師団の活動へ   
   
 前へ 次へ 
任務を完遂せよ
〜令和元年度第1次師団訓練検閲〜
 第6師団(師団長・蛭川陸将)は、6月10日から16日までの間、王城寺原演習場などにおいて「令和元年度第1次師団訓練検閲」を実施、第20普通科連隊(連隊長・梶1佐)及び第6偵察隊(隊長・野田2佐)の、「攻撃」における訓練の練度評価を行った。
 訓練開始式で蛭川統裁官は「各級指揮官は任務を完遂せよ」「信頼せよ、信頼されよ」「安全管理を徹底せよ」の3点の要望事項を掲げ、全隊員がこれを具現化すべく取り組むことを期待し訓示した
 受閲部隊は、状況開始後速やかに徒歩行進及び車両機動を開始し、綿密に計画した行進表に基づき整斉と行動した。行進終了後は、部隊行動を遅延することなく地域の安全化を図り、集結地を占領して、じ後の作戦を準備した
 戦闘団として編成された第20普通科連隊(第20戦闘団)は、師団の攻撃構想に基づき、総合戦闘力を最大限に発揮すべく協同部隊と綿密な調整を行い、敵先遣部隊を撃破して戦闘団の目標を奪取した。また、第6偵察隊は、作戦当初から敵の侵攻情報を確実に把握しつつ、地域内における敵の配置等を解明すべく監視網を構成し、敵情を解明した
 作戦間、各級指揮官は逐次に変化する戦況を的確に把握し、明確な企図のもとに適時適切な命令を与えるとともに、部隊長を中心に一致団結して、仲間を信頼し、信頼されながら任務に邁進。旺盛な士気、厳正な規律を保持して、堅固な意思の下に妥協することなく任務を完遂した
 師団は今後も、厳しい任務を完遂するため、いかなる困難にも立ち向かうための努力・精進を続ける。
訓示をする蛭川統裁官 検閲に臨む隊員たち
受閲前の隊容検査で万全の体勢を整える隊員たち
約40kmの徒歩行進をする第20戦闘団 約400kmの車両更新をする第6偵察隊
敵情偵察のため前進する第6偵察隊のオートバイ組と斥候組
集結地で攻撃前進準備をする第20戦闘団
指揮所周辺の障害構築をする本部班 アンテナを設置する通信小隊
凹地を前進し、敵陣地の裏側に向かう前衛小隊
81mm迫撃砲L16の射撃準備 地雷原処理をする施設作業小隊
藪に潜み敵を待ち構える 敵防御陣地に突撃
前線の攻撃に対し、支援射撃を行う重迫撃砲中隊の120mm迫撃砲RT
森の中に潜む第6偵察隊の監視レーダー 敵情監視をする第6偵察隊の斥候
負傷者の救護にあたる衛生小隊 給食を作る炊事班
戦闘指揮を執る第20戦闘団長 統裁官に敵情を説明する第6偵察隊長
敵陣地へ切迫する攻撃部隊 攻撃前進を支援する16式機動戦闘車
110mm個人携帯対戦車弾で対機甲戦闘 攻撃目標に向け突撃
対抗部隊(敵役)として防御戦闘中の第44普通科連隊
   
 師団の活動へ ページのトップへ戻る
   
 前へ 次へ 
   
   
  お問い合わせ先    
  第6師団司令部広報室 〒999−3797 山形県東根市神町南3丁目1−1    
   メールはこちら→ 電 話 0237−48−1151 (内線5374)  
FAX 0237−47−1784