ミリー米陸軍参謀総長による安倍総理大臣表敬

平成30年2月19日

 本19日午前10時20分から約40分間、安倍晋三内閣総理大臣は、訪日中のマーク・A・ミリー米陸軍参謀総長(陸軍大将)(General Mark A. MILLEY, Chief of Staff of the U.S.Army)の表敬を受けたところ、概要以下のとおりです(米側から、ジョセフ・ヤング在京米国大使館首席公使(Mr. Joseph Young, Deputy Chief of Mission, US Embassy of Japan)他、日本側から、西村康稔内閣官房副長官、野上浩太郎内閣官房副長官他、同席。)。

  • 冒頭、安倍総理大臣から、トランプ大統領との電話会談や先日のペンス副大統領訪日を通じ、日米両国は、北朝鮮情勢に関する認識を一致させ、歩調を揃えて対応しており、これにより、日米同盟の揺るぎない絆を世界に示してきている、今後も緊密に日米で連携して、日米同盟の対処力・抑止力を高めていきたい旨述べました。これに対し、ミリー参謀総長から、今般の訪日において防衛関係者と意見交換を行っているが、北朝鮮の脅威を前に、日米両国民と米軍・自衛隊は肩と肩を並べ、日米同盟は岩のように堅固である旨述べました。
  • 引き続き双方は北朝鮮情勢について意見交換を行い、対話のための対話では意味はなく、完全で検証可能かつ不可逆的な非核化を実現するために、 北朝鮮に対して最大限の圧力をかけていくことが重要であること、日米・日米韓の連携を強化して対応していくことで一致しました。