陸上幕僚長より皆様へGreeting

令和2年11月19日
日米共同方面隊指揮所演習(YS-79)・米海兵隊との実動訓練(フォレストライト)について

 陸上自衛隊ホームページをご覧の皆様、陸上幕僚長の湯浅悟郎です。
 皆様により一層、陸上自衛隊をご理解頂き、身近に感じて頂けるよう、私から皆様に陸上自衛隊の活動等についてお知らせしていきます。


日米共同方面隊指揮所演習(YS-79)・米海兵隊との実動訓練(フォレストライト)について

 1点目は、令和2年度日米共同方面隊指揮所演習(YS-79)についてです。
 12月2日から15日までの間、健軍駐屯地、朝霞駐屯地、キャンプ・コートニー等において、YS-79を実施します。
 本演習は、陸上自衛隊が米軍と行う最大かつ最重要の日米共同演習であり、西部方面隊と米太平洋陸軍第1軍団が参加します。コロナ禍においても日米間のテレビ会議等を活用しつつ本演習を実施することにより、陸上自衛隊と米陸軍等との連携を引き続き強化していきます。

 2点目は、令和2年度国内における米海兵隊との実動訓練(フォレストライト)についてです。
 12月7日から18日までの間、関山演習場、相馬原演習場等において、フォレストライトを実施します。
 本演習は、空中機動性を高めた旅団である第12旅団第30普通科連隊基幹と米海兵隊第3海兵師団所属の1コ海兵大隊基幹が空中機動作戦を実施し、日米共同による島嶼部に対する攻撃への対応を訓練するものです。


指揮機関訓練

機能別訓練

総合訓練

※写真はイメージになります。

ページトップ