本文へスキップ
お問合わせ : TEL.03(3411)0151内線(6224)
F A X : TEL.03(3411)0151内線(6208)
ご予約変更 : 
TEL.03(3411)0151内線(6212)

住 所:〒154-8532 東京都世田谷区池尻1-2-24

自衛隊中央病院
産婦人科病棟
当院は母と子に寄り添い、質の高い医療を提供して新しい家族を安全に迎える支援をします
当院の方針 マタニティクラス
スタッフ 産後支援
妊婦検診 先輩ママの声
入院病棟 よくあるご質問

診療日時:月〜金 09:00〜
(休診日:土・日・祝日)
受付時間:08:00〜11:30


受診方法
 来院方法は病院トップページの〈アクセス〉をご参照ください。
 出産をご希望の方は保険証をお持ちになり外来受診をお願いいたします。
 既に他院を受診中の場合は、紹介状を持参してください。
 問診票・産科Tを印刷し、事前にご記入いただけると診察がスムーズです。
 
 ダウンロードはこちら → 問診票
              産科T

 ※ 現在分娩制限は行っておりません。



当院の方針





新しい命の誕生にあたり、
どのようなお産にしたいかを事前にお母さんや
ご家族にお伺いし、可能な限りご希望に添って
お産をサポートいたします




自然経膣分娩

 基本は自然な陣痛により分娩に至る流れを尊重しております。
 マッサージや呼吸法など促進ケアのお手伝いをさせていただきます。
 


誘発分娩・陣痛促進

 自然な陣痛の前に分娩することが望ましい場合、陣痛促進剤を使用することがあります。  
〈適応〉  
◇ 前期破水(陣痛開始前の破水)  
◇ 分娩予定日超過(予定日を過ぎ、41週頃までに陣痛が始まらない状態)  
◇ お母さんの疾患(妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、コントロール不良の喘息、 精神疾患、
  子宮筋腫など)  
◇ 赤ちゃんの状態が良くない(胎児発育がよくない、羊水が少ないなど)  
◇ 微弱陣痛(分娩中に陣痛が弱くなった状態)


無痛分娩

 合併症妊娠や分娩中に血圧上昇などの異常を認めた妊婦さんに対しては無痛分娩を実施することが
あります。


帝王切開術

 予定帝王切開術と緊急帝王切開術に分けられ、経腟分娩がお母さんや赤ちゃんにとって 危険な場合に行います。
予定帝王切開の適応:
緊急帝王切開の適応:
骨盤位(逆子)、帝王切開術後分娩、一部の双胎妊娠など
分娩中にお母さんや赤ちゃんの具合が悪くなった場合や常位胎盤早期剥離
(分娩前に胎盤がはがれてしまう状態)に代表される 産科救急疾患を発症した場合


早期母児接触

出産後早期からのお母さんと赤ちゃんの肌と肌とのふれあいを推奨して
います。
 帝王切開術を受けた方も、手術室で早期母児接触が行えます。  


 生まれてすぐにお母さんの胸でふれあうことで赤ちゃんのストレスは減り、 心拍数や血糖値の安定、低体温の予防、生後の体重減少が少なくなる、体重が早く増え始めるなど多くのメリットがあります。

母児同室・母乳育児

 母児同室には主に以下のメリットがあるといわれています。  
◇ 赤ちゃんと触れ合う時間が増え、赤ちゃんに安心感を与えることができます。
◇ 退院後の赤ちゃんとの生活に順応しやすくなります。
◇ いつでも授乳ができ、母乳育児がスムーズに開始しやすくなります。  
 当院では基本的に母児同室とし、お母さんが赤ちゃんとの生活に慣れるようお手伝いします。   
 お母さんの体調や赤ちゃんの状態に合わせて赤ちゃんをお預かりすることもできます。  
 また、当院では母乳育児を推進していますが、お母さんのご希望や体調に合わせて、ぴったりな授乳ができるようサポートさせていただきます。

ご面会 11:00〜19:00(LDRは除く)

 お母さんの身体回復・母乳育児のためにもご面会は必要最低限でお願いします。
 赤ちゃんへ の感染予防のため、産後、大部屋をご利用の方は、赤ちゃんのお父さん以外の方はデイルーム(面会室)での面会となり、赤ちゃんとは窓越し面会となります。
 個室をご利用の方は、お父さん、 おじいさん、おばあさんがお部屋に入ることができます。

