当ホームページの利用について(利用規約)

学校へのお問合せ
〒238-0317
神奈川県横須賀市御幸浜2-1
高等工科学校 広報班
電話:046-856-1291 内線:214
陸上自衛隊 高等工科学校長
  陸将補 堀江 祐一 (生徒26期)
  教育に対する考え方

『根を養えば樹は自ずから育つ』


(自衛官、そして人生における「基盤(根)」を養う)
 

 挨   拶
  

陸上自衛隊高等工科学校長の堀江陸将補です。

この度は、陸上自衛隊高等工科学校ホームページにアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。

 

本校は、中学卒業後(又は高校1年修学後)、陸上自衛官として将来の国防を担う人材を育成するという日本で唯一の学校であり、今年で64年目を迎えます。

本校の生徒は、卒業後、更に、小部隊の指揮官、そしてシステム化された装備品の整備等に関する専門教育を受け、19〜20歳にして、部下を持つ立場となる3等陸曹に昇任します。また、一部の者は卒業後に、防衛大学校への進学、あるいは航空自衛隊、海上自衛隊の航空学生としてパイロットの道に進みます。

 

私自身、本校の卒業生であり、昨年、38年ぶりに学校長として「帰校」しました。着任してよく耳にするのは、「日本一の高等学校」あるいは、「生徒は『陸上自衛隊の宝』である。」と評した言葉です。そして、卒業式には防衛大臣の立会、更には、内閣総理大臣から卒業生に対してメッセージが送られる等、本校は部内外から多くの関心と期待が寄せられております。それは、これまでに約1万9000名を超える卒業生が陸上自衛隊の第一線部隊はもとより、陸上幕僚監部、方面総監部、師団司令部、そして教育機関等において、陸曹あるいは幹部自衛官として活躍し、実績を残してきた証左であります。

 

現在、約950名の在校生たちが、「人のために、国のために尽くしたい!」という「志」を持ち、全国各地から親元を離れ、苦楽を共にし、互いに助け合い、励まし合い、そして切磋琢磨しながら、充実した生徒生活を送っております。

このホームページでは、本校の紹介、特に、在校生の現状をできる限り多くご紹介させていただき、本校への入校を検討している学生の皆様やその保護者の方をはじめ、一人でも多くの方に、本校のそして在校生徒たちの魅力を感じ取っていただきたいとの願いをこめて作成しております。どうぞ、お気軽にご覧いただければと思います。

 

最後になりますが、今後とも、陸上自衛隊高等工科学校に対しまして、ご高配を賜りますようお願い申し上げ、ご挨拶とさせて頂きます。

 

陸上自衛隊高等工科学校長 陸将補 堀 江 祐 一     


   自衛隊歴
昭和55年 4月    少年工科学校 生徒26期 (武 山) 
昭和58年12月    第6高射特科群      (与 座) 
平成 元年 3月    幹部候補生学校      (前川原) 
平成 2年 3月    第2通信大隊       (旭 川) 
平成12年 3月    陸幕防衛部防衛課     (市ヶ谷) 
平成14年 3月    陸幕教育訓練部訓練課   (市ヶ谷) 
平成16年 8月    第6通信大隊長      (神 町) 
平成17年 8月    陸幕装備部装備計画課   (市ヶ谷) 
平成20年 8月    福岡地方協力本部募集課長 (福 岡) 
平成21年12月    陸幕人事部募集援護課   (市ヶ谷) 
平成23年 4月    北部方面通信群長     (札 幌) 
平成25年 8月    北部方面総監部人事部長  (札 幌) 
平成27年 3月    陸幕監理部庶務室長    (市ヶ谷) 
平成29年 3月    第8師団副師団長     (北熊本) 
平成30年 3月    現 職          (武 山)


トップページに戻る
Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. High Technical School