師団は、令和2年6月2日(火)から6月16日(火)までの間北海道大演習場(恵庭・千歳地区)において、機械化部隊戦闘訓練(AC−TESC)を実施しました。本訓練は、示された状況に基づいて各戦車や装甲車、人員にレーザー交戦装置を装着して行う実戦的な訓練であり、参加部隊は本訓練を通じて練度の向上に努めました。
 
偵察を開始したオートバイ 警戒し前進する87式偵察警戒車
   
 
攻撃目標に向け前進する90式戦車 警戒し前進する10式戦車
   
   
84mm無反動砲を構える隊員 対空警戒中の87式自走高射機関砲
地雷原を開設する隊員と敵方を警戒する隊員 警戒前進する隊員
   
攻撃目標に向け前進する73式装甲車 無線において状況確認をする戦車長
 
   
 近接戦闘中の90式戦車 負傷した隊員(想定)を搬送する衛生隊員
新型コロナウイルス感染拡大防止用間仕切りが設置された統裁部
センターにおいて状況を確認する担任官(第7師団長)(上段右)
標旗を示し、訓練を統裁する隊員
 
   
   
   
   
 
   
戻 る