トップスライドショー

第5施設隊

 第5施設隊長の小林2等陸佐です。
 施設科部隊として一致団結し、各種事態に即動して任務を完遂できるよう隊務に邁進してまいります。
 引き続き御理解・御協力のほどよろしくお願いいたします。

第5施設隊長

第5施設隊長 2等陸佐 小林 泰三

 

第5施設魂

「5施設魂」とは
 第5施設隊第5周年を記念して、自衛隊を取り巻く環境が今後さらに変化したとしても、あらゆる任務に対応するため、5施設の先人が築き上げた「5施設魂」を後世に引き継ぐことを誓い、「5施設魂」の具体的内容を定めたもの。

(平成28年4月16日)

「しせつたい」

 

訓練・行事の紹介

北海道訓練センター実動対抗演習第1運営

及び第5施設隊訓練検閲new

令和4年5月31日~6月7日 

 第5施設隊(隊長 小林2佐)は、令和4年5月31日(火)~6月7日(木)までの間、上富良野演習場において行われた北海道訓練センター実動対抗演習第1次運営に参加しました。
 併せて、増強第4普通科連隊に配属された増強施設隊としての行動を訓練検閲課目として訓練検閲を受閲しました。
 本訓練では、中部方面隊第14旅団所属、第15即応機動連隊を対抗部隊として訓練を行い、隊は、隊長要望事項「一致団結」のもと、一丸となって任務遂行のために献身し、連隊の作戦に寄与するとともに、今後の訓練に向けた多くの資を得ました。

安全化 障害処理
隊全員による地域の安全化 前進経路上の障害を処理

警戒

支援

敵砲弾を警戒しつつ障害処理地点へ前進 第4普通科連隊の水路潜入を支援

記念写真

訓練終了後、夕張山地を背に集合写真

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。

 

令和4年度旅団施設技術訓練

令和4年4月4日~6日 

 第5旅団(旅団長 鳥海将補)は、4月4日(月)~6日(水)までの間、帯広駐屯地訓練場において「令和4年度旅団施設技術訓練」を実施しました。
 本訓練は、第5施設隊(隊長 小林2佐)が担任部隊となり、旅団隷下各部隊及び第1対戦車ヘリコプター隊より、各部隊の小隊長、分隊長等の指導者層を中心に参加し、陣地構築能力の向上を目的として行われました。
 4日(月)駐屯地体育館において、第5施設隊長による担任官訓示に引き続き、各種演習の動画視聴、衛星写真を用いた上空からの陣地の見え方等、陣地構築及び偽装の重要性について座学教育を実施しました。
 5日(火)以降、帯広訓練場において偽装した陣地の見え方、堅固な陣地を構築する着意事項、障害の偵察要領等について研修を実施するとともに、より効果的な要領について、旅団隷下内外の諸職種の知見から活発な議論を実施しました。
 併せて、本訓練の実施状況を副旅団長(吉浦1佐)が確認し、今後の演習へ反映できるように現地指導を行いました。
 旅団は、今後とも各種訓練等を通じ、運用の実効性向上と技術の錬磨に努めていきます。

偵察 研修
陣地の偵察 陣地の研修

研修2

討議

陣地の研修 陣地構築に関する討議

討議2

現地指導

障害構成に関する討議 副旅団長による現地指導

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。

 

渡河器材小隊訓練検閲

令和4年3月8日~10日 

  第5施設隊(隊長 小林2佐)は、令和4年3月8日(火)~10日(木)までの間、然別演習場において渡河器材小隊訓練検閲を行いました。
 本訓練は、旅団の補給幹線の補修を目的として、作業地域の安全化から07式機動支援橋の架設までの一連の行動について実施し、小隊の練度を確認しました。
 小隊は、3日間にわたり昼夜を問わず07式機動支援橋の架設を実施して小隊の練度をさらに向上させました。

十勝晴れ

十勝晴れの中での訓練

夜間測量

夜間測量を無線で指示する架設班長

07架設橋

07式機動支援橋の架設

完了

早朝に架設完了

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。

 

