トップスライドショー

第5特科隊

 第5特科隊長の石崎 美生(いしざき よしお)です。
 音更町、池田町、本別町、足寄町、陸別町をはじめ、地域住民の皆様には平素から自衛隊に対する格段のご理解・ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 防衛警備、災害派遣等のあらゆる任務に即応し、地域住民の皆様の安全と安心を確保するため、部隊隊員一丸となって努力して参りますので、引き続きご支援・ご協力を賜りますようよろしくお願いします。

第5特科隊長

第5特科隊長 1等陸佐 石崎 美生

訓 練 ・ 行 事 風 景 

令和4年度演習場春季定期整備new

令和4年5月8日~18日 

 第5特科隊(隊長 石崎1佐)は、令和4年5月8日(日)~18日(水)の間、矢臼別演習場において令和4年度演習場春季定期整備に参加しました。
 特科隊整備開始式において、特科隊整備隊長 黒川2佐は「整備任務の完遂」、「安全管理」、「健康管理及び感染予防」の3点を要望しました。
 整備隊は不発弾捜索、防火帯整備・野焼き、観測所整備、各中隊ごとの整備担任地域の道路整備等を実施し、その任務を完遂しました。 

捜索

野焼き

不発弾捜索

野焼き

会議

宿営地

作戦会議 宿営地整備

改修

草刈
側溝改修 外柵沿い整備
※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し整備を実施しています。
 

令和4年度砲班競技会new

令和4年4月13日~15日 

 第5特科隊(隊長 石崎1佐)は、令和4年4月13日(水)~15日(金)の間、帯広駐屯地において「令和4年度砲班競技会」を行いました。
 本競技会は、砲班員各個の特科戦技能力の向上及び砲班の連携強化を図るとともに、中隊の迅速・果敢かつ強靭な戦闘行動の確立に資することを目的とし、各射撃中隊3コ砲班が参加しました。
 各砲班は、陣地占領準備から陣地占領、陣地変換までの一連の動作を砲班長以下一丸となって実施し、日頃の訓練成果を出し切りました。

命令下達

有線構成

陣地進入

班員に指示を出す砲班長

点検

埋設

個人壕の掘開 第1位 第2射撃中隊
※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。
 

令和4年度通信競技会new

令和4年4月18日~19日 

 第5特科隊(隊長 石崎1佐)は、令和4年4月18日(月)~19日(火)の間、帯広駐屯地において「令和4年度通信競技会」を行いました。
 本競技会は、通信の戦技能力の向上を図るとともに、中隊の団結強化及び士気の高揚を目的とし、各中隊から徒歩構成組と無線通信手がそれぞれ競技会に参加しました。
 競技種目である徒歩構成組による有線構成においては、精度の追求及び有線構成完了時刻内に構成できるように、またFM無線通信による電文の送受信においては確実な無線機の設定のもと、正確・迅速に通信文を伝達するべく競技に臨みました。

命令下達

有線構成

組長による命令下達

有線構成開始!

点検

埋設

導通点検 埋 設

無線通話

優勝
正確・迅速な無線通話 第1位 本部管理中隊
※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。
 

令和4年度射撃指揮競技会new

令和4年4月5日~6日 

 第5特科隊(隊長 石崎1佐)は、令和4年4月5日(火)~6日(水)の間、帯広駐屯地において「令和4年度射撃指揮競技会」を行いました。
 本競技会は、射撃指揮能力の向上を図るとともに、中隊の団結強化及び士気の高揚を目的として実施し、各射撃中隊より1個班が参加しました。
 競技は、普通科部隊に火力協力する射撃中隊の行動における指揮班の行動を一連の状況下で実施し、射撃諸元算定の速度と精度を競いました。

コンパス

測遠機

中隊装置による射撃諸元算定

図版による射撃諸元算定

双眼鏡

偵察

目標位置の確認 前進観測班と射撃指揮通話

調整

第1位 第1射撃中隊
※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。
 

令和4年度前進観測班競技会new

令和4年4月11日~12日 

 第5特科隊(隊長 石崎1佐)は、令和4年4月11日(月)~12日(火)の間、然別演習場において「令和4年度前進観測班競技会」を行いました。
 本競技会は、前進観測班の基礎的能力の向上を図るとともに、前進観測班の団結強化及び士気の高揚を目的とし、各射撃中隊より1個班が参加しました。
 競技はコンパス行進、観測位置の準備、目標の捜索・標定及び火力調整の課目で実施し、参加した前進観測班はそれぞれ全力を尽くして競技に臨みました。

