ナビゲーションボタン
自衛官募集ホームページ Japan Self Defense Forces
コンタクトリストボタン

自衛隊の大学

防衛大学校、防衛医科大学校 自衛隊の大学

自衛隊には高校生にとって一般大学と比べても難関とも言える2つの大学校があります。それが9月から募集受付が始まる種目、防衛大学校、防衛医科大学校です。いずれも学費がかからず、かつ給与ももらえるということと、特に学費が高額になる医学系の大学では唯一の学校といえるでしょう。今回は防衛大学校と防衛医科大学校についてご紹介しましょう。

将来の幹部自衛官を養成する防衛大学校

防衛大学校は将来、各自衛隊の幹部自衛官となる者(パイロット要員含む)を4年間の修業期間において養成する制度です。卒業後は陸・海・空曹長に任命され、幹部候補生として陸上・海上・航空自衛隊の幹部候補生学校に入校します。幹部候補生学校では、初級幹部として必要な知識及び技術の修得のための教育を受け、約1年後に3等陸・海・空尉に昇任します。その後、自衛隊の職種・職域に応じた専門教育を受けながら幹部としての道を進みます。

防衛医科大学校紹介ムービー

防衛大学校

防衛大学校のキャンパスは三浦半島の東端近く、東京湾を臨む横須賀港の走水地区に位置します。このあたりは幕末にアメリカのマシュー・ペリー提督が黒船で来航したことで有名な地です。学生は、全員が入校と同時に「学生隊」に属し、4年間にわたって校内の学生舎で規律正しい生活を送ることになります。
教育課程は、大学設置基準に準拠し、教養教育、外国語、体育の科目と専門科目(人文・社会科学専攻又は理工学専攻)を一般大学と同じように教育するととも に、本校独自の防衛に関する学術分野である防衛学の教育を行っています。2学年で専門基礎を履修するとともに、2学年からは各学科に分かれ専門科目を履修し、4学年で指導を受けて卒業論文を提出します。教養教育、外国語、体育及び防衛学は1〜4学年にわたって履修します。
訓練課程には主に第1学年時に履修する共通訓練と、第2学年から陸上・海上・航空の各要員に指定され、この要員区分別に履修する専門訓練があります。1、2学年時は毎週1回2時間、3、4学年時は隔週1回2時間の訓練課程教育を受けます。また春・夏・秋・冬の定期訓練があり、訓練時間は4年間を通して1,005時間になります。

将来の幹部医師を目指す防衛医科大学

防衛医科大学校は、学校教育法に基づき医学教育を行う大学の設置基準に準拠して教育を実施しています。また、その教育目標は、自衛隊医官の特性を基調とした人格、識見ともに優れた有能な総合臨床医の養成を目標としています。将来、医師でありかつ幹部自衛官としての重責を担ってゆける資質を備えた人材を養成します。

防衛医科大学校

キャンパスのある所沢市は、埼玉県の南部にあります。プロ野球球団、埼玉西武ライオンズの本拠地として有名な土地です。駅前には西武、ダイエー、西友など大規模な商業施設が進出しており、新宿や池袋へはもちろん、東京メトロ副都心線への乗り入れにより渋谷へもダイレクトにアクセスすることができます。
防衛医科大生はここで6年間の教育訓練と全寮制の規律ある団体生活を通じて、医師としての知識や技能のほかに、生命の尊厳への理解やあらゆる任務を遂行できる強靱な体力も養ってゆきます。
教育課程は、1年次から2年次にわたる進学課程、1年次後半から6年次までの専門課程、1年次から6年次までの訓練課程により構成されています。 特に専門課程は、21の臓器別等の授業科目で構成され、基礎医学(解剖学、生理学、薬理学、病理学等)と臨床医学(内科学、外科学、小児科学、放射線医学等)を有機的に統合させた形の講義、実習及び病院実習を通じて、医師として必要な専門知識や診断法などを効率よく習得できるよう配慮しています。
また4年次後半から6年次までの間、「内科系臨床実習」及び「外科系臨床実習」として病院における臨床実習を中心に臨床教育が行われます。 卒業後は幹部候補生として陸上・海上・航空自衛隊の幹部候補生学校に入校、幹部自衛官として必要な知識及び技術の修得のための教育を約6週間受けます。医師国家試験に合格し、かつ幹部候補生学校を卒業した者は2等陸・海・空尉に昇任します。医師免許を取得した者は、2年間の臨床研修を防衛医科大学校病院などで受けます。その後各自衛隊の病院、部隊などに勤務します。なお、卒業後9年間は自衛隊に勤務する義務があります。

