岐阜県関市における豚コレラに係る災害派遣

 第10師団は、平成30年12月25日(火)午前05時30分、岐阜県知事から「豚コレラに係る災害派遣」の要請を受け、災害派遣部隊(第35普通科連隊、第10後方支援連隊、第10通信大隊)を派遣し、養豚の追い込み、処分された豚の運搬、養豚施設内外の防疫活動及び汚染物品等の除去を行い、27日(木)午後8時、防疫作業の概ね終了に伴い岐阜県知事からの撤収要請を受理し、今災害派遣活動を無事終了しました。

準備を完了し、出発に関する統制指示を受ける隊員

25日午前5時30分、駐屯地を出発する派遣部隊

防疫のためタイベックスを着用する隊員

埋設予定地の設営

ベニア板を使って、豚を追い込む隊員

災害派遣隊(第3波)の出発行事

派遣隊に激励の訓示を述べられる師団長

インタビューを受ける第3対処隊長 三木3佐

見送りの状況

感染拡大防止のための個人除染

養豚施設の防疫活動

夜を徹した派遣活動(夜間作業の景況)

隊員のメンタルケアを行う心理幹部(中央)

防疫員と調整する第1対処隊長(北出1尉)(左)

現場の活動を視察される師団長(中央)

師団長の激励を受ける第10通信大隊の隊員

師団公式SNSに寄せられたメッセージを見る派遣隊員

汚染物品(飼料)を落とす隊員

養豚施設内の汚染物等を清掃する隊員

汚染物品(飼料)を回収する隊員

養豚施設内や施設周辺の防疫活動

現場を視察される中部方面総監(中央)

中部方面総監より激励を受ける第35普通科連隊の隊員

殺処分された豚に黙祷をささげる隊員

撤収要請に伴う岐阜県知事の謝辞

任務完遂し帰隊した派遣部隊を出迎える師団長

師団長と固く握手を交わす対処隊長(曽根1佐)