コンパス

測遠機

コンパス行進

携帯測遠機による目標の捜索標定

双眼鏡

偵察

双眼鏡による目標の捜索標定 有線構成偵察

調整

優勝

普通科中隊との火力調整 第1位 第1射撃中隊
※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。
 

令和3年度第2射撃中隊訓練検閲

令和4年2月24日~3月2日 

 第5特科隊(隊長 石崎1佐)は、令和4年2月24日(木)~3月2日(水)の間、然別演習場において、第4次旅団訓練検閲の場を活用して令和3年度第2射撃中隊訓練検閲を行いました。
 第2射撃中隊長は、統裁官(隊長)要望事項「あらゆる困難を克服し火力戦闘を継続せよ」を受け、中隊一丸となり任務を遂行しました。

構築

隊長挨拶

編成完結

人員壕の構築

陣地変換

HMG

陣地変換中の155mm自走榴弾砲 重機関銃による対空戦闘

女性

警戒

射撃任務を付与する女性隊員 対空警戒中の女性隊員
※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。
 

令和4年年始行事

令和4年1月11日 

 第5特科隊(隊長 石崎1佐)は、令和4年1月11日(火)帯広駐屯地において年始安全祈願を行いました。
 今年度新たに納入された新火砲へお神酒がけが行われ、続いて各中隊長が中隊火砲へそれぞれお神酒をかけ、今年1年の安全を祈願しました。
 引き続き、駐屯地内で訓練始めとして、持続走を実施し、団結の強化を図ることができました。

訓示

お神酒

隊長訓示

隊長から各中隊長へお神酒下賜

お神酒がけ

持続走

中隊長による火砲へのお神酒がけ 各中隊ごと持続走訓練

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し行事を実施しています。

 

2022エコパ冬まつり

令和4年1月16日 

 第5特科隊(隊長 石崎1佐)は、令和4年1月16日(日)音更町北海道立十勝エコロジーパークで行われた「2022エコパ冬まつり」に協力しました。
 新型コロナウイルス感染予防を徹底して行われた第5音楽隊によるアンサンブル演奏は「となりのトトロ」などの人気曲を歌と踊りを交えて実施され、訪れた115名の観客を大いに楽しませました。

訓示

お神酒

協定書締結

クラリネットアンサンブル演奏

お神酒がけ

持続走

演奏で観客を魅了 募集広報活動をする帯広地方協力本部

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し行事を実施しています。

 

創隊17周年記念行事

令和3年12月11日 

 第5特科隊(隊長 石崎1佐)は、令和3年12月11日(土)帯広駐屯地において創隊17周年記念行事を行い、協力諸団体及び関係自治体との親睦を深め、第5特科隊に対する支援協力基盤の育成と強化を図りました。
 新型コロナウイルス感染症対策により規模を縮小しての開催となりましたが、行事に先立ち、感謝状贈呈式を挙行し、3名の方に感謝状を贈呈しました。
 その後、幹部食堂において、音更町長をはじめ、警備隊区関係者、協力諸団体会長、オピニオンリーダー、防衛モニター、駐屯地モニターの方々のご臨席のもと、祝賀会食を行い、第5特科隊の部隊活動に関するビデオ投影に加え、第5音楽隊のアンサンブル演奏が会に華を添え、結びは最先任上級曹長による三本締めで盛会の内に終了しました。

記念撮影

隊長挨拶

感謝状贈呈式
(撮影時のみマスク脱着)

隊長挨拶

会長

会食

十勝山吹会長挨拶 祝賀会食・歓談

演奏

締め

第5音楽隊によるアンサンブル演奏 最先任上級曹長による三本締め
 

令和3年度職種機能等強化(火力)

令和3年11月17日~27日 

 第5特科隊(隊長 石崎1佐)は、令和3年11月17日(水)~27日(土)までの間、矢臼別演習場において行われた「令和3年度職種機能等強化(火力)」に参加しました。
対抗部隊として陣地占領及び射撃の現示を実施するとともに、その機会を活用して頻繁な小移動と広域分散を併用した実射練度の向上、欺騙行動及び警戒・自衛戦闘に関する練度向上の資を得ました。

