トップスライドショー
ホーム 旅団の活動 イベント情報 訓練紹介 駐屯地・部隊 リンク ご利用規約 お問い合わせ

 第5特科隊

 第5特科隊長の陳之内 宏(じんのうち ひろし)1等陸佐です。
 音更町、池田町、本別町、足寄町、陸別町をはじめ、地域住民の皆様には平素から自衛隊に対する格段のご理解・ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
 防衛警備、災害派遣等のあらゆる任務に即応し、地域住民の皆様の安全と安心を確保するため、「任務の完遂」を統率方針に、昨日よりも今日、今日よりも明日と、「チーム一丸」を要望事項に前進して参りますので、引き続きご支援・ご協力を賜りますようよろしくお願いします。

第5特科隊長

第5特科隊長 1等陸佐 陳之内 宏

訓 練 ・ 行 事 風 景 

令和2年度一般陸曹候補生課程入隊行事

令和2年4月5日

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、4月5日(日)、帯広駐屯地第1体育館において、「令和2年度一般陸曹候補生課程入隊行事」を挙行しました。
 今年度は、新型コロナウイルスによる感染防止・予防の観点から隊員のみで行事を行いました。
 式では、来賓である第5旅団長はじめ、各部隊長等が見守る中、一般陸曹候補生代表が「申告」を実施、全員で「服務の宣誓」を力強く行い、一般陸曹候補生として踏み出す決意を誓いました。
 執行官の陳之内1佐は、式辞において「自衛官としての自覚を持て」、「一般陸曹候補生としての誇りを持て」「同期の絆を大切にせよ」の3点を要望し、その門出を祝いました。

宣誓

宣 誓

旅団長

来賓 第5旅団長祝辞

執行官

執行官 陣之内1佐

勇姿

一般陸曹候補生の勇姿

ビデオ

防衛大臣からビデオメッセージ

区隊旗

区隊旗授与式

 

令和元年度一般曹候補生課程後期「野戦砲」教育及び
新隊員特技課程教育終了式

令和2年3月18日

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、3月18日(水)、令和元年度一般曹候補生課程後期「野戦砲」教育及び新隊員特技課程教育修了式を実施し、執行者から被教育者2名に対し修了証書が授与されました。
 執行者式辞において、「同期の絆を大切にし、各人がそれぞれ直面するであろう試練を共に乗り越え、真に役立つ第5特科隊隊員、ひいては、自衛官・社会人として、更に成長していくことを期待する。」と式辞を述べました。

申告

申 告

修了証書1 修了証書2
修了証書授与

執行者

執行者式辞

教育隊長

教育隊長(副隊長 及川2佐)訓示

区隊旗

隊旗返還

 

幹部任官行事

令和2年3月14日

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、3月14日(土)、帯広駐屯地において「幹部任官行事」を実施しました。
 任官式は、特科隊舎前において幹部自衛官及び最先任上級曹長が見守る中で実施され、幹部候補生2名は、隊長へ申告、辞令書の交付及び宣誓を実施し、隊長より激励の言葉を受けました。
 引き続き、駐屯地慰霊碑において黙祷、拝礼及び献花を行った後、隊駐車場において、隊長以下隊員が見守る中、砲班長動作として火砲操法(陣地進入~弾薬給弾~射撃)を実施しました。
 一連の行事の最後に任官者2名は、「責任感を持って任務にあたります」、「自ら考えて行動できる幹部になります」と決意を述べ、幹部自衛官としての第1歩を踏み出した。

辞令書

隊長より辞令書交付

任官者

幹部自衛官に任官した2名

慰霊碑

駐屯地慰霊碑に献花

火砲

火砲操法

決意表明

決意表明を行う任官者2名

 

令和元年度銃剣道競技会

令和2年3月3日

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、3月3日、帯広駐屯地第1体育館において「令和元年度銃剣道競技会」を実施しました。
 本競技会は、継続的な体力練成、銃剣道技術の向上、団結の強化及び士気の高揚を図ることを目的に中隊対抗団体戦を実施しました。
 開会式において、統裁官(隊長)は「全力を尽くせ」、「安全管理」の二点を要望し、選手を代表して第2射撃中隊の隊員が力強く宣誓を実施しました。
 試合は、各中隊長を大将に7名を編成、中隊からの声援を受け、白熱した戦いが繰り広げられました。
 結果は、第2射撃中隊が見事「優勝」の成果を収め、6勝を挙げた第2射撃中隊の隊員が「隊長賞」、5勝を挙げた同中隊の隊員が「敢闘賞」を受賞しました。

統裁官訓示

統裁官訓示

競技開始

競技開始

6勝

6勝を挙げた第2射撃中隊の陸曹(左)

