平成30年度自衛官候補生入隊式

 
 4月7日(土)・8日(日)に、青森県・岩手県・秋田県それぞれの各駐屯地において、「平成30年度自衛官候補生入隊式」が行われました。
 入隊式では、自衛官候補生として始めての儀式に27年ぶりに改正された新制服に身を包み、少し逞しくなった姿を家族の前に現した自衛官候補生達は力強い申告及び服務の宣誓を行い、決意の強さを伺わせました。
 自衛官への第1歩を踏み出した自衛官候補生は約3ヶ月間にわたる前期教育で、生涯の友となるであろう同期生と切磋琢磨しつつ、自衛官としての基礎を身につけていくこととなります。



第5普通科連隊(青森駐屯地)
父兄に晴れ姿を披露する自衛官候補生  服務の宣誓代表 米谷自衛官候補生
会食の様子 決意表明する橘自衛官候補生


第39普通科連隊(弘前駐屯地)
晴れ姿をお披露目 服務の宣誓代表 大田自衛官候補生
決意表明を述べる中村自衛官候補生 自衛官候補生に助言する班長


第9後方支援連隊(八戸駐屯地)
凛々しい姿の自衛官候補生 力強く申告する平田自衛官候補生
班長からの助言に耳を傾ける自衛官候補生 見違えた息子の姿に喜ぶ母親


第9特科連隊(岩手駐屯地)
65名による元気一杯の服務の宣誓 辞令書の交付を受ける女供(おんなとも)自衛官候補生
弟の見違えた姿に話が尽きない 家族に部隊章の説明をする自衛官候補生


第21普通科連隊(秋田駐屯地)
自衛官候補生として初の敬礼 服務の宣誓代表 麻生自衛官候補生
部隊着隊から入隊式までの自衛官候補生の様子のスライドを見ながら食事