ご挨拶Greeting

令和4年7月28日
陸上幕僚長より皆さまへ

 陸上自衛隊WEBサイトをご覧の皆様、陸上幕僚長の吉田圭秀です。
 皆様により一層、陸上自衛隊をご理解頂き、身近に感じて頂けるよう、私から皆様に陸上自衛隊の活動等についてお知らせしていきます。
 本日は私から4点、インドネシアで実施される国連三角パートナーシップ・プログラム、オーストラリア陸軍本部長との電話懇談、フィリピン陸軍司令官及び海兵隊司令官の公式招待、並びに米海軍主催多国間共同訓練・(RIMPAC2022)への参加成果についてお知らせします。

インドネシアで実施される国連三角パートナーシップ・プログラム(TPP)

 まず、陸上自衛隊は、8月8日から9月16日の間、インドネシアで実施される国連三角パートナーシップ・プログラム(TPP)へ26名の隊員を派遣します。
 本TPPにおいては、今後、国連PKOミッションに派遣が予定されているインドネシア軍工兵に対し、施設機械の操作訓練等を実施し、同要員の能力向上に寄与してまいります。

豪陸軍本部長との電話懇談

 次に、7月25日、今月オーストラリア陸軍本部長に着任したスチュアート中将と電話懇談を行いました。
 本懇談においては、引き続き「自由で開かれたインド太平洋」の維持・強化のため、特別な戦略的パートナーシップ関係にある、日豪関係における陸軍種間の緊密な連携をより一層促進していくことで一致しました。

吉田陸幕長
スチュアート豪陸軍本部長

比陸軍司令官及び比海兵隊司令官の公式招待

 続いて、陸上自衛隊は、7月25日から28日までの間、フィリピン陸軍司令官ブラウナー中将及び海兵隊司令官代理カルデス准将を公式招待しました。
 本招待において、私と両司令官との間で三者形式の懇談等を実施し、戦略環境認識や、今後の日比陸軍種間の防衛協力の方向性について、活発な意見交換を行いました。併せて、私と両司令官との間で、日比陸軍種間の防衛協力に関する戦略的指針に署名し、中期的な連携の資を得ることができました。

栄誉礼
巡閲
陸幕長と比陸軍司令官及び比海兵隊司令官代理の懇談
ブラウナー中将・吉田陸幕長・カルデス准将
署名式(戦略的指針及び幕僚協議に係るTOR)

米海軍主催多国間共同訓練(RIMPAC2022)

 最後に、陸上自衛隊は7月3日から25日までの間、米国ハワイ州カウアイ島において実施されたRIMPAC2022に参加しました。
 本訓練において、陸上自衛隊西部方面特科隊第5地対艦ミサイル連隊が、米軍との共同による対艦射撃を実施し、作戦遂行能力及び相互運用性の向上を図ることができました。


ページトップ