教育隊長

5勝を挙げた第2射撃中隊の陸士(左)

区隊籏授与式

各中隊長による大将戦

記念写真

優勝した第2射撃中隊

 

2020エコパ冬まつり支援

令和2年1月19日

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、令和2年1月19日(日)、北海道立十勝エコロジーパーク(音更町)で行われた「2020エコパ冬まつり」に協力しました。
 本協力は、自衛隊に対する理解を深め、防衛基盤の育成を図ることを目的として行われ、来場した約160名の観客は、第5音楽隊によるアンサンブル演奏に大いに盛り上がりました。

協定書の授受

協定書の授受

第5音楽隊による演奏

第5音楽隊による演奏

アンサンブル演奏

アンサンブル演奏に集まる観客

砲班員と連携

自衛隊帯広地方協力本部による募集広報コーナー

 

令和元年度一般曹候補生課程「野戦砲」教育入隊

令和2年1月9日

  第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、令和2年1月9日(木)、令和元年度第14期一般曹候補生課程後期「野戦砲」教育入隊式を実施しました。
 隊長より「部隊への愛着を持つこと。」「お互いに助け合うこと。」と訓示を受けました。 本教育は、3月18日まで実施されます。

執行者式辞

執行者式辞

申告

申 告

教育隊長

教育隊長

区隊籏授与式

区隊旗授与式

武器貸与式

武器貸与式

 

年始安全祈願及び令和2年訓練始め

令和2年1月8日

  第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、令和2年1月8日(水)、装軌車駐車場において、年始安全祈願を実施しました。
 隊長より隊基準砲へお神酒がけが行われ、続いて各中隊長が中隊火砲へそれぞれお神酒をかけ、今年1年の安全を祈願しました。
 引き続き、同駐車場において「令和2年訓練始め」として非実射連携訓練を実施、団結の強化を図るとともに、令和2年の隊務運営にあたり円滑な初動を期しました。

隊長訓示

隊長訓示

隊長から各中隊長へ

隊長からお神酒を受け取る各中隊長

隊基準砲にお神酒

隊基準砲にお神酒がけをす隊長

射撃を指揮する隊員

射撃を指揮する隊員

砲班員と連携

砲班員と連携する照準手

 

創立15周年記念行事「火砲祭」

令和元年12月1日

  隊(隊長 陳之内1佐)は、令和元年12月1日(日)、第5特科隊創立15周年記念行事「火砲祭」祝賀会をベルクラシック帯広で実施し、隊員の士気高揚を図るとともに、協力各団体及び地方自治体との親睦を深め、特科隊に対する支援協力基盤の育成と強化を図りました。
 祝賀会に先立ち、感謝状贈呈式を挙行し、3名の方へ第5特科隊長から感謝状を贈呈させて頂きました。
 祝賀会では、足寄町長 渡辺俊一様、東北海道自衛隊協力会連合会長 髙橋勝坦様によりご祝辞、陸別町長 野尻秀隆様に祝杯のご発声を頂き、第5音楽隊による演奏に引き続き、第5特科隊歌の斉唱を行い、結びに美幌町長 平野浩司様の万歳三唱で盛会の内に終了しました。

感謝状

感謝状贈呈式

挨拶

陣之内隊長による挨拶

足寄町長

足寄町長 渡辺俊一様によるご挨拶

陸別町長

陸別町長 野尻秀隆様による祝杯

第5音楽隊出席者全員で第5特科隊歌の斉唱
(第5音楽隊による演奏)

美幌町長

美幌町長 平野浩司様による万歳三唱

 

令和元年度職種等強化施策(特科)

令和元年11月17日~28日

  隊(隊長 陳之内1佐)は、令和元年11月17日(日)から28日(木)までの間、矢臼別演習場において「令和元年度職種等強化施策(特科)」に参加しました。
 本訓練は、 「一連の状況下における目標情報の収集・処理及び迅速・適切な射撃指揮」、「観測機関の標定能力(夜間を含む。)の向上」、「陣地(指揮所地域)の偵察及び占領」、「方面直轄の情報部隊等と連携した目標情報の収集・共有」を主要演練項目として実施し、隊としての射撃に資する目標情報の収集・処理、目標情報に応ずる効果的な射撃に関する指揮幕僚活動及び各観測機関の実射標定の練度向上を図りました。
 また、本訓練と併せて、本部管理中隊長の計画による「令和元年度管理小隊訓練検閲」を実施し、管理小隊の訓練練度を確認するとともに進歩向上を促しました。

指揮所活動

指揮所活動

観測斥候

観測斥候

測量班

測量班

有線構成

有線構成

レーダー班

レーダー班

隊容検査

管理小隊検閲 隊容検査

 