教育

FDC

安全教育

射撃指揮班

火砲

発射

小移動する火砲 初弾発射
 

令和3年度一般陸曹候補生課程修了式

令和3年6月26日 

 第5特科隊(隊長 石崎1佐)は、令和3年6月26日(土)「令和3年度一般陸曹候補生課程修了式」を行いました。
 新型コロナウイルス感染症対策により部内者のみで執り行われ、各部隊長陪列のもと、執行者(隊長)から代表者に修了証書が授与され、区隊長から隊員一人ひとりに配置先が通知されました。
 また、優秀な成績を収めた隊員には、第5旅団長賞、第5特科隊長賞、体力優秀賞及び射撃優秀賞が授与されました。
 来賓を代表して自衛隊帯広地方協力本部長は、「自らの職種に誇りを持ち、誰からも頼られる陸上自衛官になってほしい」と祝辞を送りました。
 また、執行者は式辞において、「自衛官として、社会人として、自らを律し、新任地における新たな同期とともに更に努力を重ね、陸上自衛隊の中核となれるよう成長していくことを期待している」と述べ、その門出を祝いました。

申告

申告

執行者

執行者 第5特科隊長

修了証書

修了証書の授与

通知

配置先を通知される一般陸曹候補生

表彰

優秀な成績を修めた隊員に表彰

祝辞

自衛隊帯広地方協力本部より祝辞

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し行事を実施しています。
 

令和3年度一般陸曹候補生課程後期(野戦砲)

及び新隊員特技課程教育入隊式

令和3年7月2日 

 第5特科隊(隊長 石崎1佐)は、令和3年7月2日(金)「令和3年度一般陸曹候補生課程後期(野戦砲)及び新隊員特技課程教育入隊式」を行いました。
式に臨んだ隊員は、力強く宣誓を行ない、執行者(隊長)は教育開始にあたり、「自ら進んで野戦特科隊員としての基本基礎を習得せよ」、「仲間を大切にせよ」の2点を要望しました。
その後、区隊旗授与式、武器貸与式を行い、教育隊長 黒川2佐は「団結」を要望しました。
本教育は9月中旬まで実施され、野戦特科隊員としての技能を習得します。

申告

申告

式辞

執行者式辞

区隊旗

区隊旗授与式

武器

武器貸与式

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し行事を実施しています。
 

2021エコパグリーンコンサート

令和3年7月11日 

 第5特科隊(隊長 石崎1佐)は、令和3年7月11日(日)北海道立十勝エコロジーパーク(音更町)で行われた「2021エコパグリーンコンサート」に協力しました。
 新型コロナウイルス感染予防を徹底して行われた第5音楽隊によるコンサートは、「ぼよよん行
進曲」などの人気曲に歌と踊りを交えた演奏で、訪れた約200名の観客を大いに楽しませました。
 本協力により、自衛隊に対する理解を深めるとともに防衛基盤の育成を図ることができました。

協定書

協定書締結

演奏

第5音楽隊による歌と踊りを交えた演奏

聴衆

約200名の聴衆

募集

帯広地方協力本部による募集広報

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し行事支援を実施しています。
 

令和3年度隊集中野営

令和3年5月21日~6月13日 

 第5特科隊(隊長 石崎1佐)は、令和3年5月21日(金)~6月13日(日)の間、矢臼別演習場において「令和3年度隊集中野営」を行ないました。
 この間、5月21日(金)~6月1日(火)までは、「令和3年度総合戦闘射撃」に参加し、諸職種部隊の総合された火力発揮要領及び実射練度を向上させました。
 さらに、6月2日(水)、8日(火)及び9日(水)には「隊実射練成」を実施し、検閲受閲に向けて万全の態勢をとりました。
 続けて6月9日(水)~6月11日(金)にわたり、今年度最大の目標である「令和3年度特科隊訓練検閲」を受閲しました。
 隊長は検閲受閲にあたり「弾先に全集中」、「あらゆる手段を駆使して健在し、戦闘を継続せよ」と要望し、全隊員一丸となり任務を達成しました。
 講評において統裁官(旅団長 廣惠陸将補)より「隊長を核心として、戦闘の終始を通じて強靭な火力戦闘を実施するとともに、射撃にかかる執念を発揮して、与えられた任務を完遂したものと認める」と評価を受け、長期にわたる集中野営を無事に終了しました。

