守山駐屯地(名古屋市所在)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
―  訓 練 状 況  ―
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第1次連隊野営

 6月6日(日)〜14日(月)までの間、第35普通科連隊(連隊長 1等陸佐 柳田 勝志)は、
東富士演習場にて第1次連隊野営を行った。

 今野営は、本年度行われる戦闘団訓練検閲に向けた練成であり、車両行進に引き続く防御準備からの
防御戦闘を行った。


隊長が第1中隊長より状況報告を受けます。

防御準備のための掩体構築中

この偽装網の下には

なんと地下2階構造の

シェルターになっています!


第5次連隊野営

 令和3年3月21日(日)〜24日(水)までの間、第35普通科連隊
(連隊長 1等陸佐 柳田 勝志)は、あいば野演習場(滋賀県)にて第
5次連隊野営を実施した。

 今野営は、重迫撃砲中隊の実弾射撃における訓練検閲であり、重迫撃砲
中隊の訓練練度を評価・判定するものである。陣地進入に引き続き、実弾
射撃、その後に、陣地変換を実施した。


120mm迫撃砲の発射の瞬間

迫撃砲の弾着を確認する隊員

隊長に陣地変換の状況を説明する

迫撃砲中隊長

射撃後に陣地を変換する様子


第4次連隊野営

 令和3年2月7日(日)〜14日(日)までの間、第35普通科連隊
(連隊長 1等陸佐 柳田 勝志)は、あいば野演習場(滋賀県)にて
雪が降る中での第4次連隊野営を行った。

 本野営は、第2中隊、本部管理中隊衛生小隊及び補給小隊の訓練検閲
であり、訓練練度を評価・判定するものである。その内容は、5夜6日
に渡る防御準備から防御戦闘を行った。


第2中隊

連隊長に中隊防御陣地を説明する

第2中隊長

交通壕を構築する隊員

露天掩体に入り01式軽対戦車誘導弾を
構える
隊員

露天掩体に入り5.56mm機関銃を
構える
隊員


本部管理中隊衛生小隊

模擬患者を搬送する隊員

模擬患者を応急処置する隊員

無線で患者搬送を調整する衛生小隊長

連隊救護所前で警戒につく隊員


本部管理中隊補給小隊

隊長に後方支援地域の状況を

説明する補給小隊長

燃料給油所で給油する隊員

燃料給油所の開設を準備する隊員


第3次連隊野営

令和2年11月14日(土)〜21日(土)までの間、第35普通科連隊
(連隊長 1等陸佐 柳田 勝志)は、あいば野演習場にて朝は約5℃、
昼間は約20℃と気温差が10℃以上ある寒暖差の中で第3次連隊野営を
行った。

 今野営は、第4中隊の訓練検閲であり、第4中隊の訓練練度を評価・判
定するものである。その内容は、5夜6日に渡り各種掩体等を構築する防
御準備から、防御戦闘を行い、第4中隊は任務を完遂した。


作戦会議を開催する第4中隊長

対空に注意しつつ迫撃砲の掩体を構築する隊員

前方の陣地より離脱する軽装甲機動車

個人携帯対戦車弾(レーザー交戦装置)を

照準する隊員


第2次連隊野営

 令和2年9月25日(金)〜10月2日(金)までの間、第35普通科連隊

(連隊長 1等陸佐 柳田 勝志)は東富士演習場にて第2次連隊野営を行

 今野営は、第1中隊、第3中隊、本部管理中隊施設作業小隊の訓練練度を評

価・判定するものである。その内容は約50km徒歩行進に引き続き、各種掩

等を構築する防御準備の後に、兵棋(駒)を用いて地図上での各級指揮官の

報告、状況判断等について3夜4日に渡り実施した。


本部管理中隊施設作業小隊

固い道路上に地雷を埋設する隊員

道路の端に地雷を埋設する隊員

小型ショベルドーザで掩体構築をする隊員

地図上で状況を確認する施設作業小隊長


第1中隊

徒歩行進にて戦いの地へ向かう隊員

約50kmの徒歩行進)

連隊長に中隊の戦い方を報告する第1中隊長

敵の航空偵察に対処するため

12.7mm重機関銃を操作する隊員

迫撃砲の掩体構築中の隊員


第3中隊

徒歩行進の休止間に警戒する隊員

連隊長に中隊の戦い方を報告する第3中隊長

87式対戦車誘導弾を構える隊員

防御陣地内に民間人(民間人役の自衛官)

が迷い込み、呼び止めている隊員




令和2年度対空実弾射撃訓練

令和2年8月8日(土)〜18日(火)の間に、第35普通科連隊
(連隊長:柳田 勝志1等陸佐)は北熊本駐屯地及び佐多射撃場(鹿
児島県)において、令和2年度対空実弾射撃訓練(12.7mm重機
関銃射撃)に参加した。

   北熊本駐屯地では、シミュレーター装置を使用した移動する目標物
に対する照準訓練などを行い、佐多射撃場では、固定目標及び小型模
型標的機(ラジコン飛行機)に対して射撃訓練を行った。3機の小型
模型標的機(ラジコン飛行機)を撃墜させる成果を上げた。


シミュレーター装置を使用し、対空実弾射撃の練成をする隊員

12.7mm重機関銃で対空実弾射撃を行う隊員

撃墜する前の小型模型標的機 撃墜した小型模型標的機

お問い合わせ先 : 第35普通科連隊広報班

〒463-0067 愛知県名古屋市守山区守山3丁目12−1
Tel.052-791-2191 (内線 4805)


-->