新たに防衛医科大学に開設された4年生の看護学科コース

防衛医科大学校看護師養成課程(自衛官候補看護学生)は、高等看護学院看護学生に代わって新たに新設された保健師・看護師である幹部自衛官となるべき者を育成するコースです。4年間の教育を受け保健師・看護師の国家資格の取得を目指します。免許取得後は、陸・海・空各幹部候補生学校に入校し、幹部自衛官に必要な知識と技能を学びながら、幹部としての資質を養います。その後、自衛隊看護師として全国の自衛隊病院や衛生科部隊等で勤務し、実務経験を積んでいきます。

防衛医科大学校で学ぶこと

学生は、全員入校と同時に学生舎で生活することが義務づけられ、4年間校内の学生舎にて生活を送ることになります。 4年制の看護師養成課程では、一般教養科目を充実させるとともに、保健師・看護師に必要な特色ある教育を行います。さらに、看護師たる幹部自衛官になるべき者にとって必須となる防衛看護学など特色ある教育、部隊実習、基本教練といった訓練を実施していきます。

臨地実習を重視したカリキュラム

看護の基礎分野から始まり、専門基礎分野、専門分野そして統合分野へと体系的に看護学を学ぶことができます。
【実習・研修施設】
病院、老人介護施設、保育園、リハビリセンターなど

看護師国家試験合格率ほぼ100%

教官たちは、全員合格に向け模擬試験を交えて丁寧に個別指導を行います。そのため、看護師国家試験の合格率は99.0%、平成23年、24年は100%を誇ります。(昭和34年〜平成22年/前身である自衛隊中央病院高等看護学院(3年制)の実績)

将来の進路

陸、海、空自衛隊の幹部候補生学校及び自衛隊病院等において所定の教育訓練及び新人看護職員研修を受け、その後、陸、海、空自衛隊の保健師・看護師である幹部自衛官として自衛隊病院、部隊などで勤務することになります。

チホンから届いた防衛大学校、防衛医科大学校学生のメッセージ

防衛大学校、防衛医科大学校に興味を持った方のために、各地本から届いた現役防衛大学校、防衛医科大学校学生の声をご紹介します。最寄りの地本に問い合わせると、受験方法や体育など詳しい内容を紹介してくれます。ぜひご検討ください。

防衛大学校

性別 男性
出身地 福島県
出身高校 安積高校
採用地本 福島地方協力本部

メッセージ

東日本大震災で私の家は半壊し、断水となりました。近くの公園では自衛隊が給水作業をしていました。そこにいた自衛官のほとんどが私と同じ被災者だったと思いますが、皆黙々と作業をしていました。進路選択に迷っていた当時の私は、その姿を見て自衛隊に入って社会に尽くしてみたいと考え防大に入校しました。入校してみると、規律正しい生活や集団生活の厳しさに戸惑うこともありましたが、士官候補生として人として自律することや同期間で協力すること、社会的なマナーなど多くのことを学びました。今は防大での生活がとても充実したものに感じられ、将来は海上自衛官として護衛艦の艦長となり、国防を担うという目標もできました。ぜひとも防大に入校して充実した4年間を送りましょう。

性別 男性
出身地 北海道
出身高校 札幌西高校
採用地本 東京地方協力本部

メッセージ

国難時の最後の砦である幹部自衛官になりたく、防衛大学校を受験しました。防大は、集団生活で時間的制約も多く、慣れるまでは大変だと思いますが、しっかりとした目標があれば乗り越えられます。自分一人では解決できない困難に対して、皆と協力し解決に向け取り組めるので、その分やりがいや達成感も多く感じられます。海外留学制度もあり、私も米海軍士官学校へ留学させていただき、日本や自分自身を別の視点から見ることができました。その経験を活かし、将来、国際的感覚を携えた幹部自衛官になれるよう防大生活をおくっています。国防について学びたい、国際的に活躍したい、人の役に立ちたいなどの夢を持っている方は、ぜひ防衛大学校を受験してください。