赤ちゃんのご兄姉は・・・
◇◇   病棟内でのご面会・出産の立会いの際は、問診表記入等健康チェックをさせていただきます。
大部屋ご利用の方は、産後入院の15:00〜19:00の間、赤ちゃんと窓越し面会ができます。
個室をご利用の方は、産後入院の15:00〜19:00の間、お部屋に入って赤ちゃんとご面会ができ
ます。

それ以外の面会時間はデイルームでお母さんのみとの面会となります。
※ 妊娠中の患者様のお子様はデイルームでの面会となります。

出産の入院期間

 基本的には経腟分娩は分娩後5日目、帝王切開分娩は術後7日目で退院となります。


分娩費用概算

 LDRのお部屋代6万円/日を分娩費用に含み50〜60万円程度です。

早産時管理

37週未満の早産については小児科と相談し対応致します。

胎児外回転術

 赤ちゃんのお尻や足が子宮の出口側にある状態を骨盤位(逆子)と呼びます。   
 骨盤位での分娩は、頭から生まれてくるお産よりもトラブルが多いため、当院では経膣分娩は行っておりません。  
 帝王切開術は母体へのリスクや次回妊娠時のリスクを高めるため、医師がお母さんのお腹の外から
赤ちゃんの頭が下の方に向くように向きを変える胎児外回転術を行っています。
 当院での胎児外転術は、安全管理のため手術室で麻酔を併用し、現在成功率約80%です。
 医師の説明を聞いて、胎児外回転術を希望するかどうかをご相談ください。
 実施する時期は妊娠37週頃となります。
 また、他院で分娩予定の方に対する外回転術は、分娩まで責任をもって対応したいとの考えからお断りさせていただいております。

里帰り分娩

 当院への里帰り分娩をご希望の方や、他院で妊婦健診を受けて当院で分娩をご希望される方は、妊娠初期に一度当院で診察をお受けください。(急な転居等の場合はご相談ください。)
 その際に分娩手続きに関する書類を提出していただき、33-34週頃になりましたら以降は当院で妊婦健診を受けていただきます。

出生前検査

 当院で分娩予定の方を対象にトリプルマーカー検査(クアトロ検査ではありません)と羊水
検査が実施可能
です。
 臨床遺伝専門医も在籍しておりますので詳細につきましては妊婦健診時に医師へご相談ください。



スタッフ

 私たちは当院でのお産をお選びいただいた皆様が、健康なマタニティライフを過ごされ、安心し て出産・育児に臨まれるよう、一丸となってサポートいたします。
 医師は外来および分娩ともに5名が交替で勤務しています。しっかりと連携し、安心して医療を受けられる体制を整えています
医師紹介
吉永 洋輔 
 当院のホームページへようこそ!
 当科は多くの一般の妊婦さんが来院されています。周産期専門医を中心に安心して出産していただける環境を整えておりますので、皆様の来院をお待ち申し上げます。
 妊娠中、出産の不安等ありましたら、遠慮なくご相談ください。
 加藤 雅史 
 妊婦さんや患者さんの立場に立って親身に診察することを心がけています。
 妊娠・出産に関する心配事や相談がありましたら、お気軽にお声がけ下さい。
 出生前診断に関する情報提供やカウンセリングも実施していますので興味がある方は相談してください。
 ちなみに婦人科診察を得意としており、「ゆりかごから墓場まで」をモットーに女性のトータルヘルスプロモーションにも参画しておりますので、婦人科疾患のご相談もしていただければ幸いです。
坂元 崇洋 
 初めての人もそうでない人も、不安や心配事があるかもしれませんが、どんな方でも温かくサポートさせていただきますので何でもお気軽に御相談下さい。
 あなたと産まれてくるお子さんにとって最善のお産を一緒に考えていきましょう。
角倉 仁 
 妊娠はとても幸せな時間ですが、一方で辛いこともたくさんあります。
 人生の貴重な妊娠、出産、産後の瞬間が少しでも良いものとなるよう、全力でサポート致しますので一緒に悩み、考えながら頑張りましょう。
 妊婦健診、婦人科外来どちらでも丁寧で親身な診療を心がけています。  
 たまに護衛艦や潜水艦勤務のため不在にすることもありますが、些細なことでも心配事がありま  したら気軽にご相談ください。
岸本 直久 
 患者さんのより良いサポートを目指して、医師・助産師・看護師が一丸となって日々丁寧な診察を心掛けております。
 どんな小さなお困り事でも気軽にご相談ください。
 皆様の幸せの1ページ のお役に立てるように明るい笑顔でお待ちしております。
 
 助産師・看護師は病棟スタッフ28名です。(H30.12.31現在) 柔和な雰囲気の中、患者さんやご家族の気持ちに寄り添い、その人らしい育児ができるようサポートさせていただきます。
 いつでもどんなことでもご相談ください。
 また、病棟スタッフ全員が新生 児蘇生法専門コースのライセンスを取得しています。
 皆さんのお越しを心よりお待ちしています!

