活動状況一覧

2021年09月30日 第2代訓練評価部長退官行事

  •  2021年9月30日(木)、同日付で退官した第2代訓練評価部長 片岡義博 陸将補の退官行事を実施しました。

     片岡陸将補は、令和元年12月に教育訓練研究本部に着任し、災害派遣等に関する教訓業務や日米共同方面隊指揮所演習等の統裁に尽力しました。

     片岡陸将補は、約40年に亘る自衛官人生を振り返るとともに、全所属隊員に感謝の意を述べ、教育訓練研究本部を後にしました。
  •  


 

 




2021年10月11日

2021年09月15日 令和3年度陸上自衛隊演習

  •  2021年9月15日(水)から、教育訓練研究本部が統裁を担任している「令和3年度 陸上自衛隊演習」を全国各地で実施しています。

     本演習は、平成5年以来30年ぶりに陸上自衛隊の全部隊を対象として実動演習に取り組む大規模演習です。
     作戦の準備段階を焦点に当てて、出動準備、機動展開、出動整備、兵站・衛生及びシステム通信の5つの訓練を実施し、運用の実効性向上と抑止力・対処力を強化します。

     演習においては陸上自衛隊の各部隊だけではなく、海上自衛隊、航空自衛隊及び在日米陸軍との連携の他、民間の輸送力等活用して行っています。
  •  

    民間船による輸送

 

     補給品の搭載




2021年10月11日

2021年08月06日 第67期指揮幕僚課程「入校式」

  •  2021年8月6日(金)、教育訓練研究本部において、第67期指揮幕僚課程の入校式を実施しました。

     本課程は、連隊長・群長等の上級の指揮官及び幕僚としての資質を養うとともに、その職務の遂行に必要な知識及び技能を修得させることを目的とした教育課程です。
  •  



 


2021年09月08日

2021年08月03日 在日米陸軍司令官表敬受

  •  2021年8月3日(火)、6月に着任した在日米陸軍司令官ジョエル・ヴァウル准将(当時)が本部長を表敬しました。

     本部長からヴァウル司令官に祝意を伝えるとともに、日米同盟の更なる発展に寄与することについて認識を共有しました。

     この際、地域情勢や領域横断作戦について意見交換を行うとともに、日米共同方面隊指揮所演習(YS)をはじめ様々な場面で緊密に連携することを確認しました。
  •  

       懇  談



       縦の贈呈


2021年09月08日

2021年07月07日 第9期最先任上級曹長(師団等以上)課程「卒業式」

  •  2021年7月7日(水)、教育訓練研究本部において、第9期最先任上級曹長(師団等以上)課程の卒業式を実施しました。

     同年4月の入校から約3か月間、教育及び各種研修等を通じて最先任上級曹長としての識能及び資質を養いました。

     卒業後は、各師団・旅団等の指揮官を補佐する准曹士の最上位職としての活躍が期待されています。
  •  

     卒業生への式辞



      卒業証書授与


2021年07月07日

2021年06月16日・25日 在日米陸軍司令官の表敬及び退官式

  •  2021年6月16日(水)、在日米陸軍司令官ルオン少将が退官に伴い本部長を表敬しました。

     本部長からは、新型コロナ禍の中、昨年度の日米共同方面隊指揮所演習(YS-79)の実現に尽力頂いたことに感謝の意を伝え、記念品を贈呈しました。
     ルオン少将は「教育訓練研究本部とのチームワークの結果であり感謝します。今後も日米間の連携が一層強化することを期待しています」と述べられました。

     また、同月25日(金)には、在日米陸軍司令部(キャンプ座間)にて実施された同陸軍退官式に、片岡訓練評価部長とともに出席しました。
  •  

      記念品贈呈



      退 官 式


2021年07月07日

2021年06月01日~04日 第18回総合安全保障セミナー

  •  2021年6月1日(火)から4日(金)の間、教育訓練研究本部において第18回総合安全保障セミナーを開催しました。

     本セミナーは、産(企業)・官(政府及び地方公共団体等)・学(大学等)からの参加者と教育訓練研究本部に入校中の学生がグループを組み、将来の日本の安全保障に関して様々な視点から自由な討議や意見交換を行うセミナーです。