開始式

訓練開始式

陣地進入

陣地進入

初弾

初弾発射

航空対処

航空攻撃対処

FO

射弾を観測する前進観測班

 

 

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。
 

令和3年度通信競技会

令和3年4月12日~16日 

 第5特科隊(隊長 石崎1佐)は、令和3年4月12日(月)から16日(金)の間、帯広駐屯地内において令和3年度通信競技会を行いました。
 開会式において、統裁官(隊長)は「必通の精神をもって迅速・確実な通信を構成せよ」及び「安全管理」の2点を要望し、選手代表者が力強く宣誓を行いました。
 競技は、各中隊1組(3名)の編成で、徒歩による有線構成を行い、約800mの区間において埋設・架設をいかに速く、確実に構成するかを競い、選手達はこれまでの練成の成果を発揮するべく全力を尽くしました。
 結果は、本部管理中隊が見事「優勝」の成果を収めました。

選手宣誓

選手宣誓

徒歩構成

徒歩構成

埋設

埋設

架設

架設

絡車交換

絡車交換

優勝

「優勝」した本部管理中隊

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し競技会を実施しています。
 

第9代 第5特科隊長 石崎1佐着任

令和3年3月15日 

 令和3年3月15日(月)第9代 第5特科隊長として石崎 美生(いしざき よしお)1等陸佐が着任しました。
 着任式に先立ち、各部隊長陪列のもと第5旅団長より紹介を受けました。
 着任式において石崎1佐は「自信」、「信頼」を要望し訓示としました。
 17日(水)には状況報告を受け、初度巡視を実施し、部隊を速やかに掌握しました。

紹介

旅団長による紹介

巡閲

巡 閲

着任の辞

第9代 第5特科隊長 石崎1佐

報告

状況報告

巡視倉庫

初度巡視(器材庫)

巡視火砲

初度巡視(装軌モータープール)

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し行事を実施しています。
 

令和2年度冬季戦技競技会new

令和3年3月4日~5日 

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐(当時))は、令和3年3月4日(木)及び5日(金)「令和2年度冬季戦技競技会」を実施しました。
 本競技会は、積雪寒冷地におけるスキー機動能力の向上を図るとともに士気の高揚及び団結の強化を目的として、「部隊機動」、「アキオ曳行」及び「個人機動(オープン・新渡道)」の区分で競技を実施しました。
 開会式において統裁官(隊長)は「一致団結をして勝利を追求せよ」「安全管理」を要望し、選手代表者は競技会に対する意気込みを力強く宣誓しました。
 本競技会に向けて厳しい訓練を続けてきた選手達は、渾身の力を振り絞って競技に臨み、中隊対抗の部において本部管理中隊が見事「優勝」の成果を収めました。

スタート

統裁官による号砲でスタート

部隊機動

部隊機動

アキオ

アキオ曳行

個人機動

個人機動(オープン)女性

個人機動(新渡道)

個人機動(新渡道)男性

優勝中隊

中隊対抗の部「優勝」本部管理中隊

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。
 

令和2年度第1射撃中隊訓練検閲

令和3年2月19日~22日 

 第5特科隊(陳之内1佐)は、令和3年2月19日(金)から22日(月)の間、然別演習場において実施された、第3次旅団訓練検閲の場を活用し、第1射撃中隊(中隊長 藤野3佐)訓練検閲を実施しました。
 統裁官(隊長)は、要望事項「第1線部隊の行動に密接に連携した火力を発揮せよ」「火砲の能力を最大限発揮し、あらゆる脅威から健在せよ」「安全管理」の3点を要望するとともに中隊は、これまでの練成訓練等で獲得した教訓を十分に生かし中隊長以下全隊員が最大限に力を発揮し任務を完遂しました。

隊容検査

隊容検査

誘導

陣地占領命令を下達する隊員

火砲位置を選定する隊員

侵入する火砲

陣地侵入する火砲

経路偵察に前進する隊員

救護

第一線救護を行う隊員

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。
 

年始安全祈願及び令和3年訓練始め

令和3年1月8日

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、令和3年1月8日(金)、帯広駐屯地において、年始安全祈願及び令和3年訓練始めを実施しました。
 安全祈願は、隊長より火砲へ御神酒がけを実施し、続いて、各中隊長が中隊火砲へそれぞれ御神酒をかけ、今年1年の安全を祈願しました。
 引き続き、「令和3年訓練始め」として非実射連携訓練を実施し、団結の強化を図るとともに、令和3年の隊務運営にあたり円滑な初動を開始しました。

