平成30年度愛知県国民保護共同実動訓練


 師団は、平成31年1月11日(金)豊田市内(愛知県)において行われた「平成30年度愛知県国民保護共同実動訓練」に参加しました。愛知県内におけるラグビーワールドカップ(W杯)の予定地である豊田スタジアムを主会場として、警察・消防及び医療機関等と共同し、連絡調整、救助活動、避難民の誘導及び緊急患者空輸など、国民の保護のための要領について訓練を行いました。

活動現場に進入する自衛隊車両

現地調整所において消防と調整を行う隊員

前方指揮所において細部情報を収集する隊員

訓練会場の様子

被災地における救助活動

警察と共同した患者搬送

医療機関と連携した救助活動

各機関と連携した患者搬送

消防と共同で実施した緊急患者空輸(第10飛行隊)

避難民の誘導(第35普通科連隊)

緊急対処事態対策本部員会議の状況(豊田市役所)

合同対策協議会に参加する師団長(右列中央)