航 空 機 体 験 搭 乗

令和元年11月3日

 隊(隊長 陳之内1佐)は、令和元年11月3日(日)、足寄分屯地及び帯広駐屯地において、第5飛行隊の協力を得て、今年度初めてとなる航空機体験搭乗を実施しました。 今回、自衛隊及び第5特科隊に対する理解を深めていただくことを目的に自衛隊協力会関係者、募集対象者の合わせて約25名が搭乗しました。
 当日、十勝晴れの澄み切った秋空の中、足寄分屯地において1フライト、帯広駐屯地において4フライトを実施し搭乗を終えた高校生から「思った以上に高くテンションも上がりとてもいい思い出になりました。」、また、「まるでジオラマを見ているようでとても貴重な体験ができました。」との感想が寄せられ、搭乗した機体を撮影するなど、思い思いに楽しんでいました。

足寄分屯地

足寄分屯地にて記念写真

ヘリに搭乗

ヘリに搭乗する様子

帯広駐屯地

帯広駐屯地にて記念写真

記念品

搭乗者へ記念品贈呈

 

令和元年度一般曹候補生課程後期「野戦砲」教育及び
新隊員特技課程教育修了式

令和元年10月11日

 隊(隊長 陳之内1佐)は、令和元年10月11日(金)一般曹候補生課程後期「野戦砲」教育及び新隊員特技課程修了式を実施しました。
 その後、隊員から区隊長へ区隊旗が返還されました。隊員一人ひとりに修了証書を授与された。
 優秀な成績を収めた隊員に第5旅団長賞、第5特科隊長賞、教育隊長賞が執行者及び教育隊長より授与されました。

申告

申 告

区隊旗返還▲区隊旗返還

第5旅団長賞▲第5旅団長賞

第5特科隊長賞

第5特科隊長賞

第5特科隊教育隊長賞

第5特科隊教育隊長賞

記念撮影

記念撮影

 

令和元年度実射検閲

令和元年8月29日

 隊(隊長 陳之内1佐)は、令和元年8月29日(木)、矢臼別演習場において、今年度最大の目標である実射検閲を受閲しました。
 受閲に先立ち、8月26日(月)、関係弾道癖射撃及び実射練成訓練を実施し、27日(火)には、非実射連携訓練を実施して、万全の態勢で受閲に臨みました。
 隊長要望事項である「すべての意識を弾先に帰一せよ」を具現化すべく、全隊員一丸となり訓練の成果を発揮、良好な成績を収めました。

総合戦闘射撃

訓練開始式

実射

射撃前の砲口通し

陣地進入

陣地進入

コリメーター

コリメーターの設置

方面防衛部長視察

射撃命令を下達する砲班長

新隊員実射研修

砲煙を放つ榴弾砲

 

総合戦闘射撃

令和元年7月19日~28日

 隊(隊長 陳之内1佐)は、令和元年7月19日(金)から28日(日)までの間、北海道大演習場島松地区において「令和元年度総合戦闘射撃訓練」に参加しました。
 本訓練は、普通科部隊の攻撃における諸職種の火力を総合発揮する要領について演練するとともに、8月に受閲する隊実射検閲のための練度向上を目的として行いました。
 また、一般陸曹候補生課程(後期)「野戦砲」教育及び新隊員特技課程の被教育者に対して、99式自走155mm榴弾砲の実射を研修させ、操法の重要性を認識させるとともに協同精神の涵養を図りました。

総合戦闘射撃

FOによる目標標定

実射

実射(第3射撃中隊)

方面防衛部長視察

方面防衛部長視察

新隊員実射研修

新隊員実射研修

 

持続走競技会

令和元年7月11日~12日

 隊(隊長 陳之内1佐)は、隊は、令和元年7月11日(木)及び12日(金)、帯広駐屯地において、持続走競技会(6km)を実施し、継続的な体力練成、基礎体力及び気力の向上を図るとともに、団結の強化及び士気の高揚を図りました。
 参加した全隊員が最後まで諦めず全力で競技に臨みました。
競技結果

実射

第1組スタート

方面防衛部長視察

選手宣誓

新隊員実射研修

中隊対抗の部「優勝」第2射撃中隊

 

令和元年度第1回旅団砲迫観測訓練

令和元年7月8日~10日

 隊(隊長 陳之内1佐)は、令和元年7月8日(月)から10日(水)までの間、「令和元年度第1回旅団砲迫観測訓練」を北千歳駐屯地、東千歳駐屯地及び長沼スキー場で実施しました。
 本訓練は、生地における自己位置標定訓練、目標位置の決定のための訓練及び観測シミュレータによる観測訓練を行いました。
 参加した隊員は、本訓練の目的である砲迫射撃の概要を修得し、旅団の火力戦闘能力の最大限発揮に寄与するため、各訓練を反復演練し、観測能力の向上を図りました。