隊長

火砲に御神酒をかける隊長

火砲進入

陣地に進入する火砲を誘導する隊員

コリメータ

器材を設置する隊員

FO

弾着を確認する前進観測班の隊員

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し行事、訓練を実施しています。

 

令和2年度隊実射練成

令和2年11月25日~12月5日

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、令和2年11月25日(水)から12月5日(土)までの間、矢臼別演習場において「令和2年度隊実射練成」を実施しました。
本訓練において、99式155㎜自走りゅう弾砲の能力を最大限発揮した隊の統一火力発揮のため練度向上を図りました。
あわせて、中隊実射検閲を実施し、各射撃中隊の実射練度を評価・判定し、その進歩・向上を促しました。

式辞

射撃位置へ移動する99式155mm自走りゅう弾砲 射向の安全点検を行う隊員

弾薬

弾薬開梱を行う隊員

実射検閲

中隊実射検閲

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。

 

創隊16周年記念行事

令和2年11月19日

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、令和2年11月19日(木)、帯広駐屯地第1体育館において「創隊16周年記念行事」を実施しました。
 例年は、部外施設において、警備隊区町村関係者、各協力団体、企業関係者、十勝山吹会(OB会)員を招いての「火砲祭」を実施していましたが、今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、隊員だけでの創隊記念行事として実施しました。
 隊長は、式辞において「特科職種に誇りを持って勤務してほしい」と述べ、諸先輩が築き上げてきた第5特科隊の更なる飛躍を誓いました。
 その後、令和2年1月からの隊の活動を収めたビデオ映像を放映、引き続き、第5音楽隊と特科隊員による、らっぱ吹奏を交えた演奏で参加隊員を魅了し、行事を締めくくりました。

式辞

陳之内隊長による式辞

ビデオ放映

令和2年1月から隊の活動ビデオ放映

演奏

歌と演奏で魅了した第5音楽隊

らっぱ吹奏

音楽隊の演奏にあわせてのらっぱ吹奏

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し行事を実施しています。

 

航空機体験搭乗

令和2年11月14日

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、令和2年11月14日(土)、足寄分屯地及び帯広駐屯地において、第5飛行隊の協力を得て、航空機体験搭乗を実施しました。
自衛隊及び第5特科隊に対する理解を深めていただくことを目的に自衛隊協力会関係者、募集対象者約20名に搭乗していただきました。
晴天に恵まれた当日、新型コロナウイルス感染防止対策を行い周辺上空を飛行しました。
搭乗した参加者からは「思ったより揺れずに快適な乗り心地だった」、「貴重な体験が出来て嬉しかった」との感想が寄せられました。

検温

感染症対策のため検温を行う隊員

説明

第1科長による全般説明

搭乗

航空機に搭乗する参加者

記念撮影

記念撮影

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し行事を実施しています。

 

令和2年度演習場秋季定期整備

令和2年11月4日~13日

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、令和2年11月4日(水)から13日(金)までの間、然別演習場で実施された「令和2年度演習場秋季定期整備」に参加しました。
 隊整備隊長(副隊長 黒川2佐)は、隊整備開始式において「整備任務の完遂」、「安全管理」、「健康管理及び感染予防」の3点の要望事項を掲げました。
 整備隊は、担任区域である道路及び弾着地整備を実施するとともに、併せて糠平宿泊所の整備も実施しました。
 なお、6日(金)には、隊長が視察し、11日(水)には、最終点検を受け、その任務を完遂しました。

整備隊長

整備隊長 黒川2佐

安全教育

整備前の安全教育

不発弾捜索

不発弾捜索

説明

整備状況の説明を受ける隊長

除草運搬

除草運搬をする隊員

糠平

糠平宿泊所を整備する隊員

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し整備を実施しています。

 

令和2年度職種機能等強化(火力)

令和2年10月3日~13日

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、令和2年10月3日(土)から13日(火)までの間、矢臼別演習場において第1特科団が担任する「令和2年度職種機能等強化(火力)」に参加しました。
また、本訓練と併せて、本部管理中隊長計画による「令和2年度測量班訓練検閲」を実施し、測量班の訓練練度を確認するとともに、進歩向上を促しました。

