TOPページ 連隊長紹介 沿革 編成 フォトギャラリー 災害派遣

― フォトギャラリー ―

訓 練 風 景
防御陣地を構築する隊員 衛生隊員 野外での炊事
敵情を監視する隊員 敵の攻撃に備える隊員 81mm迫撃砲夜間射撃
  
【白山登山(第1中隊)】
  
連隊は令和元年7月8日、活火山である白山(2,702m)の
噴火災害を想定し、生地の偵察を兼ねた登山を行いました!
また、7月3日から連隊で部隊実習を行っている
防衛大学3学年10名も登山を行いました!!
  
7月8日午前3時 梨木連隊長の激励を受け別当出合を出発!!
【1中隊】暗闇ではヘッドライトの明かりが頼り 【1中隊】災害時の行動、危険箇所等を
確認しながら歩みを進める。
【1中隊】山頂付近には残雪が…平地とは違う環境を体感!! 災害に備えるべく改めて気を引き締めました!
【防大生】将来は部隊を率いる学生達ですが、実習では連隊の隊員と共に訓練に汗を流します!
【防大生】自らの足で踏み締めた初夏の白山!!
良い思い出になるでしょう!!
全員無事下山!!北陸の安心・安全のためこれからもがんばります!!
  
【生地水難救助・水泳訓練】
  
連隊は令和元年7月2日〜9日、富山・石川・福井各県で
豪雨災害の災害派遣を想定し水難救助訓練を行いました!
  
7月9日 富山県高岡市 雨晴海水浴場(第4中隊)
偵察ボートの搬送・操作訓練
海上で要救助者の捜索訓練 ライフセーバーの資格を持つ隊員が
救助要領等を説明します。
海上で救助方法等を実演しました。 新聞社の取材を受ける第4中隊長
  
7月8日 福井県福井市 鷹巣海水浴場(第3中隊)
背のう等装備品の防水を兼ねた応急浮体作成訓練
応急浮体を使った泳法訓練 偵察ボートの組立て訓練
船体に要救助者が掴まるためのロープを装着 海上でボートの操作訓練を行いました!
  
7月4日 石川県輪島市 袖ヶ浜海水浴場(第2中隊)
着装水泳 迷彩服等を着たままの水泳訓練 着装水泳の経験があるレンジャー隊員等が指導
ズボンに空気を入れて浮体を作成 防弾ベスト装着時の浮力を体験
珠洲市・輪島市家族会の方々が激励に駆けつけてくれました!
  
  
7月3日 石川県かほく市 白尾海岸(第1中隊)
安全重視! 水難救助は2名で実施! 呼吸等確認! 心肺蘇生開始!
水難者を担架で搬送! 渡河ボートの操作訓練
海上での操作を体感しました! テレビ局の取材を受ける梨木連隊長
  
7月2日 富山県下新川郡入善町 園家山キャンプ場(重迫撃砲中隊)
偵察ボートの搬送・操作訓練
わざとボートを転覆させ復帰させる訓練 水難者救助で行う横泳ぎの講習
水中で泳法訓練 立泳ぎの訓練等も行いました! 入善町家族会の方が激励に訪れてくれました!
  
【第1次師団訓練検閲 第14戦闘団】
  
連隊は令和元年6月18日〜25日、静岡県東富士演習場で師団規模の訓練を行いました。
第14戦闘団 訓練準備完了!!
10師団長訓示 雄叫びで士気をあげる隊員
50Km行進 一夜歩き続け50Kmを完歩
陣地の配置を伝える 戦闘団長が現地で指導を行う
防御陣地構築 障害物構成
戦闘団指揮所 作戦会議
敵方を警戒 狙撃銃を構える隊員
陣地で敵を待ち構える 茂みに紛れて敵情を探る斥候
敵の襲撃に備える 射撃に備える120mm迫撃砲
負傷した隊員を治療する衛生隊員 戦闘団本部を視察する10師団長
訓練終了後師団長から講評を頂く
第14戦闘団 任務完遂!!
  
【諸職種協同訓練 東富士演習場】
  
連隊は平成31年4月13日〜18日、静岡県東富士演習場で様々な
職種の部隊との連携能力を高めるため4夜5日の訓練を行いました。
第14普通科連隊 第4中隊
50km行進 軽装甲機動車で迅速に移動
目的到着後素早く戦闘展開 指揮を執る第4中隊長
  
第14普通科連隊 本部管理中隊 通信小隊
50km行進 陣地に通信用の有線を構築
地面に有線を埋設 断線した有線を修復
  
協同部隊
  
第10飛行隊
第2中隊とのヘリボン訓練
第10特科連隊
155mmりゅう弾砲(FH−70)
第10施設大隊
指揮所の構築
第10高射特科大隊
偽装し戦闘展開する93式近距離地対空誘導弾
第10特殊武器防護隊
除染車で汚染地域を除染
第10戦車大隊
敵方を監視する74式戦車