     最終日はグループ合同による研究会を行い、質疑応答を通じて成果を共有しました。

     グループ討議



      研 究 会


2021年07月07日

2021年05月18日 「日独友好動画」撮影協力

  •  2021年5月18日(火)、在日ドイツ大使館国防武官キーゼヴェッター大佐が「日独修好通商条約」締結160周年記念の「日独友好動画」撮影協力依頼のため、ドイツ留学経験のある本部長を訪問しました。

     撮影では、「日独友好160周年の祝意とともに、両国の関係がより深まり、共に発展していくことを祈念する」と、ドイツ語で述べました。
     撮影された動画は、在日ドイツ大使館のホームページで公開予定です。

    (2021年7月28日 追記)
     本部長の動画が公開されました。
     下記リンクのページよりご視聴いただけます。
     日独交流160周年特設ページ(https://www.germanyinjapan160.com)
      ※「未来の日独関係に向けて(ビデオ)」をクリックしてください。
  •  

 挨拶の様子(右が大佐、中央は
    同席の大使館職員)



     撮影の様子


2021年06月08日

2021年05月17日~20日 自衛隊統合防災演習

  •  2021年5月17日(月)から20日(木)の間、統合幕僚監部が実施した「自衛隊統合防災演習」に、教育訓練研究本部として参加しました。
     本演習には、防衛省・自衛隊をはじめ、関係各省庁、地方自治体及び在日米軍等、延べ1万人以上が参加しました。オリンピック開催中の首都直下地震発生時における自衛隊の災害派遣対処能力の向上を目的として実施されました。
     また、目黒駐屯地以外の都内各所に多数の隊員を派遣し、関係機関との情報共有、連携要領の確認及び教訓の収集に当たりました。

    情報収集の様子




   派遣される隊員の様子


2021年06月08日

2021年04月22日 令和3年度第1回研究開発会同

  •  2021年4月22日(木)、教育訓練研究本部において、令和3年度第1回研究開発会同を実施しました。
     本会同では、陸上幕僚監部、教育訓練研究本部及び陸上自衛隊の各職種学校等が今年度の主要な研究開発等に関するスケジュールや今後の方向性等について、認識の統一を図りました。
     なお、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、一部の研究実施機関が目黒駐屯地において参加し、その他はオンラインによる参加となりました。




2021年05月19日

2021年04月08日 最先任上級曹長(師団等以上)課程「入校式」

  •  2021年4月8日(木)、教育訓練研究本部において、第9期最先任上級曹長(師団等以上)課程の入校式を実施しました。 
     本課程は、師団・旅団等以上の指揮官を補佐する役目を担う「准陸尉、陸曹及び陸士の最上位職」としての人材を育成する約3か月間の課程です。
     各種研修等を通じて最先任上級曹長としての資質を養い、陸上自衛隊の准曹士の模範となる最先任上級曹長を目指します。

     入校式の様子



 代表者(手前)による挨拶の様子


2021年05月19日

2021年03月26日 訓練評価支援隊「創隊1周年記念行事」

  •  2021年3月26日(金)、評価訓練支援隊(北千歳)において、創隊1周年記念行事を実施しました。
     評価訓練支援隊長は式辞の中で、創隊以来1年間の業務等を振り返るとともに、所属隊員全員に対し、新型コロナウイルス禍での各種訓練評価支援業務が無事に運営できたことについて、感謝の意を述べました。
     また、教育訓練研究本部長がビデオを通じて祝辞を述べ、訓練評価支援隊は陸上自衛隊の訓練評価の一翼を担う部隊であり、隊長を核心に強い組織力を発揮することを期待していると激励しました。