完結式
編成完結式

統裁官

観測斥候
統裁官(第1特科団長)に状況説明をする隊長 地図上で経路確認中の観測斥候の隊員

測量

レーダー

測量を実施する隊員

班員に指示を出すレーダー班長
※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。

 

令和2年度旅団武装走競技会

令和2年10月7日

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、令和2年10月7日(水)、然別演習場において実施された「令和2年度旅団武装走競技会」に参加しました。
 隊員は、約7Kmの起伏に富むコースを小銃・個人装具を携行し、団体の部及び個人の部において熱戦を繰り広げ、団体戦Bグループ「優勝」の成果を収めました。

点呼

旅団長褒賞

出走前の点呼 スタートする隊員(団体の部)

助け合う

チーム一丸
ゴールを目指し助け合う隊員 チーム一丸となり激走する隊員

WAC

照準陸曹

激走する女性自衛官(個人の部)

記念撮影
※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。

 

      令和2年度一般曹候補生課程後期「野戦砲」
         及び新隊員特技課程教育修了式

令和2年9月24日

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、令和2年9月24日(木)、令和2年度一般曹候補生課程後期「野戦砲」及び新隊員特技課程教育修了式を実施しました。
執行者である第5特科隊長から代表者に修了証書が授与され、優秀な成績を収めた隊員に、旅団長褒賞状、隊長褒賞状及び教育隊長賞が授与されました。
執行者は、式辞において「同期の絆を大切にし、お互いに助け合い、各人がそれぞれ直面するであろう試練を共に乗り越え、真に役立つ第5特科隊隊員、ひいては、自衛官・社会人として、更に成長していくことを期待する。」と述べ、その門出を祝いました。

申告

申 告

旅団長褒賞

旅団長褒章状の授与

隊長褒章状

隊長褒章状・メダル授与

射撃指揮所

執行者式辞

教育隊長賞

教育隊長賞の授与

照準陸曹

隊旗返還

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し行事を実施しています。
 

令和2年度特科隊練成訓練

令和2年9月1日~4日

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、令和2年9月1日(火)から4日(金)までの間、然別演習場において「令和2年度特科隊練成訓練」を実施しました。
 本訓練では、非実射連携訓練により「陣地変換を伴う射撃におけるFADAC(射撃指揮装置)への習熟」、「頻繁な小移動を伴う射撃」、「頻繁な小移動を伴う射撃時の安全点検要領」、「陣地占領(陣地占領の準備、陣地の占領、陣地変換)」の4点を主要演練項目とし、11月に実施する隊実射練成の実施要領概定の資とするとともに、隊の戦術行動の練度向上を図りました。

小移動

小移動する火砲

状況報告

副旅団長に状況報告をする隊長

戦砲隊陸曹

射向付与する戦砲隊陸曹

射撃指揮所

射撃状況を確認する隊の射撃指揮所

砲班長

班員に指示をだす砲班長

照準陸曹

諸元点検中の照準陸曹

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。
 

令和2年度特科隊持続走競技会

令和2年7月21日・22日

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、令和2年7月21日(火)及び22日(水)、帯広駐屯地において、「令和2年度特科隊持続走競技会」を実施しました。
本競技会の目的は、継続的な体力練成を促進して、いかなる任務にも完遂する強靭な体力を練成するとともに、団結の強化及び士気の高揚を図ることとし、参加した隊員は、駐屯地内約6Kmのコースを全力で競技に臨みました。

宣誓

選手宣誓

砲班長

統裁官による号砲

スタート「中隊対抗各個走の部」
スタートする各中隊の選手

ゴール「中隊対抗各個走の部」
ゴール前でデットヒートする選手

駅伝「中隊対抗駅伝の部」
次走者へタスキを繋ぐ選手

対空警戒中隊対抗各個走の部・駅伝の部「優勝」
第2射撃中隊

※新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、隊員に対し予防措置を徹底し訓練を実施しています。
(野外においては熱中症対策のため、安全を確保しつつ訓練を実施しています。)
 

