためには、自衛隊と在日米軍の双方が、日米共同訓練を含む各種の高度な訓練の実施等を通じ、即応性を強化していくことが重要であることで一致した。

4 米軍再編/在日米軍

 両閣僚は、米国による「世界的な戦力態勢見直し(GPR)」に関し、今後緊密に調整していくことを確認した。両閣僚は、普天間飛行場の辺野古移設及び馬毛島の施設整備を含む米軍再編計画のこれまでの取組を歓迎するとともに、今後の着実な進展のため、引き続き日米で緊密に協力していくことで一致した。両閣僚は、普天間飛行場の辺野古への移設が、普天間飛行場の継続的な使用を回避するための唯一の解決策であることを再確認し、これを進めていくことで一致した。
 両閣僚は、在日米軍の安定的な駐留と日々の活動には、地域社会の理解と協力が不可欠であること、また、米軍の安全かつ環境に配慮した運用の確保が重要であることを確認した。

(了)