米子駐屯地と大山

米子駐屯地の沿革


皆生海岸と大山

 米子駐屯地は東に大山、西に島根半島、北に日本海を望む風光明媚な弓ヶ浜半島の基部にあり、昭和25年12月、旧逓信省航空機乗員養成所跡地に警察予備隊として発足、約1,000名で創設されました。


乗務員養成所跡石碑  
昭和25年
8月
 米子市議会が警察予備隊の駐屯を要請
  〃  
11月
 海田市から36名の設営隊到着
  〃  
12月
 舞鶴市(松ヶ崎キャンプ)から989名移駐
 呉市(広キャンプ)から15名移駐
 逓信省航空機乗員養成所跡地に警察予備隊米子駐屯部隊新編
昭和26年
12月
 米子駐屯部隊は、第8連隊第3大隊と改称
昭和27年
1月
 第8連隊3大隊は、第7連隊第2大隊と改称
昭和30年
10月
 第7連隊第2大隊は、再び第8連隊第3大隊に改称
昭和37年
1月
 第13師団創設に伴い、第8連隊3大隊を基幹部隊として連隊本部が海田市から、第1大隊が出雲から移駐し、現在の名称「第8普通科連隊」として新編
昭和50年
3月
 第8普通科連隊本部及び本部管理中隊改編
平成11年
3月
 師団から旅団への改編により軽普通科連隊化
平成20年
3月
 13旅団改編(即応近代化旅団)
平成22年
10月
 米子駐屯地創設60周年
平成30年
3月
 美保分屯地開設(中部方面航空隊)
令和2年
10月
 米子駐屯地創設70周年

ページトップへ
”地域と共に” このHPは ©米子駐屯地広報室 が管理しています。