     式辞中の隊長



  ビデオメッセージの模様



2021年04月02日

2021年03月12日・03月24日 技術高級課程「卒業式」及び「入校式」

  •  2021年3月12日(金)、教育訓練研究本部において、第48期技術高級課程の卒業式を実施しました。
     2020年3月に入校した各学生は約1年間を通じ、技術の研究開発、行政等の職務に必要な知識及び技能等を修得し、同課程を卒業しました。
     卒業後は、技術・研究開発の専門家及び指揮官・幕僚等として活躍することが期待されております。
     また、3月24日(水)には、同課程の第49期入校式を実施しました。

     卒業式の様子

 

    卒業証書授与の様子



     入校式の様子 

2021年04月02日

2021年02月19日 駐屯地メンタルヘルス教育

  •  2021年2月19日(金)、教育訓練研究本部は部外講師を招へいし、「令和2年度目黒駐屯地メンタルヘルス教育」を実施しました。
     本教育は、指揮官等の管理者に対する教育と一般隊員に対する教育の2部構成で実施され、教育訓練研究本部をはじめ、目黒駐屯地所属の隊員が参加し、メンタルヘルスの重要性及び各種ハラスメント防止の留意事項等について理解を深めました。





2021年03月03日

2021年02月16日 米陸軍安全保障部隊支援旅団(SFAB)来訪

  •  2021年2月16日(火)、アメリカ太平洋陸軍に所属する第5安全保障部隊支援旅団(通称:SFAB(エスファブ)(Security Force Assistance Brigade))の大隊長ポール・ラシュリー陸軍中佐を代表とした一行が教育訓練研究本部を来訪し、同本部所属各部代表の隊員と懇談しました。
     懇談中は換気、飛沫防止パーティションの設置等、新型コロナウイルス感染拡大防止策を講じながら、教育訓練研究本部及びSFABの概要説明に続き、両者間の今後の連携のあり方について意見交換を行いました。









2021年03月03日

2021年02月04日 第8期最先任上級曹長(師団等以上)課程「卒業式」

  •  2021年2月4日(木)、教育訓練研究本部において、第8期最先任上級曹長(師団等以上)課程の卒業式を実施しました。
     2020年11月の入校から約3か月間、教育及び各種研修等を通じ最先任上級曹長としての資質を養いました。
     卒業後は、各師団・旅団等の指揮官を補佐するとともに、准曹士の最上位職としての活躍が期待されています。




2021年03月03日

2021年01月22日 初代最先任上級曹長退官行事

  •  2021年1月22日(金)、同年1月26日付で退官した教育訓練研究本部初代最先任上級曹長の三浦3尉(特別昇任)の退官行事を実施しました。
     三浦3尉は、2018(平成30)年3月末に発足した教育訓練研究本部の初代最先任上級曹長に任命され、教育訓練研究本部長の指導・統率を的確に補佐するとともに、准曹士の模範としてリーダーシップを発揮されました。
     三浦3尉は退官の挨拶として、約40年に渡る自衛官人生を振り返りながら、最後は全所属隊員に対し感謝の意を述べ、教育訓練研究本部を後にしました。




2021年02月09日

2021年01月12日 教育訓練研究本部朝礼

  •  2021年1月12日(火)、教育訓練研究本部朝礼を実施しました。
     その中で、本部長、副本部長、最先任上級曹長及び各部長が全所属隊員を代表し、任務の完遂及び部務運営全般の安全を祈念して、ダルマの目入れ(開眼)をしました。




2021年02月09日

2021年01月07日 新型コロナウイルス感染拡大防止

  •  教育訓練研究本部は、2021年1月7日(木)の政府による緊急事態宣言を受け、飛沫防止パーティション、手指用消毒液や非接触型体温計の設置、テレワークを含む在宅勤務を積極的に推進(出勤する場合もフレックスや早出遅出勤務を推奨)、「3つの密」を避けた教育の実施(参加の場合は検温等を実施し、体調不良隊員は参加させない)、テレビ会議の活用(会議のほか、部外講師による講義等にも活用)、マスクの着用やうがい手洗い等を徹底しつつ、新型コロナウイルス感染拡大防止に留意した業務運営に努めています。