令和2年度第3射撃中隊訓練検閲

令和2年7月3日~13日

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、令和2年7月3日(金)から13日(月)までの間、北海道大演習場において、令和2年度第1次旅団訓練検閲の場を活用し、第3射撃中隊訓練検閲を実施しました。
中隊長(稲積1尉)は、統裁官要望事項「チーム一丸となり、第一線に連携した火力戦闘任務を遂行せよ」、「火砲・装備品の能力を最大限に発揮し、あらゆる脅威から健在せよ」、「安全管理」の3点を受け、中隊一丸となり任務遂行にあたりました。
6日(月)夜、車両行進により帯広駐屯地を出発し、第4普通科連隊に配属された特科大隊内の射撃中隊として、継続的な火力調整に基づき第一線部隊の機動を容易にし、普通科連隊の任務達成に寄与するとともに、第3射撃中隊の更なる練度向上を図ることができました。

隊容検査

隊容検査に臨む第3射撃中隊

砲班長

補助官の質問に答える砲班長

中隊長

中隊長による命令下達

照準陸曹

火砲位置を選定する照準陸曹

陣地進入

陣地に進入する99式155mm自走榴弾砲

対空警戒

対空警戒を行なう隊員

※新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、隊員に対し予防措置を徹底し訓練を実施しています。
(野外においては熱中症対策のため、安全を確保しつつ訓練を実施しています。)
 

   令和2年度一般陸曹候補生課程後期「野戦砲」教育及び
          新隊員特技課程教育入隊式

令和2年7月3日

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、令和2年7月3日(金)「令和2年度一般曹候補生課程後期「野戦砲」教育及び新隊員特技課程教育入隊式」を実施しました。
隊員約20名が入隊式に臨み、執行者(陳之内1佐)は教育開始にあたり、「部隊への愛着を持つこと。」「お互いに助けあうこと。」の2点を要望しました。
本教育は、令和2年9月下旬まで実施されます。

執行者

執行者(第5特科隊長)

申告

申 告

教育隊長

教育隊長訓示(第5特科隊副隊長)

貸与式

武器貸与式

隊旗授与式

区隊長より隊旗授与式

記念撮影

記念撮影

※新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、隊員に対し予防措置を徹底し行事を実施しています。
 

令和2年度一般陸曹候補生課程修了式

令和2年6月27日

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、令和2年6月27日(土)、帯広駐屯地において、一般陸曹候補生課程修了式を実施しました。
新型コロナウイルス対策により部内者のみでの修了式となりましたが、立会官である第5旅団長をはじめ、各部隊長が見守る中、執行者から代表者に修了証書が授与され、続いて区隊長から、それぞれの配置先が命下されました。
また、優秀な成績を収めた隊員に、第5旅団長褒賞、第5特科隊長賞、戦技優秀賞が授与されました。
執行者は、式辞において「自衛官として、社会人として、自らを律し、新任地における新たな同期とともに、更なる試練を乗り越え陸上自衛隊の中核となれるよう成長していくことを期待する。」と述べ、その門出を祝いました。

申告

申 告

国歌斉唱

国歌斉唱

修了証書の授与

執行者から代表者へ修了証書の授与

旅団長褒賞

第5旅団長褒賞を受賞する一般陸曹候補生

受賞者

受賞した一般陸曹候補生

配置先の命下

区隊長から配置先を命下される一般陸曹候補生

 

令和2年度総合戦闘射撃訓練

令和2年6月4日~21日

 第5特科隊(隊長 陳之内1佐)は、令和2年6月4日(木)から21日(日)までの間、矢臼別演習場及び北海道大演習場において実施された令和2年度総合戦闘射撃訓練に参加しました。
訓練に先立ち、矢臼別演習場大和台において、安全祈願を実施し、隊長、幕僚及び各中隊長等の参列者は、慰霊碑に献花、黙祷を捧げ、射撃訓練の安全を祈願しました。
本訓練の目的は、諸職種部隊の総合された火力発揮要領を演練するとともに、隊実射訓練を実施し、隊及び各射撃中隊の射撃練度の向上を図り、特科隊射撃の基盤となる練度を確立するものであり、併せて中隊練成訓練を実施し、戦術行動の練度向上を図りました。

慰霊碑

慰霊碑に献花する隊長

3中

弾薬数を確認する第3射撃中隊長

進入

陣地進入

初弾

初弾発射

測量

測量を実施する隊員

旅団長

旅団長視察において説明する隊長

 

 

TOPへ

 

戻る


このページは、第5旅団司令部総務課広報班で管理しております。