第1施設小隊訓練検閲

令和3年9月25日~30日 

 第5施設隊(隊長 小林2佐)は、令和3年9月25日(土)~30日(木)までの間、然別演習場において第1施設小隊訓練検閲を行いました。
 本訓練は、第4普通科連隊(連隊長 甲斐1佐)との協同訓練の場を活用して、障害構成及び陣地構築を実施し、施設科部隊の防御における行動について小隊の練度を確認しました。
 小隊は、日ごろの訓練の成果を遺憾なく発揮して任務を完遂するとともに、さらなる小隊の練度向上の資を得ました。

夜間工事

夜間において道路閉塞を実施

夜間工事2

昼夜問わずに陣地構築を実施

地雷

前方地域の戦車離脱後の道路閉塞

 

北海道訓練センター実動対抗演習第3次運営

令和3年8月15日~30日  

 第5施設隊(隊長 小林2佐)は、令和3年8月15日(日)~30日(月)までの間、矢臼別演習場において行われた北海道訓練センター実動対抗演習第3次運営に参加しました。
 本訓練は、増強した第2施設小隊が第27普通科連隊と協同し、東北方面隊第6師団第44戦闘団を対抗部隊として訓練を行いました。
 小隊は、普通科中隊等と綿密な調整の下に障害を構築して連隊の作戦に寄与するとともに、今後の練成に向けた多くの資を得ました。

道路閉塞

朝もやの中、障害を構成

化学攻撃

錯雑地の中で離脱する戦車を待つ施設手

夜間

降雨により泥濘化した道路に障害を設置

障害車

戦車の離脱に伴い道路閉塞を開始

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。

 

第2施設小隊訓練検閲

令和3年7月2日~8日  

 第5施設隊(隊長 小林2佐)は、令和3年7月2日(金)~8日(木)までの間、美幌訓練場において第2施設小隊訓練検閲を実施しました。
 本訓練は、第6普通科連隊との協同訓練の場を活用して、防御戦闘における施設科部隊の一連の行動について小隊の練度を確認しました。
 小隊は、普通科中隊との綿密な調整の下に火力と障害を組織化させるとともに、残留住民の保護や敵歩兵部隊に対する捕獲等、強靭な防御戦闘を実施して小隊の練度を更に向上させました。

道路閉塞

普通科部隊離脱後速やかに道路閉塞を実施

化学攻撃

敵の化学攻撃下においても警戒を継続

夜間

夜間における障害構成

障害車

道路障害作業車による障害構成

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。

 

旅団施設技術訓練

令和3年4月5日~16日  

  第5施設隊(隊長 小林2佐)は、令和3年4月5日(月)から16日(金)までの間、帯広駐屯地及び然別演習場において「旅団施設技術訓練」を担任しました。
 本訓練では、旅団隷下部隊に対して各種構築物の構築要領及び爆破技術について教育・ 指導し、旅団の施設技術能力の向上を図りました。
 各部隊から参加した隊員は、施設隊教育担当者の指導の下、熱心に教育を受け施設技術能力の練度を向上させることができました。

高射特科

第5高射特科中隊による指揮所構築

4連

第4普通科連隊による監視塔構築

地雷

対人地雷処理の瞬間

27連

第27普通科連隊による破壊筒設置

車載

第6普通科連隊による車載投射準備

70

70式地雷原爆破装置投射の瞬間

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。

 

対戦車火器等射撃訓練

令和3年2月2日~4日  

 隊(隊長 飛田2佐)は、令和3年2月2日(火)から4日(木)までの間、然別演習場において「令和2年度対戦車火器等射撃訓練」を実施しました。
 本訓練は、部隊が装備する火器の射撃練度向上を目的とし、必中の精神の下、各隊員は降雪の中、射撃を実施し更なる練度向上を図りました。

84

84mm無反動砲の射撃

MG

5.56mm機関銃の射撃

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。

 

災害派遣出動準備訓練

令和2年11月30日  

 隊(隊長 飛田2佐)は、令和2年11月30日(月)、帯広駐屯地において災害派遣出動準備訓練を実施しました。
本訓練は、早朝に釧路沖で震度7規模の地震が発生したと想定し、非常呼集(緊急登庁)から、指揮所の開設、車両・救助器材の積載、帯広駐屯地業務隊の支援を受けた燃料及び糧食の受領・積載等の訓練を実施しました。
隊は、何時如何なる災害にも迅速に対応できるよう、災害派遣における出動準備能力を向上させました。

登庁時間

呼集による登庁時間を記載する隊員

糧食積載

糧食を積載する隊員

燃料積載

燃料を積載する隊員

施設器材

トレーラに施設器材を固定する隊員

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。

 