性別 女性
出身地 埼玉県
出身高校 大妻高校
採用地本 東京地方協力本部

メッセージ

自宅が駐屯地の近くということで、自衛隊の存在は私の中に少なからずありました。明確な入校のきっかけは、東日本大震災のニュースでした。自衛隊員が懸命に働くさまを見て人の役に立ちたいと考え、防衛大学校を選択しました。防衛大学校でのやりがいは、一般大学と異なり幹部自衛官となるべく教育を受けていることです。勉学・訓練をはじめとして校友会や学生舎など、常に学び、自身を成長させることが出来ます。将来の自衛官としての夢は、水上艦艇に勤務することです。なぜなら、島国日本における水上艦艇勤務の重要性は極めて高いためです。人の役に立ちたい、やりがいのある仕事をしたいという方には、ぜひ防衛大学校へ挑戦して頂きたいです。

性別 男性
出身地 愛媛県
出身高校 済美平成中等教育学校
採用地本 愛媛地方協力本部

メッセージ

小学生の時に海上自衛隊の護衛艦の一般公開で護衛艦のかっこよさに憧れを抱き、自衛隊、特に海上自衛隊に興味を持ちました。その後、ミサイル防衛にあたるイージス艦の活動や海賊対処活動等の報道を見て、幼い頃に抱いた憧れは次第に将来の夢に変わって行きました。そして私は防大を受験し入校しました。入校した時には、初めての集団生活等不安は数え切れないほどありましたが、今では多くの信頼できる同期に囲まれています。毎日の生活は、勉学、校友会及び学生舎生活と忙しいですがメリハリがありとても充実しています。将来、海外でも通用するような海上自衛官になるのが私の夢です。自衛官は国のために国民のために家族、友人のために働ける崇高な職業です。みなさんも共にここ防衛大学校で学びましょう。お待ちしております。

性別 女性
出身地 奈良県
出身高校 郡山高校
採用地本 大阪地方協力本部

メッセージ

東日本大震災のボランティアに参加したことが防衛大学校入校のきっかけです。防衛大学校では、限られた時間の中ではありますが、好きな分野の勉強や校友会(部活)に熱中できることが魅力です。将来は陸上自衛官として、もちろん女性自衛官として任務に誇りを持てる人間になりたいと思っています。「自分の人生を自分のためだけでなく誰かのために生きたい。」そう思う人にはぜひ防衛大学校に入校していただきたいです。

性別 男性
出身地 沖縄県
出身高校 那覇高等学校
採用地本 沖縄地方協力本部

メッセージ

入校のきっかけは、自分を成長させることができる学校に行きたい、将来は人を助けられる仕事をしたいと考えたとき、この学校が一番いいと考えました。この学校に入って、辛い事は何度かあり、辞めたいと思ったこともありました。しかし、入校したことに後悔したことはありません。この学校で3年間過ごし、校友会・学生舎・勉学を通して、日々考えさせられ、自分の弱さを知り、仲間の大切さを知り、知・徳・体(知識・人徳・体力)を鍛えることができ、1人の人間として大きく成長することができました。将来は、国民の平和と安全を第一に考え、周囲から慕われ信頼を得ることができるような幹部自衛官を目指しています。自分を成長させたいと考えているのなら、この学校に入校し様々なことを経験し、葛藤して自らを成長させてください。

防衛医科大学校

性別 女性
出身地 北海道
出身高校 道立帯広柏葉高校
採用地本 帯広地方協力本部

メッセージ

私が防衛医大に入校した理由は、災害派遣や国際平和維持活動において看護官の方々の活躍を報道を通じて知り、私も将来看護官として人々に貢献したいと考えたからです。
私達は4年間で看護師・保健師の国家試験に合格しなければなりません。また、将来幹部自衛官となるための訓練や体力検定等もあります。忙しい日々の中で勉強と体力練成の両立は大変です。しかし、同じ場所で生活し、同じ目標を持つ素晴らしい仲間と切磋琢磨し、充実した毎日を過ごせることにやり甲斐を感じています。将来様々な場でより多くの人々に貢献できるよう、日々努力し続けたいです。皆さんの入校を心よりお待ちしております。

