陸上幕僚長より皆様へGreeting

令和2年9月3日
各部隊等の主要な訓練・演習について

 陸上自衛隊ホームページをご覧の皆様、陸上幕僚長の湯浅悟郎です。
 皆様により一層、陸上自衛隊をご理解頂き、身近に感じて頂けるよう、私から皆様に陸上自衛隊の活動等についてお知らせしていきます。


各部隊等の主要な訓練・演習について

 1つ目は、北部方面隊による方面隊実動演習であります。
 8月24日に開始した本演習は、島嶼部の作戦を想定しており、参加人員1万7千名の北部方面隊最大の演習であります。陸上総隊、東北方面隊及び海・空自の参加を得るとともに、北海道の良好な訓練環境を活用し、道内の各演習場等において対着上陸訓練等を実施して参ります。

 2つ目は、北海道訓練センター2回目の運営であります。
矢臼別演習場で実施しております。これは、防御する北海道の第5旅団に対して中部方面隊の第10師団が戦略機動に引き続き、攻撃をするという演習であり、連隊級の実動対抗演習であります。

 3つ目は、中部方面隊第14旅団による西部方面区への機動展開訓練であります。民間含む海空輸送力を使用した機動展開及び展開先における訓練であります。

 4つ目は中央病院の大量傷病者受け入れ訓練であります。9月5日、大量傷病者を受け入れる訓練でありますが、本訓練においては、大規模スポーツイベントを開催中の同時多発テロを想定し、病院の対応能力の向上を図ることとしております。

方面隊実動演習





ページトップ