2021年02月09日

2020年12月15日 「日米共同方面隊指揮所演習(YS-79)※1」

  •  2020年11月28日(土)から12月15日(火)までの間、健軍駐屯地(熊本県熊本市)及び朝霞駐屯地(東京都練馬区)等において実施された「日米共同方面隊指揮所演習(通称:「YS(ワイエス)」)」に教育訓練研究本部が参加しました。
     今回の演習では、新型コロナウイルス感染拡大防止を考慮し、テレビ会議等を活用しました。
     なお、「YS」の名前の由来につきましては、こちら※2をご参照ください。
  • ※1 陸上自衛隊ニュースリリース
     「令和2年度日米共同方面隊指揮所演習(日本)(YS-79)の概要について」
      (https://www.mod.go.jp/gsdf/news/press/2020/pdf/20201113_01.pdf
    ※2 YS77概要(昨年度実施しました同演習の概要ページにて「名前の由来」を紹介しています)
       「令和元年度日米共同方面隊指揮所演習YamaSakura77 とは?」2ページ目
      (https://www.mod.go.jp/gsdf/eae/YS-77/00_ys.html















2021年01月28日

2020年12月09日 第66期指揮幕僚課程「入校式」

  •  2020年12月9日(水)、教育訓練研究本部において、第66期指揮幕僚課程(通称:「CGS課程」)の入校式を実施しました。
  •   ※「CGS課程(Command and General Staff Course)」とは、共通の試験により選抜された要員に対し、
       約1年4か月の間、上級の指揮官及び幕僚として活躍する要員を育成するための教育です。





2021年01月28日

2020年12月08日・10日 第8期最先任上級曹長(師団等以上)課程(通称:「CSM課程 ※」)「現地訓練」

  •  2020年12月8日(火)に、海上自衛隊船越基地と長浦地区(神奈川県横須賀市)において、12月10日(木)は、航空自衛隊入間基地(埼玉県入間市)において、それぞれ現地教育を実施しました。
     海上自衛隊及び航空自衛隊の装備や施設を研修するとともに、両自衛隊における最先任上級曹長(CSM)と同等相当の隊員(海上自衛隊の「先任伍長」及び航空自衛隊の「准曹士先任」)との意見交換を実施しました。

     ※「CSM課程(Command Sergeant Major Course)」とは、師団・旅団等以上の指揮官を補佐する役目を担う
      「准陸尉、陸曹及び陸士の最上位職」としての人材を育成する約3か月間の教育です。










2021年01月28日

2020年11月7日 「方面隊実動演習(西部方面隊)※1」に係る教訓業務

  •  2020年10月26日(月)から11月7日(土)までの間、日出生台(ひじゅうだい)演習場(大分県玖珠町)及び久留米駐屯地(福岡県)において実施された「方面隊実動訓練(西部方面隊)」について、教育訓練研究本部より教訓資料収集員として5名が参加しました。
     なお、教訓業務につきましては、教育訓練研究本部が発刊する機関誌 「陸上防衛」で紹介していますので、 こちら※2をご参照ください。
  • ※1 陸上自衛隊ニュースリリース「令和2年度方面隊実動演習(西部方面隊)の概要について」
      (https://www.mod.go.jp/gsdf/news/press/2020/pdf/20201006_02.pdf
    ※2 教育訓練研究本部 機関誌「陸上防衛」
      (https://www.mod.go.jp/gsdf/tercom/preparation.html
      教訓業務について(訓練評価部)
      (https://www.mod.go.jp/gsdf/tercom/img/file946.pdf
















2020年12月16日

2020年11月5日 第8期最先任上級曹長(師団等以上)課程「入校式」

  •  2020年11月5日(木)、教育訓練研究本部において、第8期最先任上級曹長(師団等以上)課程の入校式を実施しました。
     本課程は、師団・旅団等以上の指揮官を補佐する役目を担う「准陸尉、陸曹及び陸士の最上位職」としての人材を育成する約3か月間の課程です。
     各種研修等を通じて最先任上級曹長としての資質を養い、陸上自衛隊の准曹士の模範となる最先任上級曹長を目指します。