性別 男性
出身地 千葉県
出身高校 開成高校
採用地本 千葉地方協力本部

メッセージ

私の入校のきっかけは、僻地医療に邁進するある医師の姿をテレビ番組で見たことです。その医師は防衛医科大学校出身ではありませんでしたが、毎日献身的に働くその姿は、文系志望であった私の心の琴線に触れ、志望を変えるほどに眩しいものでした。そこから漠然と世界の医療について興味がわき、当時から国際緊急援助隊等に派遣され、医療援助を行っていた自衛隊医官に興味がわきました。様々な考えを持つ同期との生活は、非常に楽しいもので、充実した日々を送っています。私は医学で世界に貢献したいと思い本校を選択しましたが、同じような志望を持つ人もそうでない人も、本校は十分に選択肢の一つになり得ると強く感じています。

性別 女性
出身地 埼玉県
出身高校
 
東京学芸大学附属高等学校大泉校舎
採用地本 東京地方協力本部

メッセージ

埼玉県出身の私にとって、防衛医科大学校病院は地元の方々の信頼が厚い優秀な病院であるということが、本校を志望したきっかけでした。医官として役立つためには一つの専門に限らず幅広い専門的知識と臨床医としての能力が必要ですので、医官になるという目標は膨大な医学知識を吸収していく上で、大きなモチベーションとなっています。一方で、災害派遣や国際平和協力活動における、時間や施設が限られているなど厳しい状況の中でも発揮できる力をつけることは並大抵ではありません。ですから、現場で本当に役に立つ医官となることは大変やりがいのあることと考えており、この目標に向かって日々充実した学生生活を送っています。志を高く持つ方はぜひ、医官という道を考えてみていただきたいと思います。

性別 女性
出身地 東京都
出身高校
 
実践女子学園高等学校
 
採用地本 東京地方協力本部

メッセージ

防衛医科大学校に入校し、学生舎生活を送ることで、本当に深い人間関係を作り上げることができると感じています。学友会活動及び各種学校行事を通して、同級生だけでなく先輩後輩とも関わることが多く自然と繋がりができます。そうした仲間たちと勉学に励み、将来について話し合うことができ、とても充実した学生生活を過ごすことができています。私は災害時などの緊急時に力を発揮できる医師になりたいと考えています。自衛隊の医官になれば国際平和協力活動及び災害派遣に参加することができ、実際先輩医官の方々の活躍は、私たちの目標になっています。こうした他の大学医学部にない強みが、防衛医科大学校にはあります。

性別 男性
出身地 兵庫県
出身高校 灘高校
採用地本 兵庫地方協力本部

メッセージ

防衛医科大学校は、初め併願校の一つでしかなかったのですが、二次試験の面接対策として、本校及び自衛隊について調べる中で、国際平和協力活動や災害派遣での医官の活躍を知り、憧れを抱くようになり、入校を決意しました。また、将来自分もそうした活動に参加できるようになりたいと思っています。学校では、勉強面での同期内の助け合いはもちろん、先輩からのアドバイスをすぐに聞くこともでき、先輩後輩間、そして同期間の繋がりが深い防衛医科大学校の強みを日々感じています。

性別 女性
出身地 岡山県
出身高校 県立岡山城東高等学校
採用地本 岡山地方協力本部

メッセージ

私は小さい頃から医師という職に憧れ、医師を目指していました。防衛医科大学校に入校しようと思ったのは、将来医師になるなら、他の医師には経験できないことを大学生のうちにやりたいと思ったことがきっかけでした。そして、病院に勤める以外に、災害派遣に参加する等の活動を通して、国家国民に貢献できる医療活動を行ってみたいと考えています。現在、6時半の起床から一日が始まり、夕方まで授業を受け、夜遅くなるまで学友会活動、深夜0時の消灯後にも勉強といった日々を過ごしており毎日が充実しています。定期的に訓練があり、富士登山、硫黄島研修等、普段なかなか行くことのできない所へも行き、私にとって訓練も興味深い行事の一つとなっています。他の人とは違う経験を積んで将来に生かしてみたいと思う方は、是非防衛医科大学校を進路の一つに考慮してみてはいかがでしょう。

さあ、あたなも地本の人に会ってみませんか?

地本に問い合わせる