第4師団は、平成29年1月24日から26日までの間、十文字原演習場において「広帯域多目的無線機練成訓練」を実施しました。
 本訓練は、野外通信システム導入後の速やかな戦力化を図るため、機能別訓練と総合訓練を行いました。総合訓練では一連の状況下における情報共有要領について演練し、参加者の取扱操作練度を向上させました。
 訓練に参加した第4特科連隊 本田将昭3曹は「今回の訓練で、無線機の操作要領を習熟することができました。引続き練度向上に努めます。」と決意を語っていました。

操作要領の習熟

通話要領の練成