生地訓練(長沼スキー場)

 

2019エコパグリーンコンサート

令和元年7月7日

 隊(隊長 陳之内1佐)は、令和元年7月7日(日)、北海道立十勝エコロジーパーク(音更町)で行われた「2019エコパグリーンコンサート」に協力しました。
 当日、約160名の観客は、第5音楽隊による歌や踊りを交えた演奏に大いに盛り上がりました。

総合戦闘射撃

第5特科隊と主催者との協定書締結

実射

第5音楽隊による野外演奏

 

一般曹候補生課程後期「野戦砲」教育及び新隊員特技課程教育

令和元年7月4日

 隊(隊長 陳之内1佐)は、令和元年7月4日(木)一般陸曹候補生課程(後期)「野戦砲」及び新隊員特技課程教育入隊式を実施しました。
 男性隊員9名、女性隊員3名が入隊式に臨み、執行者(隊長 陳之内1佐)より教育開始にあたり「部隊への愛着を持つこと」「お互いに助け合うこと」の2点を要望しました。
 なお、本教育は10月初旬まで実施されます。

総合戦闘射撃

隊旗授与式

実射

武器貸与式

記念撮影

記念撮影

 

隊内生活体験

平成31年4月10日~11日

 隊(隊長 陳之内1佐)は、平成31年4月10日(水)及び4月11日(木)の2日間、自衛隊及び帯広駐屯地に対する理解と防衛に対する興味の振起を目的に、第3射撃中隊(中隊長 石井3佐)の担任により、3個企業15名に対して隊内生活体験を実施しました。
 参加者は、被服交付及び着隊報告を済ませた後、基本教練、防衛教養、野外衛生、徒歩行進(10km)を実施しました。徒歩行進では、駐屯地内の起伏あるコースを全員が最後まで完歩し、ゴールの第5特科隊舎前では、隊員の盛大な出迎えを受け参加者からは「坂がきつかったけど、みんなに出迎えてもらって嬉しかった。」との感想が寄せられました。
 最後は、参加企業担当者が見守る中、担任官へ離隊報告をし、担任した指導部及び訓練班の隊員が、参加者全員ひとりひとりに、握手を交わし見送りました。

着隊報告

基本教練

▲隊員食堂での体験喫食

▲背のうを背負い10km行進訓練へ

ゴールでは第5特科隊員の出迎え

▲99式155㎜自走榴弾砲の前での記念撮影

 

第59回北海道銃剣道選手権大会

平成31年3月30日~31

 隊(隊長 陳之内1佐)は、平成31年3月30日(土)及び3月31日(日)恵庭市総合体育館において行われた「第59回北海道銃剣道選手権大会」に参加して、団体自衛官成年2部にAチーム(監督 源准尉)とBチーム(監督 三苫3曹)の2個チームが、自衛官青年1部(監督 佐藤1曹)及び2部(監督 三苫3曹)に各1個チームが出場しました。団体自衛官成年2部のAチームは、参加した37個チーム中「優勝」の輝かしい成績を収めました。また、個人戦においては、成年及び青年の部に5名が参加し、自衛官青年1部(24歳以上26歳以下)において、第3射撃中隊 花田3曹が36名中「優勝」の成績を収め、自衛官青年2部(16歳以上23歳以下)において第3射撃中隊 田邉3曹が67名中「第3位」の成績を収め、参加選手それぞれが奮闘を見せました。

隊長へ優勝報告

団体自衛官成年2部「優勝」

個人戦 自衛官青年1部「優勝」花田3曹

個人戦 自衛官青年2部「第3位」田邉3曹

選手を鼓舞する監督

観覧席から声援する第5特科隊隊員

 

第8代 第5特科隊長 陳之内1佐 着任

平成31年3月26日

 平成31年3月26日(火)、第8代 第5特科隊長 陳之内 宏1等陸佐が着任しました。着任に先立ち、旅団長より「隊長を核心として、一致団結、任務に邁進してほしい。」と紹介を受けました。着任式において隊長は、「任務の完遂」を統率方針とし、「チーム一丸」を要望すると訓示しました。その後、観閲行進、状況報告、初度巡視を実施し、速やかに部隊を掌握しました。

第8代 第5特科隊長 陳之内1佐

旅団長より紹介を受ける
第5特科隊長(右)
着任式(巡閲)

観閲行進 初度巡視

 

TOPへ

 

戻る


このページは、第5旅団司令部総務課広報班で管理しております。