妊婦検診

 赤ちゃんと会う日まで安全に過ごせるよう、
 からだや環境を整えるお手伝いをさせていただきます。   

 赤ちゃんとお母さんの健康を守るため、必ず定期的に
妊婦健診を受けましょう。


 妊娠週数による来院間隔や実施する検査は、こちらをご確認ください。
 産科外来:病院2階の7番受付
受 付  待 合 室 診 察 室 
  
 診療室 :702・703(場合により701)診察室の2診体制
 妊婦健診費用(基準)
  初期検査:16,640円〜18,140円    
  中期検査:11,120円   
  後期検査:11,170円   
  そのほかの健診:6,030円   
  ※ 追加で検査をする場合には別途費用がかかります。   
  ※ 助成券を利用される場合はこの金額から助成金を差し引いた費用をいただきます。
 助成券   
  対象区域:東京都全域・埼玉県全域・横浜市・横須賀市・川崎市(平成30年度現在)   
  これら以外の市区町村の助成券のご利用につきましては、各自治体にお問い合わせいただき、   当院との契約があるかなどをご確認いただきますようお願いします。

入院病棟(8東病棟)

 安全を第一に、可能な限りご要望に添ってお産をサポートさせていただきます。  
 産後は、お母さんの体調に合わせて授乳やお身体のケア、生活指導(沐浴や退院後の生活についてのお話)を行い、退院後も安心して過ごせるよう支援いたします。
病室
大部屋:2人部屋・4人部屋、トイレ付
個室:トイレ・シャワー付
個室希望の方は医事課で入院申し込みの際に、個室手続きをお願いします。(25,000円/日)

LDR
大人2名、赤ちゃんの兄姉の立会いが可能です。                      好きな音楽を聴いたり、破水していなければ 入浴したりすることもできます。          天気がよければスカイツリーが見えることもあります。

授乳室(2部屋)
お部屋だけでなく、ゆったりしたスペースで、 他のお母さんと交流しながら授乳を行うことができます。  
搾乳やミルクの調乳もこちらで行います。

お祝い膳
赤ちゃんのご誕生を祝い、入院中に一度お祝い膳をお出ししています。

マタニティクラス
  

 当院で出産される方が妊娠から産後までを
快適に過ごせるよう、妊娠学級、分娩学級、
おっぱい準備クラスを開催しています。
クラス 時 間 内 容 対 象
分娩・パパ準備
クラス
09:30

11:30
・お産が近づいた兆候
・お産の流れ
・お産の時の過ごし方と
パートナーのサポート
妊娠30週以降の妊婦さんとご家族1名
妊娠・おっぱい準備クラス
(知ろう、私のココロとカラダ)
13:30

16:30
・妊娠中の食事・服装・運動
・妊娠中の過ごし方・こころのもちかた
・病院へ連絡や受診が必要なときについて
・母乳はどのように作られるの?
・赤ちゃんのひみつ
・赤ちゃんの抱きかた・おっぱいのふくませかた
・災害のときの母乳育児について
妊娠16週以降の妊婦さん

 参加費:無料
 開催日:毎月一回、土曜日
 予約方法:産科外来待合室にある<予約ファイル>へ直接ご記載ください。
 分娩学級はパートナーの方も参加可能です。


産後支援
 パパ・ママになって1週間。
自宅に戻って赤ちゃんと過ごす中で 新しい疑問や不安はどんどん出てくることでしょう。
 そのため当院では1ヶ月健診までの間に以下のご支援をさせていただいております。
 産後フォロー
  退院後自宅に戻り、様々な疑問点が出たり、これでいいのかなという不安を抱きやすいのが 産後2週
 間ほどと言われています。
  その時期(退院から1〜2週間頃)に、ご希望される方には病院へお越しいただき、助産師へのご相談
 の場を設けています。
  内容に縛りはないので、育児や授乳のこと、ご自身の身体のことなど幅広く何でもご相談ください。
  半個室で約1時間程ゆっくりとお話できること、直接おっぱいの状態や授乳状況を見てもらえること
 から、ご利用いただいた方からは大変好評です。
  (毎週火・水、3000円/回)
 保健所との連携
  ご支援が得られにくい方や育児しづらさを抱える方、その他様々な理由から必要と考える場合は、
 お住まいの地域の保健師さんと連携し、地域で皆さんを支えるお手伝いをさせていただきます。