特技「施設」検定

令和2年10月22日~29日  

 隊(隊長 飛田2佐)は、令和2年10月22日(木)から10月29日(木)までの間、帯広駐屯地及び池田渡河訓練場において、特技「施設」検定を実施しました。
本検定は、施設科隊員として必要な特技検定であり、旅団管内の隊員が「初級検定」及び「上級検定」を受検しました。

連結

連結課目(初級)を受検する隊員

漕舟

漕舟課目(初級)を受検する隊員

漕舟上

漕舟課目(上級)を受検する隊員

指揮法

指揮法(上級)を受検する隊員

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。
(野外訓練においては、安全を確保しつつマスクを外して訓練を実施しています。)

 

第5施設隊 訓練検閲

令和2年8月21日~9月9日  

 隊(隊長 飛田2佐)は、令和2年8月21日(金)から9月9日(水)までの間、矢臼別演習場において教育訓練研究本部が担任する「令和2年度北海道訓練センター実動対抗演習第2次運営」の場において、第5施設隊訓練検閲を受閲しました。
本訓練では、防御部隊である第6普通科連隊との協同部隊として検閲を受閲し、これまで周到に準備をしてきた成果を遺憾なく発揮して全ての任務を完遂しました。

障害構成1

テトラポットによる障害構成

道路掘削作業

道路障害作業車による道路掘削作業

障害構成2

対戦車地雷により障害構成する隊員

対戦車壕の構築

油圧ショベルによる対戦車壕の構築

道路閉塞準備

朝もやの中で道路閉塞をする隊員

対空戦闘

12.7mm重機関銃による対空戦闘

※新型コロナウイルス感染及び感染拡大防止を徹底し訓練を実施しています。
 

渡河器材小隊 小隊検閲

令和元年6月19日~21日  

 隊(隊長 飛田2佐)は、令和元年6月19日(日)から21日(火)までの間、然別演習場において第1次旅団訓練検閲に参加し、同訓練検閲の場を活用して基礎となる部隊である渡河器材小隊の訓練検閲を実施し、渡河器材小隊の訓練練度を評価するとともに、その練度向上を図りました。

命令下達

地雷原偵察中の隊員

 

第2施設小隊 小隊検閲

令和元年5月27日~31日 

 隊(隊長 飛田2佐)は、令和元年5月27日(月)~31日(木)までの間、然別演習場において第6普通科連隊との協同訓練の場を活用して基礎となる部隊である第2施設小隊の訓練検閲を実施しました。第2施設小隊は小隊長を核心とし、一致団結して施設小隊としての任務を完遂しました。

隊容検査を受ける第2施設小隊

障害処理を実施中の隊員

 

令和元年度演習場春季定期整備

令和元年5月8日~16日 

 隊(隊長 飛田2佐)は、令和元年5月8日(水)から16日(木)までの間、然別演習場及び矢臼別演習場において令和元年度演習場春季定期整備に隊長以下約90名が参加しました。

然別演習場整備隊の編成完結式

訓練場地域の伐採作業

 

第5施設隊創隊8周年記念行事

平成31年4月20日 

 隊(隊長 飛田2佐)は、平成31年4月20日(土)、帯広市内ホテルにおいて、第5施設隊創隊8周年記念及び第5施設大隊発足65周年の祝賀会を実施しました。

式辞を述べる第5施設隊長

祝杯の様子

 

GCSS訓練

平成31年4月24日~25日 

 隊(隊長 飛田2佐)は、平成31年4月24日(水)から25日(木)の間、旭川駐屯地において、GCSS(屋内戦闘射撃シミュレーター)訓練を実施し、射撃訓練の練度向上を図りました。

射撃訓練実施中の隊員

シミュレーション訓練実施中の隊員

 

第6代第5施設隊長飛田2佐着任式

平成31年3月23日 

 平成31年3月25日(月)、帯広駐屯地体育館において第5旅団長(堀井陸将補)の立会の下、第6代第5施設隊長 飛田信一郎 2等陸佐の着任式を挙行しました。

第5旅団長に紹介を受ける第5施設隊長 着任の辞を述べる第5施設隊長

TOPへ

 


このページは、第5旅団司令部総務課広報班で管理しております。

INFORMATION