陸上自衛隊
中部方面隊

最新号

記 事

令和2年度を振り返って

自治体との情報・意見交換会

メディアトレーニング

第10師団長離・着任

中方総監部幕僚長離・着任

中部方面総監 部隊視察

ふぁみさぽ通信(明野駐屯地) 等

バックナンバー(pdf形式)

広報誌「飛鳥」名称の由来

・仏教文化が栄え、かつ、各分野で多数の優秀な作品が残っている「飛鳥」時代から名称を引用。文化の発祥、中部方面区内に情報を発信するという広報紙をイメージ
・アスカの「住居(スカ)」は、「みんなが集う憩いの場」という意味があることから、方面区内の隊員が広報紙上で集うことをイメージ
・「飛鳥」は「飛ぶ鳥」をイメージすることから、中部方面隊創隊40周年当時の「中部方面隊の更なる飛躍」の願いが込められています。

発刊の経緯

・昭和34年1月、第3管区隊機関紙「こころの友」発刊
・平成12年4月、中部方面隊創隊40周年を契機として名称を「飛鳥」に改名