守山駐屯地(名古屋市所在)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ー 最近の出来事 − 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





祝賀式典の様子(守山駐屯地体育館)


  第35普通科連隊(連隊長:曽根 勉 1等陸佐)は、平成31年1月18日をもちまして連隊創立57周年を迎えました。同月19日に守山駐屯地において平成30年度連隊感謝状贈呈式及び祝賀式典を執り行いました。また、35連隊会の総会、あいち後援会・35連隊会による祝賀会食を実施して頂きました。
 創隊記念行事は、岐阜市長・関市長をはじめ約250名のご来客を頂き盛大に挙行することができました。


フォトギャラリー
35連隊会による総会
35連隊会員との集合写真
永年にわたり連隊にご尽力して頂いた方々への感謝状授贈呈式
感謝状受賞者との集合写真 祝賀式典において答礼を行う曽根連隊長
連隊全員での連隊歌斉唱 式典後の訓練展示
交戦装置及び空砲を使用しての迫力ある展示 体育館2階より敵情を送り指示を出す分隊長
各種装備品の展示
主催者及び感謝状受賞者による鏡開き
第10音楽隊による音楽演奏 祝賀会食において歓談する重迫撃砲中隊長








焼岳(長野県と岐阜県との県境)における山地機動訓練
〜第13普通科連隊(長野県松本駐屯地)と山頂で合流〜

山頂において第13普通科連隊との記念撮影
方面隊、師団・旅団の異なる2流の連隊旗が並んだめずらしい一枚


  第35普通科連隊(連隊長:曽根 勉 1等陸佐)は、平成30年10月2日、長野県と岐阜県の県境に位置する北アルプスの焼岳において、山岳地誌調査のため、第13普通科連隊(連隊長:岩原 傑 1等陸佐)と合同で、山地機動訓練を実施しました。
  35連隊と13連隊は、共に「焼岳火山防災協議会」の構成機関であり、35連隊は岐阜県側から、13連隊は長野県側から、それぞれの警備隊区を通過して山頂を目指しました。山頂においては、積極的な意見交換を実施して連携強化を図りました。


「焼岳」= 標高2455mの活火山で別名「硫黄山」
気象庁により常時観測対象火山に指定されている。


登山道を登る隊員 2000m付近にある秀綱岩神社
下から見あげた焼岳山頂 広大な北アルプスの景色に見とれる隊員
晴天に恵まれ、素晴らしい景色が広がる 源泉を含むため岩場が灰黄色に染まる白水の滝
焼岳は別名「硫黄岳」と呼ばれるほど至る所で硫黄を含んだ噴気が吹き上げ、活火山を実感
山頂に近づくにつれ手を着かないと登れない急斜面の岩場が続く
焼岳山頂の火口湖 正賀池 山頂において曽根1佐(左)と岩原1佐(右)の堅い握手

連隊長と訓練基幹部隊である第1中隊(中隊長:北出 健太郎 1等陸尉)との記念撮影


お問い合わせ先 : 第35普通科連隊広報班

〒463-0067 愛知県名古屋市守山区3丁目12−1
Tel.052-791-2191 (内線 4805)