・ 諸元、性能
  乗 員   3人
  全備重量  約50t 
  全 長   約9.80m
  全 幅   約3.40m(スカート付)
  全 高   約2.30m(標準姿勢)
  旋回性能  超信地
  最高速度  約70km/h
  エンジン  水冷2サイクル10気筒ディーゼル機関
        1,500PS/2,400rpm
・ 武 装
  120mm滑腔砲・・・1
  12.7mm重機関銃・・・1
  74式車載7.62mm機関銃・・・1
・ 製 作
  三菱重工(砲塔・車体)
  日本製鋼所(120mm砲)
・ 備 考
  陸自の第3世代戦車として、技術研究本部が昭和52
 年に開発に着手して10年余をかけ完成させた。62年9
 月に2次試作車2両を領収、63年12月までに技本の各
 研究所で技術試験を重ねたあと、平成元年1月に別の
 2次試作車2両を装備開発実験隊が領収して、東方、
 北方、西方管内で実用試験を行った。
  平成元年12月15日、防衛庁装備審査会議で正式に陸
 自の次期主力戦車として採用が決定、2年8月6日に
 「90式戦車」として制式化された。
  国産のハイテク技術を結集した90式戦車は「世界に
 誇れる性能」として国内外から注目されている。口径
 120mm滑腔砲はドイツのラインメタル社製だが、それ以
 外はすべて国産。容量の大きいコンピューターを内蔵
 した射撃指揮装置の搭載で命中率を高め、パッシブ方
 式の赤外線暗視装置で夜間でも昼間同様の射撃が可能、
 砲安定装置により目標を自動追尾し、走行中でも射撃
 できる、油圧制御を取り入れた自動変速装置と繰向装
 置によって複雑な地形でも自在に走行できる。複合装
 甲板による高い防御力、などの特性がある。
  また、自動給弾式の採用で乗員は3人、貯蔵弾と燃
 料系統を乗員から完全に隔離して消化装置をつけ、砲
 塔と車体の装甲には新素材の複合材を使って耐弾性を
 向上、側面防護のため“スカート”をつけるなど、
 生存性を高めるさまざまな工夫が凝らされている。
TOPBACK



                 90式戦車
                 (愛称 : キュウマル)
                   
                 ハイテク技術を駆使した最新鋭の戦車です。
               
                 ●射撃の瞬間です。