2020年12月16日

2020年11月27日 第65期指揮幕僚課程「卒業式」

  •  2020年11月27日(金)、教育訓練研究本部において、第65期指揮幕僚課程の卒業式を実施しました。
     2019年8月に入校した各学生は、約1年4か月を通じて、上級の指揮官及び幕僚として必要な知識や技能等を習得し、同課程を卒業しました。
     今後は、各部隊等において勤務するとともに、将来は上級の指揮官及び幕僚等として活躍することが期待されています。







2020年12月16日

2020年10月27日~29日 第65期指揮幕僚課程※「現地教育」

  •  2020年10月27日(火)から29日(木)までの間、上越地域において現地教育を実施しました。
     特に、机上において事前に地図を判読した上で、実際に現地を研修し、各学生の地図・地形判読能力を向上させました。

    通称「CGS(シージーエス)」(Command and General Staff Course)とは、共通の試験により選抜された要員に対し、約1年4か月の間、上級の指揮官及び幕僚として活躍する要員を育成するための教育です。







2020年11月19日

2020年10月27日 客員研究員招へい

  •  2020年10月27日(火)、教育訓練研究本部において、国士舘大学防災・救急救助総合研究所准教授の中林啓修(なかばやしひろのぶ)氏を客員研究員として招へいしました。
     教育訓練研究本部は本年7月、調査研究の充実を図る目的として国内外の研究者等を受け入れる「客員研究員制度」をスタートさせ、中林氏が初めての客員研究員となります。
     今後は、教育訓練研究本部及び所属する国士舘大学において、民事に関する研究を実施していただく予定となっております。









2020年11月19日

2020年10月1日・16日 米国派遣連絡幹部・防衛駐在官等帰朝報告会

  •  2020年10月1日(木)及び16日(金)、教育訓練研究本部において、米国派遣連絡幹部・防衛駐在官等帰朝報告会を実施しました。
     本報告会は、アメリカをはじめとする世界各国に派遣された隊員の帰国に伴い、派遣されていた地域周辺における国内外情勢の最新状況や派遣期間中に経験した様々な事柄について、職員及び入校中の学生に対して実施されました。
     なお、防衛駐在官の任務等につきましては、こちらをご参照ください。

    防衛省・自衛隊の『ここが知りたい!』防衛駐在官について
     (https://www.mod.go.jp/j/publication/shiritai/chuuzaikan/index.html)









2020年11月19日

2020年09月30日 令和2年度「第2回研究開発会同」

  •  2020年9月30日(水)、教育訓練研究本部において、「令和2年度第2回研究開発会同」を実施しました。
     本会同では、教育訓練研究本部及び陸上自衛隊の職種学校等が陸上自衛隊の将来を見据えた様々な研究について議論しました。


2020年10月26日

2020年09月09日 令和2年度「北海道訓練センター(HTC)※」 第2次運営

  •  2020年9月3日(木)から9日(水)までの間、北海道矢臼別演習場において、「令和2年度北海道訓練センター(HTC)第2次運営」を実施しました。
     本運営は、普通科連隊を基幹として、戦車部隊及び野戦特科部隊を含む諸職種協同部隊に対して実動対抗演習の場を設定して、指揮幕僚活動を定性的に評価するとともに、戦闘を客観的・計数的に評価して、部隊の練度を向上しました。
     今回は、第33普通科連隊を基幹とする第33戦闘団が攻撃部隊、第6普通科連隊を基幹とする増強第6普通科連隊が防御部隊として訓練に参加しました。

     通称「HTC(エイチ・ティー・シー)(Hokkaido Training Center)」とは、北海道の広大な演習場を利用した実動による対抗演習を実施することが可能であり、演習中は分析官による状況の分析が実施されており、常に部隊の評価が判定されます。











2020年10月26日

2020年09月03日 第65期「指揮幕僚課程」 統率論研究

  •  2020年9月1日(火)から3日(木)までの間、課目「統率論研究」の成果発表会を実施しました。
     2019年8月より入校している各学生は、連隊長及び群長等の上級指揮官として必要な統率を研究し、将来の自己修養の方向性について模索しました。




