地域貢献

地域住民との絆を深める

 弘前駐屯地曹友会は5月17日~19日までの間、駐屯地周辺のりんご園で援農ボランティアを実施した。

 この援農ボランティアは、弘前駐屯地が開庁した翌年の1969年から、平素より駐屯地周辺地域を持続走、行進訓練並びにスキー訓練等のコースとして活用させていただいている農家の方々に対し、基幹産業であるりんご栽培の摘花作業を通じて地域住民の一助となることを目的とし行われている。今年は、駐屯地隊員延べ128めいがボランティアに参加し、10件の農家の方々の下でりんごの摘花作業を実施した。

 隊員たちは、時折照りつける日差しの下で農家の方々からの指導を受けながら慎重に、黙々と摘花作業に励んだ。また、休憩・昼食時には農家の方々の苦労話やりんごの話題・自衛隊の話題などを通じて互いに交流を深めていた。援農ボランティアには駐屯地司令、業務隊長、第9偵察隊長、駐屯地最先任上級曹長、第39普通科連隊副連隊長、本部管理中隊長、重迫撃砲中隊長、会計隊契約班長も参加し、駐屯地の伝統を体験した。

一つ一つ丁寧に摘花する隊員

脚立を用いて高い所もぬかりなく摘花

駐屯地司令も援農に参加

参加メンバーで記念撮影