先輩ママの声
 当院でご出産された方々から頂いたお言葉を一部ご紹介いたします。
 毎回の健診で不安なことをお話ししても嫌な顔せず、本当に親身になり聞いて下さりありがたかった
 です。
  陣痛が始まり出すと一緒になって腰や足をさすって下さり、また声かけをして下さり、本当にはげみに
 なりました。感謝しかありません。

 妊婦健診からとても丁寧に診ていただきました。
  陣痛中もこまめに確認に来ていただいたり、想定外のスピードで出産が進んでしまったにも関わらず
 落ち着いて対応していただき、流石プロだなと思いました。
  出産後も授乳の仕方や、赤ちゃんが泣きやまない時などこまめに様子を見に来ていただきとても助かり
 ました。

 初期からつわり、切迫早産の入院など、全体的に体調不良のことが多く精神的に不安定な妊娠期間
 でしたが、無事に出産できて本当に良かったです。

 病気に対する疑問や不安に対して一つ一つ丁寧に相談にのって頂き、また励ましの声をかけていただい
 たお陰で長期入院生活をのりきることができました。
  無事出産を終えることができたのはスタッフの皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。

 上の子たちも出産に立ち会えたのですが、スタッフさん方がみんな穏やかで、優しく声をかけて下さっ
 たので、私も子供たちも落ち着いてお産を終えることができたかなと思います。

 2回目の出産でしたがブランクがあったため少し不安でした。
  陣痛の痛みも時間もとても長く感じましたが、看護師さん等が声をかけて下さったので、心強かった
 です。

 2人目も変わらず痛く、苦しみはありましたが自衛隊病院のスタッフの皆様の優しさの中でストレスの
 ないお産が出来ました。

※ 当院では出産後から退院までの間にバースレビューを行っております。  
  その中で当ホームページへの掲載についてご了承いただいた方のレビューです。



よくあるご質問

 Q.自衛官/防衛省職員関係者ではないのですが出産できますか。   
  A.毎年の分娩件数の9割以上が一般の方です。
    関係者の方も一般の方もどうぞお気軽に お越しください。

 Q.分娩制限は行っていますか。
  A.現在分娩制限は行っておりません。

 Q.自衛隊中央病院で分娩をしたいのですが、まずは何をしたら良いですか。   
  A.ありがとうございます!平日の08:30〜11:30に当院の産科外来を受診してください。
    紹介状をお持ちの方はご持参ください。

 Q.妊婦健診の流れを教えてください。   
  A.1階の総合受付にて来院手続きをした後、2階の産婦人科外来にて尿・体重・血圧測定を行って
    いただき、最後に医師の診察となります。週数によっては採血があります。

 Q.子どもを連れて受診することはできますか。   
  A.可能です。しかし、発熱・発疹などがある場合はお断りすることがございます。

 Q.妊婦健診で家族も超音波画像を見ることはできますか。   
  A.大歓迎です。椅子の数には限りがありますのでご了承ください。

 Q.妊婦健診だけ受けることはできますか。   
  A.他院への里帰り分娩の場合も含め、妊婦健診のみの受診はお受けしておりません。

 Q.休日・夜間に何かあった時は診てもらえますか。   
  A.当院での分娩手続き後は、他院で妊婦健診をされている方も含め休日・夜間や緊急時も対応
    致します。

 Q.(高血圧・糖尿病などの)合併症があってもこちらで出産できますか。   
  A.周産期専門医がおりますので、可能と判断された場合は当院で出産していただけます。    
    必要時は高次医療センターへご紹介させていただきます。


※ 分からないことがございましたらいつでもスタッフへお声かけください!
  また、当院で出産される方へ向けた専用パンフレットを無料でお渡ししております。


                                    












東京都世田谷区池尻1-2-24
TEL 03(3411)0151内線(6224)
FAX 03(3411)0151内線(6208)

osan-new-top.htmlへのリンク