ナビゲーションボタン
自衛官募集ホームページ Japan Self Defense Forces
コンタクトリストボタン

カレッジリクルータ(海上自衛隊第1整備補給隊 1尉)

写真 広報対象大学
鹿屋体育大学
担当地方協力本部
鹿児島地方協力本部
性別
出身地 埼玉県
出身大学 埼玉大学
階級 1尉
所属部隊等名 海上自衛隊第1整備補給隊
職名 発動機検査班長
駐屯地・基地名 鹿屋航空基地

大学の後輩へのメッセージ

大学の後輩へのメッセージ

私は一般幹部候補生として入隊し、装備(航空)の職域に配置されました。これは保有している航空機を安全かつ 効果的に運用させるための整備及び補給を行うほか、将来の国防に必要な航空機を考える仕事をする職域です。するべき仕事は様々ですが、 自分の考えが自衛隊という大きな組織で反映されるという点で非常に面白い職業だと思います。

募集コールセンター
(年中無休 受付時間 12~20時)
守ろうみんなの国
鹿児島地方協力本部
TEL.099(253)8920

幹部としての仕事

写真

班員に対する教育

エンジン班長として整備作業の監督を行う一方で、安全担当者としてリスクマネジメントを行っています。 危険な事象の分析・評価を行い、今後の対策を考えることが仕事です。正論だけではなく、部隊の現状を踏まえた 対策を立てなければなりませんが、これには大学での部活を通して培った計画立案のスキルが役立っています。

鹿屋航空基地

写真

航空機の整備作業

永遠の0(ゼロ)の舞台でもある鹿屋航空基地は、今でも海上航空防衛力の要となっています。対潜哨戒航空機P-3Cの 母基地として、その能力を100%発揮させるため、日々整備作業を行っています。これによって我が国の周辺海域を常にパトロール することができ、他国艦艇等の動きを迅速に察知、万一の事態に備えています。

休みの日の活動

写真

ボルダリングの練習中

大学院のときにボルダリングを始めました。身体全体を使うのでバランスの良い筋肉の使い方ができるようになってきたよう に思います。日常の訓練や作業では一定の決まった動きをすることが多いので、プライベートで身体をほぐし、万全の体調で常に 臨めるようにしています。