2020年10月26日

2020年08月31日 教育訓練研究本部セミナー

  •  2020年6月22日(月)から8月31日(月)の間、目黒駐屯地において教育訓練研究本部セミナーを開催しました。
     本セミナーでは、民間企業の専門家の皆様から教育訓練研究本部等に所属する研究員等に対して、様々な分野の先端技術動向につい て幅広いご提案を頂きました。
     ご提案頂いた内容は陸上自衛隊全体で広く共有しており、今後の各種 研究の参考とさせて頂きます。
     この場を借りて、ご参加頂いた企業及び関係者の皆様に御礼申し上げます。





2020年09月28日

2020年08月28日 第80期「幹部高級課程 ※1」入校式




  •  2020年8月28日(金)、第80期「幹部高級課程」の入校式を執り行いました。
      ※1「幹部高級課程(通称:AGS(エージーエス)(ADVANCED GENERAL STAFF COURSE)」とは、
        大隊長等の指揮官経験者から選抜した要員に対して行う、約6か月間の上級指揮官・幕僚を養成するため
         の教育です。同課程の修了後は引続き統合幕僚学校「統合高級課程(通称:JAC(ジャック)(JOINT
         ADVANCED COURSE)」で、陸上、海上及び航空自衛隊の統合運用に関する研修を行います

2020年09月28日

2020年08月06日 第48期「技術高級課程 ※2」富士学校現地教育及び開発実験団現地教育

  •  2020年8月5日(水)及び6日(木)、富士駐屯地において普通科、特科及び機甲科の各職種の最新装備、開発実験団が行う各種装備品の試験業務について研修しました。
      ※2「技術高級課程(通称:TAC(タック)(TECHNICAL ADVANCED COURSE)」とは、理・工学
        修士又は同等の能力を有する隊員から選抜した要員に対して行う、約1年間の技術研究開発の専門家及び
          上級指揮官・幕僚を育成するための教育です。




2020年09月28日

2020年07月20日 第48期技術高級課程「防衛産業現地教育」

  •  2020年7月15日(水)、日本電気株式会社府中事業場(東京都府中市)を、
    20日(月)に藤倉航装株式会社船引工場(福島県田村市)をそれぞれ研修しました。
     本教育を通じ、防衛生産・技術基盤の現状及び維持上の問題点等を学生に理解させるとともに、各基盤の維持向上施策について考えさせました。

2020年08月28日

2020年07月13日・14日 第1回教育訓練研究会同

  •  2020年7月13日(月)及び14日(火)、目黒駐屯地等において、第1回教育訓練研究会同を実施しました。
     本会同は、教育訓練研究本部と陸上自衛隊の各職種学校が組織の枠を越えて、積極的に教育訓練の成果や問題点を共有及び意見交換をする場となっております。

2020年08月28日

2020年07月08日 第7期最先任上級曹長課程「卒業式」

  •  2020年7月8日(水)、第7期最先任上級曹長課程の卒業式を実施しました。
     卒業後は、各師団・旅団等の指揮官を補佐する役目とともに、准陸尉・陸曹の最上位職としての活躍が期待されております。

2020年08月28日

2020年06月23日 第79期幹部高級課程「防衛産業現地教育」

  •  2020年6月23日(火)、課目「防衛産業現地教育」において、横河電子機器株式会社秦野事業所(神奈川県)を研修しました。
     本教育により、防衛産業の生産基盤・技術基盤の現状、問題点等について学生に理解させるとともに、各基盤の維持向上施策について考察させました。

2020年07月28日

2020年06月13日 国際緊急援助活動総合訓練に係る教訓業務(06月07日~06月13日)

  •  2020年6月7日(日)から13日(土)までの間、青森県八戸演習場において、第9師団が実施した「国際緊急援助活動総合訓練」に参加し、これまでの派遣で得られた過去の教訓事項を普及するとともに、新型コロナウイルス感染症対策に係る教訓の一案を提供しました。
     また、本訓練において実際に派遣された際に予想される新型コロナウイルス対応要領に係る教訓等を収集しました。




2020年07月28日

2020年06月10日 第7期最先任上級曹長課程「職種運用概説」(05月11日~06月10日)

