TOPへ
小郡駐屯地のあゆみ
 小郡駐屯地は、昭和28年12月10日に小郡村(当時)の熱心な誘致活動 により鹿児島県鹿屋から独立第535施設大隊が移駐したことが始まりです。 以来、西部方面隊の施設力の骨幹部隊として発展し、平成30年に小郡駐屯地 創設65周年を迎えます。
 昭和28年  12月   独立第535施設大隊が鹿屋(鹿児島)から小郡に移駐
 昭和29年   7月   独立第535施設大隊を第106施設大隊に改称
    9月   第2施設群(群本部、本部中隊、第106施設大隊)を編成
 昭和31年   1月   第2施設群に第108施設大隊(小倉)を編成
 昭和36年   8月   第5施設団(団本部、団本部付隊、第2施設群)を編成
      地区施設隊及び施設野整備隊を第5施設団に編合、第108施設大隊が飯
  塚に移駐
 昭和56年   3月   第305ダンプ車両中隊を団直轄部隊に編成
 平成 1年   3月   第2施設群・第9施設群隷下の地区施設隊を廃止 
      第2施設群に第344施設中隊(湯布院)、第9施設群に第345施設中
  隊(都城)、第103施設器材隊に整備中隊を新設・編成
 平成12年   3月   第2施設群に第304坑道中隊を編成
 平成15年   3月   第2施設群を機能別中隊に改編、第103施設器材隊隷下の整備中隊を廃
  止、特殊器材中隊を編成
 平成17年   3月   第9施設群を機能別中隊に編成
 平成20年   3月   第4施設群(宇都宮)の第303水際障害中隊が移駐、第9施設群に編合
 平成25年   3月   第9施設群を改編 第373,374施設中隊を廃止、第391施設中隊
  を編成
  第303水際障害中隊を団直轄部隊に編成