  •  2020年5月11日(月)から6月10日(水)までの間、課目「職種運用概説」において、各職種学校※1を研修しました。
     本研修においては、各学校長等訓話の聴講、各職種※2の運用概説教育の受講、各学校最先任上級曹長等との意見交換等を実施しました。
      ※1陸上自衛隊の学校(こちらをクリック)をご参照ください(幹部候補生学校と高等工科学校を除く)
      ※2陸上自衛隊の職種(こちらをクリック)をご参照ください




2020年07月28日

2020年05月20日 第79期幹部高級課程「合同統合教育」(03月31日~05月20日)

  •  2020年3月31日(火)から5月20日(水)までの間、統合幕僚学校で実施された合同統合教育において、統合運用に必要な知識及び技能を修得させました。
     また、陸上・海上・航空自衛隊の各学生が、相互に自らの自衛隊の概要を説明し合う機会を通じて海上・航空自衛隊の運用について理解を深めさせました。

2020年06月22日

2020年05月15日 新型コロナウイルス感染症対応(04月16日~05月15日)

  •  2020年4月16日(木)から5月15日(金)までの間、衛生業務支援として自衛隊中央病院に派遣されていた部隊医学実験隊の医官3名、准看護師2名及び衛生支援要員5名について、衛生業務支援の終了に伴い、自衛隊中央病院長よりメダルの贈呈を受けました。

2020年06月22日

2020年03月26日 訓練評価支援隊編成完結

  •  2020年3月26日(木)、北千歳駐屯地におきまして、北部方面総監部幕僚長、陸上幕僚監部運用支援・訓練部長及び北千歳駐屯地司令(第1特科団長)の陪列のもと、訓練評価支援隊の新編行事を実施しました。

2020年05月19日

2020年03月24日・30日 各課程入校式

  •  2020年3月24日(火)に第48期技術高級課程入校式、3月30日(月)に第79期幹部高級課程合同入校式をそれぞれ実施しました。

2020年05月19日

2020年03月06日・13日 各課程卒業証書授与式

  •  2020年3月6日(金)に第78期幹部高級課程卒業証書授与式、3月13日(金)に第64期指揮幕僚課程及び第47期技術高級課程合同卒業証書授与式をそれぞれ実施しました。

2020年05月19日

2020年02月28日 編成装備品論文発表会(第47期技術高級課程)

  •  2020年2月28日(金)、課目「編成装備論文」の発表会を実施しました。 本課目では学生個人ごとに将来の戦い方等を検討するとともに、企業等を訪問して将来の技術動向について情報収集し将来必要な装備品等の研究能力を涵養させました。

2020年03月16日

2020年02月04日 文化教育(第65期指揮幕僚課程)

  •  2020年2月4日(火)、課目「文化教育」を実施し、各国留学生及び日本人学生に母国及び日本の政治・文化・歴史並びにこれらを踏まえた母国軍及び自衛隊の特性について相互に紹介させ、国際感覚を養成するとともに留学生と日本人学生の間の相互理解を促進させました。

2020年03月16日

2019年12月11日 陸自兵站等現地教育(第78期幹部高級課程)

  •  2019年12月11日(水)、課目「国家政策(産業構造)」を実施し、日本通運株式会社において、陸・海・空民間輸送力の現状、民間輸送力運用上の課題等について説明を受けるとともに、東京湾において同社危険物運搬船を研修し、民間輸送の概要について現地教育を実施しました。

2020年01月28日

2019年12月11日 カナダ陸軍教義訓練センター来訪

  •  2019年12月11日(水)、カナダ陸軍教義訓練センター戦闘訓練センター長オーヴァーバース大佐が目黒駐屯地を来訪され、副本部長以下で教育訓練研究本部の概況ブリーフィング等を実施しました。

2020年01月28日

2019年12月07日・08日 国際安全保障学会

  •  2019年12月7日(土)から8日(日)までの間、同志社大学において実施された、「国際安全保障学会」2019年次大会に研究員が発表しました。

2020年01月28日

2019年11月18日~12月13日 職種運用概説(第6期最先任上級曹長課程)

  •  2019年11月18日(月)から12月13日(金)の間、各職種学校を研修し、各職種の運用概説の受講、各学校最先任上級曹長等との意見交換等を実施し、将官を補佐する最先任上級曹長のあるべき姿及び職種運用の概要について教育を実施しました。

2020年01月28日

2019年11月11日~15日 上級幹部集合教育

  •  2019年11月11日(月)から15日(金)の間、「上級幹部集合教育」を実施し、上級幹部の意識改革を図るとともに、職務を的確にし得るよう資質・識能の向上を図った教育を実施しました。


2019年12月18日

2019年11月06日~08日 防衛産業現地教育(第47期技術高級課程)

  •  2019年11月6日(水)から8日(金)の間、「防衛産業現地教育」を実施し、東芝インフラシステムズ株式会社小向事業所、宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパス及び三菱電機株式会社通信機製作所において、現地教育を実施しました。


2019年12月18日

2019年10月13日~31日 台風19号等に伴う災害派遣

  •  2019年10月13日(日)から31日(木)の間、教育訓練研究本部に教訓センターを設置するとともに、教訓アドバイザー及び情報収集要員を陸上総隊司令部、東部方面総監部、東北方面総監部、第1師団司令部及び第12旅団司令部に派遣しました。
     また、統合任務部隊(JTF)司令部に増強幕僚を派遣するとともに、統合幕僚監部の連絡幹部(LO)として各自治体との連携を強化するため各県庁へ派遣しました。





2019年11月12日

2019年10月08日 在日米陸軍司令官表敬受

  •  2019年10月8日(火)、在日米陸軍司令官ルオン少将の表敬を受け、教育訓練研究本部と在日米陸軍間のあらゆる分野を通じた関係を継続・発展させることを確認しました。


2019年11月12日

2019年08月28日 第78期幹部高級課程(合同入校式)

  •  2019年8月28日(水)、統合幕僚副長、陸上幕僚副長、海上幕僚副長及び航空幕僚副長を主賓に迎え、統合幕僚学校長、海上自衛隊幹部学校長、航空自衛隊幹部学校長及び教育訓練研本部長を共同執行者として入校式を挙行しました。


2019年09月19日

2019年08月23日 着任行事

  •  2019年8月23日(金)、新本部長 田中陸将の着任行事を挙行しました。


2019年09月19日

2019年08月22日 離任行事

  •  2019年8月22日(木)、前本部長 岩谷元陸将の離任行事を挙行しました。


2019年09月19日

2019年07月11日・12日 令和元年度教育訓練研究委員会

  •  2019年7月11日(木)から12日(金)の間、総合企画部長を長とし、各部隊及び機関の研究開発、基本教育及び訓練評価業務関係者の参加を得て、令和元年度教育訓練研究委員会を実施しました。


2019年09月05日

2019年07月08日~12日 上級幹部集合教育

  •  2019年7月8日(月)から12日(金)の間、上級幹部集合教育を実施し、上級幹部の意識改革を図るとともに、職務を的確に遂行し得るよう資質・識能の向上を図った教育を実施しました。


2019年09月05日

2019年06月18日~20日 第77期幹部高級課程

  •  2019年6月18日(火)から20日(木)の間、「防衛産業現地教育」を実施し、日本電気本社・展示施設、IHIエアロスペース富岡事業所及び三菱重工業特殊車両事業部相模原製作所において、現地教育を実施しました。


2019年08月06日

2019年06月10日~21日 第5期最先任上級曹長課程

  •  2019年6月10日(水)から21日(金)の間、「隊務想定」を実施し、部隊の隊務運営の状況を聞き取りにより把握し、問題点を分析、最先任上級曹長としての処置・対策を案出する要領を演練しました。


2019年08月06日

2019年05月14日~16日 第1回研究開発会同

  •  2019年5月14日(火)から16日(木)の間、陸上幕僚監部及び各研究実施機関等関係者の参加を得て第1回研究開発会同を実施しました。


2019年07月01日